人気の投稿

エディターズチョイス - 2020

子宮頸部細胞診のスミア:デコーディング

婦人科における細胞学的分析は、膣管および子宮頸管から採取されたサンプルの細胞組成の典型についての顕微鏡的研究として理解されている。

この診断により、医師は患者の生殖器官における炎症過程、前癌性疾患、または癌の存在について結論を下す機会を得ることができます。組織学的検査とは異なり、細胞学的方法は非侵襲的です。

すなわち、生物学的材料を服用するとき、生検または穿刺を行う必要はなく、そして組織の完全性は絶対に侵害されない。指紋または綿棒で採取したサンプルを分析にかけます。正確な結果を得るために、あなたは慎重に調査の準備のための規則に従わなければなりません。

分析が女性の内科医によって解読されることも非常に重要です。彼女は他の診断法からの彼女の不満やデータを考慮に入れます。細胞学的分析は通常完了するのに1日もかかりません。

同時に前癌状態または腫瘍学的プロセスが検出された場合、生検などの侵襲的診断技術を用いて診断を明確にする。細胞診は、生検への禁忌および多数の患者の検査(悪性病理の発症のリスクグループにつながる女性を特定する必要がある場合)の場合に特に重要です。

細胞診塗抹標本とは何ですか?

細胞診塗抹標本(Pap test、Pap test)は、がんの早期発見のための子宮頸部塗抹標本の顕微鏡検査です。また、この分析は塗抹標本または塗抹標本細胞診とも呼ばれます。この検査は完全に痛みがなく、時間がかからないため、患者には容認されやすいです。

細胞学的塗抹標本は、細胞異常の適時の診断を可能にするだけでなく、膣内環境における望ましくないミクロフローラの存在を検出するのにも役立つ。

同時に、この検査は特定された病状に関する正確なデータを提供せず、そして好ましくない結果が生じた場合には、患者は追加の検査(女性のフローラ上の塗抹標本)およびSTD分析のために送られる。

何十年もの間、婦人科診療で成功裏に使用されてきた細胞学的方法を使用して、患者の細胞における5つのタイプの変化を同定することが可能である。この場合、研究は非常にシンプルで手頃な価格です。医者は彼に18歳から65歳までの年齢層のすべての女性に少なくとも年に1回渡すように勧めます。解析結果によれば、病理の有無を確実に判断することができる。

細胞診塗抹標本の適応症

細胞診での塗抹標本は、すべての女性に渡すことをお勧めします。 40歳になると、1年に1回このような診断を受ければ十分です。高齢者の代表者は6ヶ月ごとに診察を受けるべきです。

いくつかのケースはテストのための必須の徴候です。 - 子宮頸管、子宮頸部の炎症、特に慢性の場合。 - 月経周期の違反。 - 生殖問題。

- 手術およびその他の医療処置の準備 - 妊娠を計画します。 - スパイラルを取り付ける準備をします。 - ホルモン剤の受け入れ - 糖尿病 - 2番目と3番目の肥満度。

- いくつかのウイルス(ヒトパピローマ、性器ヘルペス)が体内に存在する。 - 性的パートナーの頻繁な変更。

細胞診の禁忌

細胞診での塗抹標本は月経中に撮影されません。あなたが異型細胞の存在を評価したいならば、あなたは膣と首の炎症の間に分析を実行するべきではありません。事実は、多数の白血球が単に異常細胞を「閉鎖」し、細胞学的方法でそれらを検出することが不可能になるということです。

子宮頸部細胞診の塗抹標本の準備

最も正確な結果を得るためには、いくつかの簡単な規則に従う必要があります。

- 手を触れないでください。 - 外用薬(坐剤、軟膏など)を使用しないでください。 - 月末まで待ちます。 - 塗抹をする3時間前に排尿しないでください。 - 試験前の2日間は性交を控える。大量の分泌物が分泌される炎症過程がある場合は、その疾患を治療し、回復を確認するためにコントロール塗抹標本を作成する必要があります。そしてその後になって初めて、細胞学的分析を実行するのが意味をなします。

子宮頸部細胞診で塗抹標本はどのように撮影されますか

がん塗抹標本の採取は、患者の診察中に婦人科医によって行われます。まず、鏡を使って、膣の状態を調べ、頸管と頸管粘膜の入り口を調べます。それから特別なブラシの助けを借りて3つの場所(膣、子宮頸管、子宮頸管入口)から、材料は分析のためにとられます。

この処置は非常に短時間で行われ、そして患者に痛みを引き起こさない。
集めた材料をガラススライド上に置き、均一に分配しそして乾燥後に医学研究室に移す。塗抹標本は特殊な物質で染色され、顕微鏡で検査されます。

同時にこれらの特性を評価します。

- 細胞の大きさとその構造 - セルの数(単位面積当たり)。 - 相互の取り決め。 - 上皮の形。 - 細胞における病理学的変化の存在。

子宮頸部の重層扁平上皮の構造

膣粘膜の重層扁平上皮の構造

そして - 基底層(そして - 基底細胞、b - 基底細胞)

右側のB - 中間層、B - 表面層は、膣上皮の対応する層の個々の細胞です。 材料を服用した後、患者は直ちに通常の活動に戻ることができます。ブラシは組織を傷つけることができないので、標準に不快感があってはいけません。確かに、小さな血管が影響を受ける可能性があります。それから、分析後1〜2日以内に、わずかな出血(縞)があるでしょう。この現象は女性に心配を引き起こすべきではありません。

子宮頸部スミアの細胞診の解釈

健康な女性の子宮頸部は円筒形の上皮で覆われており、膣は平らです。膣内細菌叢は球菌ではなく、付着しています。いくつかの指標は周期の段階に依存します - 核 - ピクノニックおよび好酸性指数、基底細胞および傍基底細胞、白血球数。彼らは卵巣の働きに関する情報を提供します。

PAPテストの解釈

上皮細胞の状態に応じて、膣からの細胞学的塗抹標本は5つのクラスに分けられます(Papanicolaou法)。

クラス1 研究資料に病理学的変化がないこと。セルは通常のサイズと形状で、適切に配置されています。

グレード2 いくつかの細胞要素の形態学的速度は低下し、これは炎症または感染の徴候である。そのような結果は膣炎の徴候かもしれません。そのような場合、正確な診断を行い、適切な治療法を選択するためのさらなる診断が示される。

クラス3 材料は、核および細胞質(形成異常または過形成)の構造が損なわれた単一細胞を含む。このような異常細胞の数は少ないです。患者は繰り返し細胞診を受けている。

グレード4 調べた塗抹標本では、核、クロマチンおよび細胞質に悪性の変化を有する細胞が見いだされた。これらの病理学的変化は、患者が前癌状態にあることを示している。

クラス5 塗抹標本の中に多数の異型細胞が存在する(それらは標準よりはるかに多い)。この場合、がんの初期段階が診断されます。

Bettedの方法による細胞診塗抹標本の解読

子宮頸管から採取した材料の細胞学的分析の解読、Bettedの方法に従って行った。これは、細胞の位置および異核症(核の変化)を考慮に入れる。 研究の結果は以下の通りです:

- ノルム病状がないことに特別な指定はありません。 - 膣炎、吸虫 - HPV。

- 程度に応じて頸部異形成 - CIN I、CIN IIまたはCIN III。

- 子宮頸がん - がん(pax)。

子宮頸部塗抹標本の細胞診で診断された用語

細胞学的研究の結果を説明するための婦人科診療では、そのような表示と用語を使用するのが慣例です。

- CBO正常な指標、病的変化なし。 - 炎症のサイトグラム。炎症過程(子宮頸管炎)の発症の指標。 - 白血球浸潤 - 白血球数の増加。これは、膣症、子宮頸管炎または子宮内膜炎の兆候です。 - 共球 - HPVについて話す細胞の存在。 - 増殖 - 細胞分裂の加速。この状態は子宮内の炎症過程の特徴です。強い増殖と共に、無視された炎症が起こる。 - 白板症 - 塗抹標本には病理学的に変化した(癌ではない)細胞があります。 - 異形成 - ある種類の細胞が別の種類の細胞に置き換えられます。これは、閉経期に子宮のがん以外の病状の治療を受けている患者のための標準と考えられています。さらに、この状態は6年以上閉経している女性には正常です。 - 異形成 - 前癌性の病理。
以下の略語は、異型細胞を含む塗抹標本の分析結果を説明するために使用されます。

- ASC-US - 病因が不明な扁平上皮の変質細胞の存在。エストロゲン産生が減少すると、45歳以上の患者でより頻繁に発生します。

- AGC - 膣炎または他の病気について話すことができる円筒形細胞の変化。この結果は追加の明確化診断を必要とします。

- L-SIL - 少数の非定型非悪性細胞の存在。この場合、患者はさらなる検査(生検および膣鏡検査)のために送られる。

- ASC-H - 細胞の病理学的変化。これは前癌性の病理学または腫瘍学的過程の始まりを示す。

- HSIL 腫瘍細胞学である(変化した扁平細胞が存在する)。そのような患者は、悪性腫瘍への変性を防ぐために緊急の医療措置を与えられる。

- AIS - この略語は、円柱状悪性細胞が同定されたことを示しています。このような結果では、早急な対応が必要です。

罹患細胞が塗抹標本中に検出された場合には、検査技師は変化の種類を特定する書面による意見でこれを必ず示すであろう。分析のデコードに特別な指定がない場合は、おそらく、塗抹標本がノルムに対応します。このテストだけに基づいた正確な診断はできません。病理学の性質を判断するために、婦人科医はさまざまな検査の結果を比較する必要があります。

細胞診塗抹検査は何日行われますか

細胞学的塗抹分析は通常1〜5日かかります。

腫瘍学的プロセスは数日では起こらないことを覚えておくことが重要です。最初の病理学的変化から悪性変性までは多くの時間がかかります。

したがって、女性の体内の異型細胞をタイムリーに検出することで、子宮頸がんの発生を防ぐことができます。

これらの目的のために、悪性細胞の早期診断のための利用可能で簡単な方法、すなわち塗抹細胞診検査が導入された。

診療所および医者

  • あなたの街の診療所
  • あなたの街の医者

子宮頸部細胞診の塗抹検査:デコード

子宮頸部から得られた材料の研究は、病理学的変化を識別し、主張された診断を確認または否定するために、この解剖学的領域の細胞構造の特徴を決定することを可能にします。

子宮頸部スミア顕微鏡

婦人科における細胞学的分析の最も一般的な変種は、PAPテスト、またはPapanicolaou研究です。

それは子宮頸癌の早期診断のために20世紀初頭に開発されました、そしてそれは今日も使われ続けています。 ThinPrep、または液体細胞診 - この分野でも最新の方法があります。

このテクニックは診断検索の有効性を著しく高め、あなたが時間内に診断を下して効果的な治療を処方することを可能にします。

子宮頸部細胞診の分析の主な目的は癌の早期発見です。生体材料中の異型細胞を適時に検出することは、癌プロセスを阻止するために必要である。

子宮頸がんは女性の間で最も一般的な腫瘍の病理学の一つです。その危険は無症状の過程にあるので、定期的な予防検査と研究はとても重要です。

パップスミア塗抹分析は、前癌性または癌性の変化を伴う異型細胞の有無に関する信頼できるデータを得るための正確かつ迅速な方法です。さらに、この技術は、病因が腫瘍ではないいくつかの背景疾患を同定することを可能にする。

子宮頸部塗抹標本の細胞診は、以下の病理学的状態の検出と追跡のための標準です。

  • 病原性微生物叢の存在
  • 月経周期(期間、強度)の違反、
  • ウイルス性疾患(性器ヘルペス、ヒトパピローマウイルス感染症 - HPV)、
  • 不妊(受胎不可能)
  • 頸部上皮のびらん性変化
  • 異常な膣分泌物。

このような場合のスクリーニング検査として細胞診塗抹標本も必要です。

  1. 妊娠を計画しています。
  2. 行のいくつかの出生。
  3. 最初の出生時の女性の早い年齢。
  4. 性的パートナーの頻繁な変更。
  5. 閉経後。
  6. 子宮内装置の設定を計画します。
  7. 鏡の中の子宮頸部検査の病理学的性質の目に見える変化。
  8. 家族の負担の多い病歴(子宮頸癌の症例および他の親族間の腫瘍病理)。
  9. 長期ホルモン療法
  10. 長期の以前の細胞診研究。

許容できる色の塗抹標本

子宮頸部塗抹標本の細胞診は毎年予防目的で推奨され、病理学的異常が検出された場合は少なくとも年に2回治療の有効性を監視するために推奨されます。

生体材料の服用手順の準備

子宮頸部細胞診の結果が信頼できるものであるためには、生体材料サンプリングのために準備するための規則を考慮に入れることが必要です。それらは以下のとおりです。

  1. ダウチング(衛生)の形で衛生的手順を除外する。
  2. 手術前3日間の性行為の中止。
  3. タンポン、膣坐剤、錠剤、クリーム、ジェルの使用を一時的に拒否する。
  4. 材料を服用する2時間前に排尿を控える。

さらに、そのようなニュアンスについて知っておく必要があります。

  • 子宮頸管から塗抹標本を採取することは月経出血の外でのみ可能です、最適な期間は周期の10-12日です、
  • 細胞診の塗抹標本は感染性の病気の急性期には信頼できないので、治療の経過後に行われます。
  • いかなる種類の薬物の膣内投与も、材料を服用するための手順の5日前までに、あなたの医者と相談して中止するべきです。

患者が考慮しなければならない追加の条件および規則は、婦人科医によって明確にされなければならない。

材料摂取技術

塗抹標本のための生体材料のサンプリングの概略図

細胞診を受ける材料を得るために、医者はAyrのスパチュラの助けを借りて、子宮頸部(首の外側の部分)から、そして膣の裏地の粘膜から掻き取ります。

子宮頸管からの塗抹標本の削り取りとその後の検査を行うために、特別なプローブendobreshが使用されます。その使用により、分析に十分な量の生体材料を得ることが可能になる。

資料を入手するための婦人科医のツールキットには、次のものがあります。

  • エアのへら、
  • spirette - 子宮頸部からの物質の吸引のためのツール
  • エンドブラッシュ、
  • ピンセット、
  • 婦人科鏡、
  • スプーンフォルクマン。

処置中の一連の処置は次のとおりです。

  1. 鏡の中の子宮頸部の婦人科検査。同時に、膣の壁が広がって削り取られ、軽い不快感が生じることがあります。
  2. 同時に、微生物叢の分析のための材料のサンプルを製造する。
  3. 得られた生体材料のサンプルをガラスに貼り付けて固定した後、ラベルを貼って分析用に実験室に移します。

生体材料を得るための手順の時間は15分以下である。

研究成果の解釈

子宮頸部の細胞診の割合の指標

Нормальный баланс микрофлоры и отсутствие патологических изменений при анализе мазка на цитологию подтверждают здоровое состояние шеечного канала. 研究における塗抹標本内の細胞は、規範の形態学的基準と比較される、すなわち、それらのサイズ、形状、構造は異常な偏差を持つべきではない。

以下の場合、医師は試験結果と健康な状態の遵守を確認します。

  1. 細胞診塗抹標本には、円柱状の単層上皮細胞が含まれます。
  2. 塗抹標本を移行帯または膣から採取した場合、多層上皮細胞の検出も正常です。

細胞形態のわずかな逸脱でさえも実験室の知見に反映されている。変化は炎症性疾患や良性異常の存在を確認することができます。最も頻繁に注目される:

  • 炎症性異型
  • HPVの存在による異型
  • 混合型異型
  • さらなる診断目的を必要とする、不明な病因の異型。

子宮頸部上皮に何が変化しますか?

細胞学上の塗抹標本における正常な指標からの逸脱は、そのような病理学および症状を引き起こす可能性がある。

  1. ヒトパピローマウイルス感染
  2. ヘルペス感染
  3. トリコモナス症。
  4. カンジダ症。
  5. 医薬品、特に抗生物質の長期使用。
  6. ホルモン避妊薬の使用
  7. 子宮内装置の取り付け
  8. 妊娠

どんな変更が可能ですか?

良性の変化には、次のようなものがあります。

  1. トリコモナス、カンジダ菌、球菌感染症、ヘルペスウイルス感染による異常の検出。
  2. 炎症反応によって引き起こされる細胞異型:化生、不全角化症、角化症。
  3. 炎症と組み合わせた上皮細胞の萎縮性変化:角質増殖症、回腸炎、化生。

形成異常の変化と異型は以下の症状を示唆しています:

  1. 異型性は、創世記(ASC-US)をあいまいにします。
  2. 材料中のがん細胞のリスクが高い(HSIL)。
  3. 前癌性異型性:異形成の程度の差。

癌細胞の検出の場合には、継続的な細胞学的モニタリングを伴うさらなる検査方法およびその後の治療的矯正(保存的または外科的処置)の経過の指定が必要である。

表記の細胞学的分析の結果における変化は、以下の表に示される。

いかなる程度の形成異常変化も、さらなる研究の必要性および適切な治療の任命を確認するシグナルである。

形成異常の程度

子宮頸部の上皮には、このような程度の形成異常の変化があります。

  1. 簡単活発な炎症過程の開始を確認します。
  2. 中程度。それは腫瘍の病理学を発展させる高い危険性について語っています。
  3. 重いそれは前癌状態に先行します。

形成異常をタイムリーに検出することは、依然として腫瘍病理学を予防することが可能であるため、治療のより大きな有効性に寄与する。

同定された異型細胞:これは患者にとって何を意味するのか

定期的な診察は、治療と予防の両方の効果の鍵です。

婦人科医は詳細な相談を行うべきであり、その間に彼はそれが特定の場合に何であるかを伝え、追加の検査を行うことの実現可能性を説明します。診断検索のさらなる方法は、最も効果的な治療方針を正しく決定することを可能にするだろう。

婦人科における細胞診の過程における異型細胞の検出の診断のために、さらに割り当てられる:

  • 子宮頸部上皮細胞診
  • コルポスコピー
  • 生検
  • 一般および生化学的血液検査
  • ヒトパピローマウイルス検査

すべての医療上の推奨事項および処方箋を遵守することが重要です。これにより、短期間で病理学的プロセスを特定および修正することが可能になります。治療の有効性は細胞診によって定期的に監視されるべきです。細胞診の結果が子宮頸部上皮の健康な状態を確認したら、治療は完了したと見なされます。

頸部掻爬の検査は、女性の健康状態を予防的に監視するために定期的に実施されるべき重要な診断手順です。

病気を早期診断することがタイムリーな治療開始とその高い効率性の鍵となるため、婦人科医が毎年病理学を調べて診断することを命の原則とすべきです。

子宮頸部の細胞診:それが何であるか、そしてどのように体液分析を解読するか

この研究は、女性の身体に起こりうる病状の存在を判断するために行われます。

分析は、疾患の性質を確立し、炎症過程、癌または前癌状態、良性腫瘍を同定することを可能にする。

子宮頸部の細胞診 - 21年後の女性に対する必須の検査、予防目的で行われます。以前のテストが否定的な結果を示した場合、テストは65年後にのみ終了することができます。

婦人科における細胞診とは

PCR塗抹標本(非定型細胞)は、生殖器の細菌叢を調べたり、ウイルスの存在を検出したり、感染症を検出したり、腫瘍やHPVを検出したりするための顕微鏡検査です。子宮頸がんは女性の生殖器系の最も攻撃的な病気の1つと考えられているため、がん細胞の分析は定期的に行わなければなりません。

この種の癌は実際には発生の初期段階では現れず、症状が現れ始めたときには遅すぎることがよくあります。発生した腫瘍は、原則として手術不能であり、化学療法や放射線療法にはうまく反応しません。そのため、診断が遅れると癌の効果的な治療が保証されなくなり、死に至ることになります。

医者が患者の命を救うだけでなく、彼女の性器を取り除くこともできないように、早い段階で腫瘍学を発見することは非常に重要です。したがって、婦人科医を訪れる各女性は、通常のコルポスコピーに加えて、子宮頸管から塗抹標本を採取する必要があります。これは危険な病気の時機を得た、そしてそれ故に成功した治療を保証するでしょう。

婦人科塗抹標本は顕微鏡検査(小さな対象物の視覚的研究の科学)を受けます。

結果によると、医師は女性のミクロフローラの状態を決定します。赤血球、白血球、子宮頸部から採取した平らで円筒形の細胞の修飾の定性的および定量的指標。

すべての研究対象が正常であれば、細胞診は陰性と定義されます。そうでなければ、いくつかの細胞の大きさや形の標準からの逸脱がある場合、医師は形成異常(悪性腫瘍や前癌状態)を診断します。

組織学的に、子宮頸部に採取された円柱状(腺状)または扁平上皮が変形していることが明らかになった場合、医師は細胞診を繰り返すように処方します。この場合、女性は2-3か月後に再び塗抹標本に合格する必要があります。

異型の場合には、子宮頸部の再サンプリングが直ちに行われて、癌に対する偽陽性の結果が排除されます。

さらに、医師は女性に他の診断研究を処方して、最も正確で有益な写真を作成します。

女性の膣から掻き取る方法

婦人科検査の間に特別な棒またはブラシで体の内側と外側の表面から撮影した子宮頸部の細胞診。さらに、正当な理由であれば、外陰部または膣から塗抹標本を採取することができます。

生検と比較して、細胞診は女性にとって無痛です。手順は10秒以下かかります。

塗抹時に医者がこすり落としをしているので、何人かの患者はテストの後の最初の日に血液のわずかな排出を観察するかもしれません。

女性の妊娠中、乳酸菌の数は著しく減少し、それゆえ免疫システムの有効性は減少します。

性感染症を刺激する病状の発症を防ぐために、妊娠中の患者の細胞診は必須とされています。

胎児以外の女性は、子宮頸部を含む生殖器疾患を発症する可能性が低くなります。以下は細胞診の結果をデコードした表です。

子宮頸部塗抹標本の細胞診検査のデコード

子宮頸部塗抹標本の細胞診(解読については後述) - これは婦人科で行われている、生殖器に影響を与える病理学的過程を特定するための診断法の1つです。

これらの研究は、初期段階で悪性疾患の発症を識別するための真の機会を提供するため、医師にとって非常に重要な役割を果たしています。

一般的な情報

その解読が医師の能力の範囲内である、子宮頸管からの塗抹標本の細胞診は、生物学的材料の顕微鏡検査である。膣からと子宮頸部からのサンプルも検査のために採取することができます。診断は、異型細胞の存在または非存在を同定し、それらの組成を決定するために行われる。

子宮頸部細胞診の結果から、前癌状態、炎症過程、または生殖器官の腫瘍が明らかになります。この診断方法を組織学的検査と混同する人もいるかもしれませんが、細胞診は非侵襲的方法と考えられているため、大きな違いがあります。

腫瘍細胞学、解読、評価、解釈、および生物学的材料の採取方法について塗抹標本を作成する場合、軟部組織の生検または穿刺は必要ありません。診断のために塗抹標本または跡を使って得られたそれらの材料の十分であろう。

細胞学的機器

研究は慎重に準備されるべきであるという事実に医師は特別な注意を払います。さもなければ、結果は不正確であるかもしれず、それは病理学を正しく識別しそして治療を処方することを許さないであろう。

細胞診に塗抹標本が処方される場合、復号化、結果の率および結果の出力は、女性を持つ一流の専門家によって行われる。なぜなら、彼だけが各患者の個々の特徴を考慮に入れることができるからである。細胞診がいつ行われるのか、婦人科、解釈および医学的基準に関する規範に何があるのか​​理解している人はあまりいません。

平均して、医師は分析が行われるかどうかを判断するのに1日以内で済み、最新の機器が利用できる診療所では、子宮頸部細胞診のための解読分析はほんの数時間で済みます。前癌状態または腫瘍学の発症が疑われる場合、患者は生検を実施するために送られます。

特別な場所は婦人科の細胞診で占められており、その解読にはそれほど時間がかかりません。これは、特に生検の禁忌がある場合には、リスクグループを決定するために短期間で多数の患者を診察する必要がある場合があるという事実によるものです。

手続きの特徴

細胞診、婦人科、読影および研究の標準にあるものに興味を持っている女性もいるかもしれません。それ自体では、手順は複雑で特別なものではありません。婦人科検査中に、医者は膣、子宮頸管または子宮頸部から生物学的物質を取り出し、そしてそれを顕微鏡検査のために送ります。

検査室では、経験豊富な専門家によって解読された子宮頸部の細胞学的塗抹標本が癌疾患または炎症過程の特定に役立ちます。この研究は痛みや不快感を引き起こさないので、女性はそれを容認することができます。

子宮頸管から綿棒を取り出す方法

子宮頸部の腫瘍細胞学、検査結果、解読は、女性に深刻な病気があるかどうかを判断するだけでなく、環境の微生物叢の状態を評価することも可能にします。ただし、このようなテストでは問題の存在を示すことしかできず、明確なデータが得られるわけではありません。

このような状況では、医者は植物の塗抹標本と呼ばれる追加の検査のために患者を紹介し、また性感染症の検出のための検査を勧めます。

その解釈が細胞内の5つのタイプの病理学的変化を特定するのに役立つ子宮頸部細胞診の結果は、医師が10年以上にわたり重篤な疾患を診断するのを助けます。分析の際立った特徴は、それが安価であること、そしていくつかの診療所では無料で行われることさえあり、それ自体は少なくとも簡単であるが非常に効果的であることである。

質問する、AKの塗抹標本、それが何であるかを解読すること、これは生殖器官の生物学的組織の構成における異型細胞を同定するのを助ける研究であると言わなければならない。分析婦人科医は、少なくとも年に1回、18歳から65歳までのすべての女性が行うことを勧めます。

デコード結果

子宮頸部の構造を考えると、その表面には円柱上皮がありますが、膣は平坦な細胞で覆われています。ミクロフローラの典型的な代表は棒です。子宮頸部の細胞診の解読は、考慮しなければならないいくつかの方法に従って行われます。

PAPの解釈

子宮頸部の腫瘍細胞学の分析のために取られた上皮細胞の状態に応じて、復号化はパパニコロー法を用いて行うことができる。この場合、分割は主に5つのクラスに分けられます。

  • 最初です。研究を経た生物材料には、病理学的変化はありません。上皮細胞は正しく配置されており、自然な大きさと形をしています。
  • 第二。その解釈は、いくつかの細胞が特定の形態異常を有することを示した、子宮頸部の細胞学的検査。これは感染症または炎症過程の進行を示します。さらに、患者の状態および治療の処方を確認するために追加の診断法が任命される。
  • 三番目子宮頸部子宮頸部の細胞診を分析したところ、転写物は核の構造および細胞質を破壊している単一細胞の存在を示していた。これは形成異常または過形成の発症を示しています。多くの場合、そのような細胞の数は重要ではないので、女性は追加の診断を処方されます。
  • 第四その子宮頸部の細胞学的検査の結果、その解読は悪性の性質の核、クロマチンおよび細胞質の構造の変化を伴う細胞の存在を示している。この状況では、前癌状態が診断されます。
  • 第五婦人科における非定型細胞の分析、その解読は、健康な細胞に関してそれらの有意な優位性を示した。医師は自信を持って生殖器官のがんの初期段階を診断することができます。

さらに、子宮頸部から細胞診の塗抹標本を解読するために他のどのような方法を使用できるかを考えてみましょう。

ベットテクニック

このアプローチでは、子宮頸管からの塗抹標本の細胞学的検査が行われ、復号化はBettedの方法に従って行われる。解釈は細胞の位置と核の様々な変化に基づいています。生物学的物質の徹底的な顕微鏡検査の後に、医者は生殖器官の正常な状態を決定することができます。

この場合、セルは問題なく、特定の指定は割り当てられていません。膣炎またはコイロサイトーシスの場合、HPVという文字がデコードに使用されます。頸部形成異常は、軽視の程度に応じて、CIN(1、2、または3度)と略されます。子宮頸がんは、がん腫(pax)と呼ばれます。

材料の取り方

その転写物が1日以内しか続かない子宮頸部の腫瘍細胞学は、単純な診断手順と見なされます。医師がその後の顕微鏡検査のために生物学的材料を服用するためには、それは10秒以内にかかるだろう。

分析の前に女性が準備することは非常に重要です。

  1. 手術前の約3日間は、性的接触を避けるべきです。
  2. 膣クリームやタンポンを使用する必要はありません、
  3. 手を触れないでください、
  4. 衛生処置は性器を洗い流すことにあります。

医者が生体材料の実験室での分析の後にする頸部の細胞診の塗抹標本は、月経出血を除いていつでも実行することができます。選択は研究の結果を歪める可能性があるので、それらは再びやり直される必要があるでしょう。

患者が婦人科の椅子にいる間、生物学的物質は特別な医療器具の助けを借りて撮影されます。医者は頸部のブラシまたはへらを膣の中にそっと挿入します。それから子宮の内側と外側の表面にかろうじて触れます。この時点で、女性は痛みや不快感を感じることはありません。

膣から細胞診への材料の使用

次に、得られた細胞をスライドガラス上に置き、研究のために実験室に移す。 В зависимости от клинического случая, врач сам будет определять, по какой методике выполнить диагностику. Иногда, в зависимости от объема работы, после того как был выполнен цитологический анализ шейки матки, расшифровка будет готова через 12 суток или немного позже.

正常細胞から病的細胞への病的形質転換の全過程は非常に長い。

そして、腫瘍細胞学的診断のみが、早期に疾患を決定し、そして効果的な治療を受けることを可能にする。

あなたが時間通りに予防的検査を受けるならば、あなたはすぐに回復することができるだけでなく、あなたの命を救うこともできます、なぜなら腫瘍学の後期段階は実際に治療可能ではないからです。

分析用語

特に女性が重い病気を疑っているならば、テスト結果の解釈を待つことよりも難しいことは何もありません。解読は主治医または特別な医学教育を受けた人によって行われるべきであることを理解することは重要です。さもなければ、あなたはあなたの状態を誤解して前もって動揺することができます。

女性が期待しやすいようにするには、最も一般的な表記法を見てください。医師はテスト結果にそのことを示すことがよくあります。したがって、たとえば、病状がない場合は、頭字語CBOが結論になります。

サイトグラム炎症の特定の指標を用いて、子宮頸管炎と呼ばれる炎症過程の進行について話すことができます。白血球の数が多いと、白血球浸潤について話します。これは、膣炎、子宮外膜炎および子宮頸管炎の原因となります。

ヒトパピローマウイルスが検出された場合は、塗抹標本に同赤血球が存在しますが、増殖と呼ばれる細胞分裂過程の増加は、子宮腔に局在する炎症過程を示しています。

白板症の場合、病理学的に変化したが、癌細胞は生物学的材料中に存在しないであろう。

一部の細胞を他の細胞と交換するプロセスは化生と呼ばれ、これは以前に腫瘍学と関係のない子宮の疾患の治療を受けた女性、および6年以上閉経している女性にとって正常な状態と考えられています。異形成が前癌状態について話すとき。

略語

膣塗抹標本の分析が行われた場合、どの異型細胞が同定されるかのおかげで、結果にラテン文字が見つかる可能性があります。

異型細胞濃度と推定診断

各カットには医療記録があります。

  • ASC-US - この状態の原因は特定されていませんが、扁平上皮の細胞が変化しています。 45歳の女性で検出され、これはエストロゲンレベルの急激な減少と関連しています。
  • AGC - 円柱上皮細胞の異常な変化から生じる膣症または他の婦人科病理学者の発症を示す。診断を確定するために、医師は追加の研究を処方します。
  • L-SIL - 女性の身体、特に生殖器官には、異型細胞が少量存在し、悪性ではありません。診断を確定するには、生検またはコルポスコピーが必要です。
  • ASC-H - 細胞が病理学的に変化していることを示します。これを背景に、患者は前癌状態にあるか、腫瘍学的疾患が発症します。
  • HSILは腫瘍細胞学として提示され、これは平坦な上皮細胞における変化の存在を示す。そのような診断を受けている患者は、良性腫瘍から悪性腫瘍への転換の過程を妨げるであろう即時の医学的介入を必要とする。
  • AIS - この減少は悪性である上皮の円柱細胞の病理学的変化の検出を示します。この状態では患者さんによる治療が必要です。

生物学的材料の研究中に検査技師が基準からの逸脱を特定した場合、彼は必然的にこれを分析結果に反映させるでしょう。

また、セルの変更の種類が書面で提示されます。

切り傷がない場合、女性の生殖器系の正常な状態、および彼女が病気を脅かさないという事実について話すことができます。

分析のための徴候


女性の年齢に応じて、以下のような規則性で塗抹標本の定期的な細胞学的分析を実施する必要があります。

  • 21 - 49年で - 3年に1回、
  • 50 - 65年 - 5年に1回

このような場合には、日常的なスクリーニングに加えて、子宮頸がんを予防するための分析が処方されます。

  • 侵食
  • 不妊
  • 膣のヘルペス感染、
  • 糖尿病
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)
  • 膣分泌物を伴う、
  • 月経周期の違反
  • 妊娠を計画するとき
  • らせん(IUD)を取り付ける前に、
  • 配達の後の1-3か月。

手順の準備

細胞学的方法によるPAP試験の結果の信頼性のために、処置のためのいくつかの調製規則に従うことが必要である。

まず第一に、塗抹標本の48時間前に膣のミクロフローラの違反を除外します。これを行うには、親密な衛生製品、膣内使用のための準備(キャンドル、ダウチング)の使用を中止し、性的接触も排除する必要があります。処置の直前に2〜3時間トイレに行くことを除外します。

概して、細胞学的分析は細菌感染症の治療後に行われます。婦人科検査またはコルポスコピーが前日に行われた場合、細胞診の塗抹標本は2日以内に行われます。

塗抹標本の取り方


細胞診で塗抹標本を作成するとき、子宮頸管は婦人科医 - 子宮腔と膣を結ぶ内生殖器の粘膜部分 - の注目すべき直接の対象になります。

子宮頸管の長さは、平均して3〜4センチメートルですが、チャネルは通常3つのゾーンに分けられます。

  • 外咽頭または子宮頸管外陰部 - 膣内に入り、扁平上皮細胞で覆われている、
  • 内咽頭または子宮頸管内膜 - 子宮側に位置し、腺上皮で覆われている、
  • トランジション、チャンネルの内側部分。

手順を実行するには2つの方法があります。

標準細胞診塗抹標本。婦人科医は特別な道具(Eyreのへら、Volkmannのスプーン)を使って、膣、子宮頸部の外口、および直接子宮頸管の内側から塗抹標本を採取します。この目的のために、狭い管を傷つけず、そして処置中に不快な感覚を引き起こさない特別な頸部ブラシが使用される。

生物学的材料を滅菌ガラスの上に置き、特別な溶液で固定しそして乾燥し、その後それを実験室に送る。

液体細胞診の方法(LBC、液体ベース細胞診)。子宮頸管の粘膜を研究するためのより近代的で正確な方法。

生物学的材料を入手するために、婦人科医はいくつかの種類のブラシ(子宮頸管内、Wallach'sブラシ)を使用し、その後使用済み器具からチップを除去する。次に、ブラシを生物学的材料を保存するための特別な液体と共にボトル(バイアル)に入れる。

瓶にラベルを付けて研究室に送ります。液体細胞診の方法は、必要ならば、より正確な結果および上皮のさらなる検査を実施する能力を得ることを可能にする。

どのように分析しますか

その後の細胞学的検査(PAP検査、Pap検査)を目的として、婦人科医による検査中に塗抹標本を採取します。子宮頸部の粘膜から削り取られた生物学的物質です。その後、試料を顕微鏡で注意深く検査する。このアクションにより、細胞の変化の始まりを素早く確実に検出することができます。 10例中9例で、それらは癌の発症またはそのようなことに対する高い傾向を正確に示しています。

細胞学的塗抹標本は同時に2つの目的を達成することを目的としている。第一は、それらの発生の初期段階における癌腫瘍の検出である。第二の目標 - 膣内微生物叢の確立、その違反の特定。

子宮頸部塗抹標本の細胞診

細胞診の特徴

  1. この研究のおかげで、5種類の細胞の変化を識別することが可能です。
  2. 出席している婦人科医によって行われた分析の答えを解読する。この研究の結果は、女性の不満や他の種類の診断の結果とは別に解釈されます。しかし、治療を処方するときに記載されている基準が考慮されます。
  3. 生検の禁忌の場合、細胞学的反応が特に重要です。
  4. この方法は、子宮頸悪性腫瘍の形成についてのいわゆるリスクグループに属する多数の患者を迅速に調べるのに役立つ。
  5. 細胞学的研究は、技術的な単純さと手頃な価格によって特徴付けられます - すべての女性は分析を受けることができ、そして受けるべきです。この種の診断の信頼性は疑いの余地がありません。したがって、細胞診は婦人科診療に導入され、長年にわたって首尾よく使用されてきた。

婦人科医の実践では、この用語の別の定義 - 「組織学的塗抹標本」を使用します。

腫瘍細胞学上の塗抹標本が示すこと

婦人科塗抹標本は顕微鏡検査(小さな対象物の視覚的研究の科学)を受けます。結果によると、医師は女性のミクロフローラの状態を決定します。赤血球、白血球、子宮頸部から採取した平らで円筒形の細胞の修飾の定性的および定量的指標。すべての研究対象が正常であれば、細胞診は陰性と定義されます。そうでなければ、いくつかの細胞の大きさや形の標準からの逸脱がある場合、医師は形成異常(悪性腫瘍や前癌状態)を診断します。

組織学的に、子宮頸部に採取された円柱状(腺状)または扁平上皮が変形していることが明らかになった場合、医師は細胞診を繰り返すように処方します。この場合、女性は2-3か月後に再び塗抹標本に合格する必要があります。異型の場合には、子宮頸部の再サンプリングが直ちに行われて、癌に対する偽陽性の結果が排除されます。さらに、医師は女性に他の診断研究を処方して、最も正確で有益な写真を作成します。

子宮頸部の細胞診

この研究を実行するために、女性は子宮頸管検査のために綿棒を取ります。

細胞診塗抹標本(Pap test、Pap smear)は、安くて簡単でかなり正確な婦人科検査方法で、子宮頸部組織の状態を判断することができます。細胞学的塗抹標本の助けを借りて、悪性のものに変性することができる異常な(異型の)細胞を同定することが可能である。綿棒は絶対に安全で痛みのない手順です。

専門家は、すべての女性が性行為の開始から3年後に子宮頸部の細胞学的分析を受け始めるが、いずれにせよ21年以内に推奨することを勧めています。 21〜49歳の女性は3年に1回、5年に1回50〜65歳の年齢でこの検査を受けるべきです。

細胞診の分析は、子宮頸癌と異形成(前癌状態)を診断するための最も利用しやすく簡単な方法です。ヒトパピローマウイルスまたは性器いぼに罹患している女性には定期的な研究が必要です。これは、これらの疾患が最も頻繁に子宮頸癌の発症を引き起こすという事実によるものです。

子宮頸部の分析で塗抹標本の配達のために適切に準備することは非常に重要です。

第一に、塗抹標本は、月経中およびその終了後最初の数日間は、感染性の炎症性疾患では撮影されない。第二に、分析の2日前に、膣錠、坐剤、スプレー剤の使用を中止し、手を触れずに、そして親密な衛生製品を使用する必要があります。第三に、あなたは研究の前に2日間性交を放棄する必要があります。

細胞診の塗抹標本は、婦人科用椅子にいる女性の診察中に撮影されます。まず、綿棒を使って、子宮頸部の表面を分泌物から取り除きます。その後、特殊なブラシを使用して材料を分析用に取り出し、それをスライドガラスに貼り付けます。それからガラスは実験室に送られ、そこで顕微鏡下で研究されます。通常、試験結果は1〜2週間で完成します。

多くの場合、細胞学的塗抹標本と同時に、医者は細菌学的分析のための材料を取り、それを用いて子宮頸部および膣のミクロフローラが決定されます。

通常、女性は検査後3〜5日以内にわずかに汚れた緑色または暗褐色の放電を起こすことがあります。この状態は治療を必要としません。子宮頸管検査を受けてから7〜10日間は、女性はセックスをしたり、口を傷つけたり、膣タンポンを使ったりすることはお勧めできません。

細胞診での子宮頸部塗抹標本の分析の結果は、子宮頸部の粘膜に重大な変化がないことを示す場合、正常(「陰性」、「良好」)です。病理学的塗抹結果(「陽性」、「悪い」、「形成異常」、「異型性」)は、癌の発症につながる可能性のある変化が見つかったことを示しています。

子宮頸部上皮細胞の状態に変化を引き起こす可能性がある多くの要因があります。最も一般的な原因は、ヒトパピローマウイルスと、性感染症である他の多くの感染症(尿素プラズマ症、クラミジア)です。

しかし、塗抹分析の悪い結果を文として受け取らないでください。標準からの逸脱を検出した場合、医師は追加の研究、通常コルポスコピー(コルポスコープによる検査)を処方します。その後、必要に応じて、追加の研究 - 子宮頸部生検 - が患者に割り当てられます。

子宮頸部生検分析

子宮頸部生検は顕微鏡検査のための子宮頸部組織片の切断(切除)です。生検は、診断的(診断を行うまたは明確にするために行われる)および医学的(治療中の組織の変化を監視するために行われる)であり得る。

生検による子宮頸部の分析は細胞診よりも正確です。膣鏡を使用して、医師は子宮頸部の粘膜上の病理学的領域を見つけ、それらから分析のための材料を取り出す。生検の助けを借りて、あなたは非定型細胞が異常であるかどうか、そしてどの程度変化が明らかになったかを正確に判断することができます。この研究のおかげで、専門家は患者の治療に必要な方法を選択しました。

子宮頸部生検は以下の方法で行うことができます:

  • ピンチは特殊な生検鉗子で行われ、創傷治癒には3〜4日かかります。影響が少なく、かなり有益な方法です。
  • 電波(ループ) - 電波ループによって生成され、材料摂取法の時点では完全に無血で、生検の1週間後に軽度の出血が起こります。
  • 円錐化 - 円錐の形をした組織の断片の切除は、診断だけでなく、子宮頸部の病理学的部分の切除にも使用されます。

個々の患者ごとに、最適な生検方法が医師によって選択されます。この手順は、月経終了後3-5日に行われます。生検の前に、女性がHIV感染、肝炎、梅毒の血液検査に送られます。

子宮頸部生検は外来または入院で行われます。この手技は麻酔下で行われることが多いので、その12時間前に食事をとることはお勧めできません。

材料は婦人科の椅子に横になっている女性から撮影されます。生検の後、医師は血液凝固を加速させる特別な溶液凝固剤で創傷表面を治療します。この分析の結果は通常10〜14日間の準備ができています。

生検の後、女性は5日間下腹部に鋭い痛みを感じることがあり、スポッティングは10日間発生することがあります。

生検の不快な影響を最小限に抑えるために、女性は4〜8週間の治療を受けた後、一定の規則を守らなければなりません。

  • 著しい運動を排除する
  • 3 kg以上持ち上げないでください。
  • 膣のタンポンを使用しないで、ダッチを排除し、
  • プール、サウナ、風呂を訪れることは控えてください。
  • シャワーだけを浴びる。
  • 性交を控える、
  • アスピリンなどの血液を薄くする薬は慎重に服用してください。

子宮頸部のこの分析の結果は、厚さ全体にわたって子宮頸管の組織に対する損傷の程度を完全に反映している。彼らの根拠に基づいて、医者は女性の健康を回復するのを助けるだろう最も適切な療法を選ぶことができるでしょう。

誰が分析する必要がありますか?

細胞診の塗抹標本は、異なる年齢の女性の状態の検査室診断を補完するはずです。例えば、45歳に達する前に、年に一度それを渡すことが重要です。

癌腫瘍の素因が増していることを考えると、45歳以上の女性は6ヶ月に1回同様の診断を受けるべきです。

いくつかの適応症があり、その存在下では細胞診のために塗抹標本を作製する必要があります。これらの要因は次のとおりです。

  • 月経周期の失敗
  • воспаления внутри цервикального канала, шейки матки,
  • бесплодие, частые выкидыши, аномалии развития плода в прошлом и остальные проблемы, связанные с неполноценностью репродуктивной функции,
  • подготовка к имплантации внутриматочной спирали.
  • приём гормональных препаратов,
  • タイプに関係なく糖尿病
  • 中等度から重度の肥満
  • コンジローマの存在、生殖器疾患の感染、
  • 乱交、
  • 妊娠計画

検討中の種の分析は、手術の準備における診断の必須段階の1つです。

勉強することが勧められないとき

禁忌の小さなリストがあります:月経の期間、膣または子宮頸部の活発な炎症の存在。限界は白血球増加症 - 白血球レベルの増加と関係しています。この現象は、体内に炎症があるたびに発生します。

白質の増加は異型細胞の視覚化を妨げるでしょう - 検査技師はそれらを認識しないかもしれず、不正確な情報を提供します。したがって、炎症や月経に対する細胞診の分析は推奨されません。

研究のための準備方法

この研究の仕事は前癌状態を確認または反論することです。がんプロセスの高い素因を特定することも可能です。これは重要な分析であり、その結果はさらなる戦術に依存します。いくつかの臨床例では、患者は時には低侵襲的処置を用いて治療を処方される。信頼性のある答えを得るために、分析の直前に、患者は特定の措置を遵守しなければなりません。

  • 計画された医者の訪問の少なくとも3日前に、生殖管を注射器で洗わないでください。
  • 操作の3時間前に排尿しないでください。
  • 塗抹する前に2〜3日間親密な親密関係を拒否する。

大量の膣分泌を伴う炎症過程が存在する場合、まず病状を取り除き、その後コントロール診断に合格することが重要です。その結果によるとそして臨床的徴候の不在下で回復が来た場合、細胞学的分析を実施することが可能である。同様の計画は月経の事実に関係します - 最初はそれが完了するまで待ってから、そして医者を訪ねるべきです。先験的に、それぞれの場合において研究の前夜に、徹底的な綿密な衛生管理を行うことが重要です。

分析の答えを解読する

女性の健康を十分に考慮して、子宮頸部は円筒型の上皮で裏打ちされており、膣は扁平細胞で構成されています。膣の自然なミクロフローラは箸で表されます。また回答分析では、卵巣の機能的活動の指標を示しています。さらに、結果には白血球のレベルに関する情報が含まれています(それらの濃度の増加は体内の炎症の存在を確認します)。

DAPテストの解釈

彼の状態を考慮すると、膣壁から採取された材料は以下のように分類される(パパニコロー法)。

  • クラス1。研究中のサンプル資料には、いかなる病理学的プロセスの徴候もありません。セルのサイズ、形状、相対位置はノルムに対応しています。
  • クラス2。材料のサンプルでは、​​炎症と膣炎の兆候が識別されます。分析の反応は追加の診断法の基礎として役立ちます;治療の必要性は排除されません。
  • クラス3。検査室助手は、核および細胞質の構造が損なわれている細胞の単位を特定しています。応答分析は、手順を再実行するための基礎として機能します。
  • グレード4。前癌状態が確立されている。この物質は悪性に変化した核、クロマチン、細胞質を持つ細胞を含んでいます。
  • クラス5。大量の異型細胞 - 初期段階の悪性新生物を含む。

癌にかかりやすいと疑われる臓器から組織片を採取することによって、細胞診診断と生検を組み合わせることもあります。この手技は痛みを伴い、麻酔をかけた後にのみ行われます。

この方法の目的は、以前に取得した情報を明確にすることです。特に、細胞診に基づいて前癌状態または悪性起源の実際の腫瘍プロセスが確立されている場合。

PAPテストの解釈を学ぶ

デコード方法BETSEDA

この方法によれば、医師は、子宮頸管から見たときにとられる物質の分析の応答を解読する。この行動は、細胞の局在化および核内の変化についての必須の説明で行われる。

可能性のある実験室診断応答のうちの1つだけが得られる。ラベル「標準」は、病原性の変化がないことを示す。膣炎とコイロサイトーシスにはHPV暗号があります。子宮頸部異形成が検出された場合、分析応答にはコードCIN I、CIN II、またはCIN IIIが含まれます(決定された程度に応じて)。悪性頸部腫瘍は、癌腫(pax)として注目されています。

細胞学的解析の反応における一般的な用語

婦人科検査および細胞診分析の反応を得る過程では、以下の用語が使用されます。

  • CBO - 規範から逸脱していない子宮頸部の状態。
  • 炎症サイトグラム - 子宮頸管炎が存在する(子宮頸管の粘膜の炎症過程)。
  • 白血球浸潤 - 白血球の濃度の増加、おそらく、膣炎、細胞外子宮内膜症または子宮内膜症があります。
  • 赤血球は、HPV(ヒトパピローマウイルス)に特徴的な細胞である。
  • 増殖は、細胞が加速した速度で分裂する過程です。同様の反応が子宮内炎症に特徴的です。
  • 白板症 - 材料は病理学の徴候を含んでいます。細胞内変化にもかかわらず、癌はありません。
  • 化生は、ある種類の細胞を別の種類の細胞に置き換えるプロセスです。女性が更年期の間に癌以外の子宮の変化を受けたならば、それは病理学ではありません。このプロセスは、6年以上閉経状態にある患者の体の状態を伴います。
  • 異形成 - 直接前癌性の現象。

受け取った反応が医師に臨床状況をはっきりさせるために疑わせる場合、専門家はさらに徹底的な検査を処方します。女性は、植物の性質を明らかにするために塗抹標本を採取し、性感染症の定義について分析されています。

材料のサンプルに異型細胞が含まれている場合、検査技師は以下の種類の略語を使用します。

  • ASC-US - 未知の理由で、扁平上皮の構造が変化します。それはホルモン不安定性によって特徴付けられるので、閉経前の時期に、中年の女性にしばしば検出される。
  • AGC - 円柱細胞の構造の変化(他の炎症性疾患の特徴である膣症の間に起こります)。因果関係は、追加の診断手段によって明らかにされます。
  • L-SIL - 非悪性起源の少数の再生細胞の存在。患者は生検で補われたコルポスコピー手術を受けなければならないでしょう。
  • ASC-H - 細胞内の変化。前癌病変の存在またはすでに始まっている腫瘍プロセスを示します。
  • HSIL - 塗抹標本は平らな細胞を含み、前癌状態として機能する。直ちに治療的処置を行い、それによって病状の癌への変性の過程を防ぐ。
  • AIS - 円筒形癌細胞の検出患者は緊急治療を受けています。生まれ変わった細胞の存在が実験室で証明されている場合、この事実は変化の種類を特定して分析応答に記録されなければならない。

解析の応答をデコードするときに特定のマーキングが含まれていない - 塗抹標本は女性の身体の正常な状態を示します。違反の性質を確立して、医者はさまざまな種類の診断の結果に焦点を合わせます。

何時にあなたは結果を見つけることができます

答えは2〜5日後に受けられます。時々この期間は実験室助手の仕事量の程度によって影響される。

腫瘍性新生物を発症するプロセスは瞬時には起こらないことを患者が理解することが重要です。再生段階で異型細胞を認識することはかなり可能です。これを行うには、分析を体系的に渡し、隙間なく医師を訪問する必要があります。

生理学的細胞の形質転換の開始から腫瘍学の最初の徴候の出現まで、かなりの時間が経過する。そして、この期間は、経過した分析の答えを得るのに十分であり、子宮頸癌を認識するために(そしてその進行が依然として適切であるならば)そして治療効果を始めるために十分である。

今日、細胞診は悪性頸部腫瘍の適時の検出のための最良の選択肢として認識されています。

Loading...