人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

初期段階での流産の見逃しの原因、胎児の衰退の兆候、治療および結果

中絶の見逃しという現象は、あらゆる年齢の女性に起こり得る。この病理学の出現は、多くの要因と状況の合流に貢献しています。胎児の死亡を防ぐために、あなたは厳密にあなたの婦人科医の勧告と助言に従うべきであると同時に子供の誕生の計画段階であなた自身の健康を大事にするべきです。

幸いなことに、この病状は女性では非常にまれです。通常発生している176人の妊娠のうち、1人は中絶を見逃しています。逃した妊娠の下で妊娠の病理学を理解しなさい、それで彼は死んだ結果として胎児の発達と成長の停止がある。この現象は妊娠のすべての段階で起こりますが、ほとんどの場合、妊娠の最初の3か月(最大13週)に起こります。妊娠中の妊娠は、女性の体内で炎症過程を引き起こす可能性があるだけでなく、他の望ましくない結果につながる可能性があります。特に、それは将来の子孫に何らかの脅威をもたらします。妊娠中期の見逃しの症状は妊娠の早い時期と遅い時期に見られることがありますが、妊娠中期の症状は早い時期の症状とは異なります。

凍結妊娠を間に合うように判断するには?
概して、胎児の衰退の症状は非常に正確であり、そして医学的診断は全く困難を引き起こさない。胚の成長と発達の停止の最も重要な兆候は、妊娠の発達の兆候の消失です。最初の疑いが現れたら、超音波検査の結果によると、凍結胚の症状の有無を明らかにする医師に相談する必要があります。

現在までに、医師は胎児発育の期間を計算しました。そこでは、退色の危険性が非常に高いです:妊娠の最初の3-4週、8から11週と16から18週。変化が母親の体の中で観察されて、胎児の最も重要な器官の産卵が行われる8週目に凍結妊娠の可能性が特に高いです。

中絶を逃した原因
母親のホルモン的背景や胎児の遺伝的障害の侵害から始まり、急性感染症や有害な習慣まで、あらゆるものが同様の現象を引き起こす可能性があります。流産の見逃しの最も一般的な原因は、大量のアルコール、薬物、タバコの使用、そしてヘルペス、クラミジア、トキソプラズマ症などの病気です。もちろん、女性が本当に健康な赤ちゃんを産みたいのであれば、彼女は出産の初期段階でさえ、これらの危険な要素をすべて排除するでしょう。

胚の遺伝的異常は、最大8週間にわたって胎児の凍結(症例の70%)を引き起こす最も一般的な要因です。この場合、自然そのものが最初の「病気の」胎児に命を与えることはありません。将来、両親が完全に健康であれば、この状況が二度と起こらない可能性が非常に高いです。連続して2回目、3回目以降の妊娠が衰退胚で終わる場合、これは遺伝的要因のせいであることを示しています。

女性の体内のホルモン障害もまた、しばしば中絶の見逃しを引き起こします。これは主に、女性の体内にプロゲステロンまたは妊娠ホルモンが欠如していることによるもので、それなしでは子宮への胚の付着がうまくいきません。

高アンドロゲン症も胎児死亡の原因の一つです。妊娠中の女性の約20パーセントが男性の性ホルモン(アンドロゲン)のレベルを上げ、その結果、女性は男性の特徴(過度の植生、皮膚の性質の変化、声、体の変化など)を形成し始めます。したがって、以前に流産、流産、頻繁な月経遅延、男性の種類による体毛の成長が見逃されていた場合、妊娠を計画する前にホルモン状態を判断するための試験に合格し、必要に応じて治療を受けることが重要です。 。

さまざまな感染症が、妊娠初期だけでなく後期にも胎児の死亡を引き起こす可能性があります(症例の約30%)。妊娠している間、女性の免疫は完全に落ち込んでいます、その時から体は出現した異星人の体、すなわち胚に対処し始めます。その結果、母親の体はさまざまな感染症に対して非常に脆弱になります。女性の立場では、すべての感染症が悪化し始めています。無害な細菌叢が激しく増殖し始め、膣内細菌叢が活性化され、胎児の子宮内感染の脅威が生まれます。しかし、特に危険なのは妊娠期間中の将来の母親の感染であり、既存の感染症の悪化ではありません。特に、水痘や風疹の感染は、流産の失敗に加えて、胎児の発達に異常を引き起こす可能性があります。このような状況では、妊娠の人為的な終了について問題が生じます。不可逆的な変化は、サイトメガロウイルス(CMV)による感染を引き起こす可能性があり、それは複数の胚発生障害を引き起こします。

胎児への深刻なインフルエンザの危険性は、普通のインフルエンザです。妊婦はそれを捕らえることができます。免疫力が低下しているため、通常のARVIでも非常に困難です。ウイルス自体が危険を表し、その症状の多くが中毒、体温の上昇、つまり母親から胎児への血流を妨げることを表していることは注目に値します。酸素と必須栄養素の不足の結果として、胎児は死ぬかもしれません。

バランスの悪い食事や悪い習慣、頻繁なストレスや過電圧などの間違ったライフスタイルも、胎児の衰退を引き起こす可能性があります。さらに、新鮮な空気の中での不十分な歩行、コーヒーおよび他の有害な飲み物の使用は、早期の胎盤剥離の形で合併症を引き起こし、そして子宮の緊張を高める可能性がある。これらすべてが血流障害をもたらし、結果として、胎児は追加の酸素および必要な物質を受け取らない。

非常に多くの場合、体外受精の結果としての妊娠は、衰退胚または自発的流産で終わる。

妊娠中絶の見逃しの原因は、子供の携帯中に禁忌である女性(妊娠について推測していない)薬の使用にあるかもしれません。あなたは計画された妊娠の数ヶ月前、そして妊娠中は医者の処方箋なしで薬物を使用することを勧めていないことを知っておくべきです。しかし、現時点では胚と母親の間に密接な関係はないため、初期段階(7〜10日)の投薬で凍結妊娠を引き起こすことはできません。妊娠8〜10週間後、胎盤は薬物への曝露から保護されるため、後期の流産失敗の可能性はわずかに減少します。妊娠中の母親が危険な生産に従事している場合、中絶を見逃してしまうリスクは非常に高いです。

胎児が死んだ後、次の妊娠に備えて体が子宮内膜とホルモンの状態を回復するのに6か月かかります。この期間中は、正常で健康な赤ちゃんを正常に妊娠させるために必要なすべての医療処置を行うことができます。

中絶を見逃した症状とその診断
残念なことに、初期の段階では、中絶を見逃しても何の症状も現れません。問題を示す最初のシグナルは、もしあれば、中毒の攻撃の突然の中止です。同時に、妊娠の存在を示す他の明白な症状が消えます:基底温度の低下、乳腺の痛み。初期の段階では、女性はそのような兆候を見落とすかもしれません。妊娠後期に、見逃された中絶は、より低い腹痛または血まみれの膣分泌物として現れるかもしれません。これらの症状は、流産が始まったときに卵子の剥離を示すことがあります。後期のもう一つの大きな症状は胎児の運動の停止です。残念ながら、在宅では中絶を見逃していると判断するのは非常に困難です。腹部はまだ成長している可能性があり、血液検査は妊娠を示している可能性があります。しかし、これでは果実は成長せず、胎児の膜の内側は空になります。

妊娠しなかった場合は、婦人科検査、骨盤の超音波検査、およびhCGの血液検査によって診断されます。婦人科医から見た場合、病理学は子宮の大きさによって決定され、それは現在の在胎期間における基準を満たさなければならない。超音波検査では、胎児の心拍がなくなっていることや、羊膜(受精卵が完全に空になっている障害)もありません。ホルモン血液検査(hCG)では、この問題は正常な妊娠に特徴的な指標からの妊娠ホルモンのレベルの偏差によって特徴付けられます。

概して、見逃された中絶は、真空吸引を用いた(早期の)定常状態での、または特別な薬の助けによる流産の原因となる、子宮の掻爬(清掃)で終わります。時には、医学的介入なしに女性が流産しなかったことが自発的流産で終わることがあります。これが一定の時間内に起こらず、超音波スキャンによると、子宮内に卵子の残渣がある場合は、上記の対策に頼って、その後抗菌療法が行われます。 2週間後、体の回復を評価するために超音波を行います。

中絶を逃した結果。
見逃した中絶があったとしても、その女性が将来子供を産むことができなくなるわけではありません。非常に多くの場合、医師はこの現象の原因を完全に特定することができませんが、大多数の場合、女性は妊娠し普通に子供を産んでいます。流産を見逃したケースが複数回発生した場合、ケースを繰り返すと女性が子供を産むことができないことを示している可能性があるため、両方のパートナーの完全な健康診断を受ける必要があります。

中絶を逃したことが女性の健康に深刻な影響を与えるという事実は事実です。しかし、心理的問題はもっと深刻です。過去の経験が失敗したために、女性は次の妊娠の計画を立てることに恐怖を感じます。時間が経つにつれて、特に女性が同じ状況にあった女性の話を聞いた場合、すべての恐怖は消えます。

中絶を逃した後の回復と治療
治療を処方する前に、両方のパートナーが完全な一連の検査を受けます。性ホルモンと甲状腺ホルモンの検査、性感染症のさまざまな検査(PCRによる隠された生殖器感染症の検出)、超音波検査、グループ適合性の判定病理学の発展を引き起こした原因を特定して排除することを可能にするでしょう。

医師が中絶の見逃しの原因を特定し、必要に応じて適切な治療を行った後、女性は次の妊娠を計画する前に体力を取り戻す必要があります。これには、約6ヶ月かかります。この期間中は、(健康的なライフスタイルを導き、ビタミンを摂取し、避妊薬を使用するために)状況の再発を防ぐためにあらゆる可能な予防策を講じることが重要です。女性自身が次の妊娠のための計画についての恐れそして心配を克服するのを助ける心理学者に連絡する必要があります。

通常の分析で同様の状況を経験した女性は治療を必要としないかもしれません。なぜなら、すでに述べたように、凍結妊娠は遺伝的な失敗が原因で発症することが多いためです。しかし、胎児の死亡が繰り返される場合は、治療が必要です。

中絶の見逃しの防止
このような事態の再発を防ぐためには、妊娠計画を立てる前から予防措置を講じる必要があります。予防は再発のリスクを減らすのに役立ちます。

そのため、性感染症がある場合は、計画された受胎前の少なくとも3か月前にそれらを駆除する必要があります。風疹や水痘などの小児疾患に罹患していない場合は、特に子供と接触することが多い場合(たとえば、幼稚園で仕事をする場合)は、予防接種を受ける必要があります。

逃した妊娠やその他の合併症を予防するために、食事にもっと新鮮な野菜や果物を含め、すべての女性が合理的かつバランスのとれた食事をする必要があります。さらに、あなたがすべての悪い習慣をあきらめなければなりません、それらが劇的に見逃された中絶のリスクを増やすので。新鮮な空気の中にいること。

誰が妊娠の再発の危険にさらされていますか?

  • 中絶を受けた女性、そして中絶が多いほど、そのような合併症に遭遇する可能性が高くなります。
  • 子宮外妊娠をしたことのある女性、および妊娠の最後の数週間で胎児の心臓が鼓動を止めた女性。
  • 生殖器の感染症やウイルス性疾患を持つ女性。
  • 30歳以上の女性。すべての女性が、30歳までの最初に生まれた子供を産むことが望ましいです。
  • 生殖器系のいくつかの解剖学的特徴を有する女性(二頭性および鞍型子宮)。
  • 子宮筋腫の女性。それは子宮の変形につながり、胎児の卵子を付着させません。
  • 内分泌障害(糖尿病、甲状腺機能低下、周期障害、プロゲステロン産生障害)に悩んでいる。

結論として、私は妊娠のどんな合併症の最善の予防も健康的なライフスタイル、婦人科医への定期的な訪問とその指示の厳格な実施を維持することであることに注意したいです。

中絶を見逃した主な原因

妊娠は、胎児の成長が止まるが、それでも女性の腹部にいる病的状態です。このような状況は、多くの場合、1学期の危険な期間(3〜4週間と7〜11週間)に発生します。この時点で、胎児のすべての臓器とシステムが形成されます。衰退妊娠のケースの高い割合はまた16-18週に起こります。

今日まで、婦人科医は明確な答えを出していません。何故そしてなぜ胚は静止できるのかという理由で。科学者たちは、胎児の発育を止める原因となる多くの素因と状況を特定します。

胎児発育における遺伝的異常

統計によると、胎児衰退の症例の80%は遺伝的レベルでの異常に直接関係しています。胚発生における染色体異常は、染色体の量的および質的パラメータの違反から生じる。中絶の失敗による量的問題の原因:

  • 染色体の分離における対になっている染色体の分岐は、トリソミー、モノソミー、
  • 倍数体胚の形成は、いくつかの精子と1つの卵子が融合過程に関与していることを条件として。

最初の部門で違反が発生した場合、胚は存在の21日目の前に死にます。それらが次の部門で発生すると、モザイク現象のある赤ちゃんを産むリスクが高まります。

品質の問題は通常配偶者の一人に存在します。転座は、胎児の早期死亡または先天異常を伴う乳児の出生の最も一般的な原因です。そのような突然変異は:

  • 相反する、染色体が同じセグメントで交換するとき、
  • 遺伝子サンプルの損失との同化
  • 女性の性染色体の構造の変化を伴う
  • 重複、逆位および他のタイプの突然変異の形で。

妊娠が止まって発症しない状況では、自然淘汰が起こります。そのような異常を持って生まれる可能性がある子供は通常の生活を送ることができないでしょう、したがって自然は早い段階で成長していない妊娠を終えます。 Частыми причинами возникновения генетических нарушений, мутаций и хромосомных сбоев у плода являются вредные привычки (курение, наркотики, а также чрезмерное злоупотребление спиртными напитками одним из родителей).

Почему замирает беременность?

Неразвивающейся называют беременность, при которой происходит длительная (одна неделя или более) задержка в полости матки погибшего эмбриона или плода на ранних сроках. 発達の停止は子宮内だけでなく、凍結子宮外妊娠も可能です。

また妊娠できますか。

はい、しかし2回の連続した2回の自発的な中断は将来のリスクを増大させます。これは平均30〜38%です。この予後は、すでに通常の分娩が完了している女性と比べてさらに悪いです。このことを考えると、ほとんどの専門家は、2回連続で流産しなかったことが、そのような状態を妊娠の習慣的な早期終了と見なすのに十分な理由であると考えています。

そのようなカップルは、「常習的流産」の危険性が高いグループに登録されるべきであり、凍った妊娠の後に徹底的に調べられるべきであり、そしてそれの外で適切な治療を推奨するべきです。

未発達の妊娠は、以下を含む病理学的症状の複合体と見なされます。

  1. 胚または胎児の生存能力の欠如
  2. この子宮内膜に対する反応(病理学的反応性)はありません。
  3. 体内の止血系における障害の発生。

自然流産によるこの病状は、独立した方法で子宮を空にすることがないことによって区別される。

初期段階での原因

初期の流産失敗の当面の主な原因は、5つのグループにまとめられた障害と状態です。

  1. 子宮の先天性および後天性の解剖学的欠陥。
  2. 遺伝的および染色体的に胚発生の異常を引き起こした。
  3. 女性のさまざまな慢性病理に関連するものを含む、子宮粘膜の病理学的変化。それらは、子宮内膜の劣っていること、および妊娠中に発生する過程を支持するその能力の欠如によって特徴付けられる。
  4. 血液凝固系の障害
  5. その他の理由

後者のグループは主に含まれます:

  • 抗父細胞傷害性抗体、抗体に対する抗体(抗イオパシー抗体)、リンパ球反応を阻害する抗体の存在
  • ナチュラルセルラーキラー細胞(NK細胞)の異常な活動
  • パートナーの組織不適合性(HLAシステムによる)。

解剖学的欠陥

見逃された中絶を引き起こす可能性がある先天性の解剖学的欠陥には、単角、双角、鞍型または完全二重の子宮、完全または部分的な子宮内隔の存在が含まれます。子宮のこの解剖学的病状は、一般に、後期段階で妊娠の異常を引き起こすが、卵子が子宮内隔壁または粘膜下筋腫付近に移植されると、初期段階で発生の終了が起こり得る。

後天性欠損症は子宮内癒着であり、ほとんどの場合、以前の未発達の妊娠または子宮腔の掻爬術、掻爬術、粘膜下筋腫および虚血性頸部不全に起因する。

解剖学的欠陥の妊娠不全は、卵子の移植障害、受容体の機能不全および子宮内膜への不適切な血液供給、黄体期欠乏を伴うホルモン障害、および慢性子宮内膜炎によって引き起こされる。

胚および栄養膜の遺伝的および染色体異常

彼らは最初の学期に、凍結を含む妊娠損失の大部分(最大80%)を引き起こしました。これらの疾患は、染色体構造の定量的または定性的な変化によって発生します。量的な変化は失敗の結果です。

  • 真核(核)細胞の分裂のいかなる期間においても、例えば、精子または卵子における対染色体の分岐の違反、その中でモノソミーまたはトリソミーが形成される。
  • 受精プロセス中に、卵が2つ以上の精子によって受精されると、ポリフルーツが形成されます。
  • 受精卵の最初の有糸分裂分裂の間に、これらの機能不全が最初の分裂の間に起こると、完全な四倍体が発生し(細胞質分離なしで染色体が2倍になる)、受胎後14-21日という早い段階でさらなる発生の終了を引き起こす。モザイク

染色体構造の質的変化には、パートナーのうちの1人での転座が含まれます。それらは流産の見逃しの最も一般的な原因の1つであり、1つの染色体の一部が別の異種の(非相同な)染色体に移される一種の染色体突然変異です。染色体変異は以下の形態であり得る。

  • それらの部位による染色体の相互交換からなる相互転座は、凍結妊娠中の全染色体異常の半分を構成する。
  • 短腕の領域における染色体の遺伝物質の部分的または完全な損失との融合(ロバートソン転座)
  • 女性の性染色体の変化
  • 複製、欠失、反転、その他の障害

子宮の粘膜の病理

子宮内膜側の胚および胎児の発達の混乱における主な要因は、萎縮過程の形でのその構造的および機能的変化ならびにプロゲステロンおよびエストロゲンに対する受容体感受性の低下である。最も典型的な条件は次のとおりです。

  1. 自己免疫性慢性子宮内膜炎
  2. 再生塑性不全症候群

自己免疫性慢性子宮内膜炎

それは、局所的および一般的な免疫の形で身体の反応を刺激する急性または慢性のウイルス - 細菌感染によって引き起こされます。これにより、サイトカイン、成長因子およびタンパク質分解酵素の合成が増加する。それらは炎症過程の進行を刺激し、そして血管内皮への損傷、ならびに既に妊娠初期にある胚の外層(栄養膜)の細胞による異常な導入および子宮内膜の損傷、ならびに細胞増殖および血管形成に寄与する。

その結果、サイトカインと成長因子の数が新たに増えています。したがって、閉じた病理学的な輪があります。妊娠の典型的な過程において、胚の拒絶の免疫過程は身体によって抑制され、そして炎症がない場合には正常に進行する。

再生塑性障害症候群

子宮粘膜の再生可塑性不全症候群の結果は、子宮内膜症、または子宮内膜萎縮症です。症例の半分における子宮内膜機能の崩壊は炎症過程によって引き起こされるのではなく、特にこの症候群の進行によって引き起こされ、それは遺伝的なものを含む素因の場合における組織ストレスの実現である。

この症候群は、自己免疫反応および同種免疫反応、腺上皮の分泌活性の低下、子宮内膜の菲薄化、プロゲステロン受容体の数の減少、ならびにプロゲステロンおよびエストロゲンに対する受容体の感受性の低下または完全な喪失によって現れる。

この症候群は、子宮内膜の主な機能を維持しながら、有害因子の影響に応じた適応に基づいています。その後の適応反応の枯渇は、適応プロセス段階の発達をもたらし、その過程は細胞および組織構造の保存のみを目的としており、それらの適切な機能を目的としていない。再生塑性機能不全症候群では、慢性の炎症性および自己免疫性因子が悪循環です。これらの場合の受精卵の移植は積極的な治療なしでは不可能です。

血液凝固障害

それらの中には、主な抗リン脂質症候群および遺伝的病因の血栓性増多症がある。その原因が完全には明らかではなく、そして妊娠10週後に胎児の凍結が起こる抗リン脂質症候群は、自己免疫性および血栓性の障害に属する。それに基づいて抗リン脂質症候群の存在を想定することが可能である主な兆候:

  • 動脈または静脈血栓症
  • 流産、
  • 病歴における血小板数および溶血性貧血の減少
  • 歴史における遅発性重症子癇前症。

晩期の中絶失敗の原因

妊娠後期(妊娠中期)の胎児死亡の主な原因は、感染による一次または二次胎盤機能不全(ほとんどの場合ヘルペスウイルス、クラミジアおよびサイトメガロウイルス)、真性糖尿病、高血圧、心不全を伴う心血管障害、腎不全、重症子癇前症、特定の薬の制御されていない摂取。

子宮内の留置メカニズム

発生が止まった胚または胎児の子宮内での長期存在は、以下のメカニズムの結果として起こると考えられています。

  • じゅう毛膜じゅう毛の深発芽の結果としての形成胎盤の密接な付着これは、次の原因が考えられます。

- 絨毛膜絨毛の(増殖の観点からの)高度の活性。
- 受精卵の移植部位における子宮粘膜の構造的および機能的劣性
- 着床ゾーンにおける子宮内膜の変化の不完全な準備。

  • 免疫学的に外来の組織の拒絶反応に関連した免疫系の欠陥。
  • 以下の理由により、子宮内膜の収縮性が低下します。

- 子宮内の炎症過程の慢性的経過、その結果としての受容体装置の機能不全の形成、それは胚の死の間に形成される物質に対する感受性の低下をもたらし、子宮筋緊張の低下を引き起こす。
- タンパク質の代謝に関与する酵素的生化学的プロセスの違反
- (胚または胎児の死後しばらくの間)プロゲステロン栄養芽層および胎盤ラクトゲン、特定の栄養芽層β-グロブリン、および胎盤 - 子宮収縮を抑制するいくつかのペプチドホルモン、生体アミンおよび免疫抑制ペプチドの産生を続けた。

危険因子

中絶を見逃した主な危険因子は次のとおりです。

  1. 18歳未満の年齢。
  2. 30歳以上の初産婦および35歳以上の多婚の女性 - 妊娠した女性および/またはそのパートナーの出生後年齢以上の妊娠。高齢および後期の生殖年齢におけるリスクは、自然淘汰の過程の漸進的な絶滅およびパートナーの生殖系における様々な障害に関連しています。比較のために:20〜24歳のリスクは約9%、30〜40歳の年齢は40%、45歳は75%です。
  3. 歴史の中で流産の繰り返しエピソード。そのようなエピソードの数が多ければ多いほど、その後の概念の予後は悪化します。

さらに、女性生殖器の慢性疾患または急性および特に慢性の外陰部疾患が流産の一因となる。

主なものは以下のとおりです。

  • ぼやけた形の卵巣、副腎または混合病因論高アンドロゲン症および卵巣機能低下
  • PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)
  • 体内に細菌性およびウイルス性感染症が持続的に存在する場合、ほとんどの場合(52%)がウイルス - 細菌性混合感染症であり、クラミジアル感染症(51%)、ウレアプラズマおよび真菌ミクロフローラ(約42%)があります。
  • 女性生殖器の慢性炎症過程、反復流産および子宮内避妊薬
  • 急性または慢性の感染症は、それだけで胎児の胎児死亡を引き起こすことはめったにありませんが、他の要因の影響下で胎児の死亡に寄与する胎児病の発症につながります。
  • 内分泌疾患 - 十分に補償されていない真性糖尿病、甲状腺機能障害、主に甲状腺機能低下症、
  • 慢性腎臓病理学、
  • 重度の高血圧と心血管障害
  • 全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、抗リン脂質症候群などの形態の結合組織のさまざまな全身病理

それほど重要でない要因は次のとおりです。

  • たばこ
  • アルコール中毒
  • 特定の薬
  • カフェインを含む飲料(強烈なお茶、コーヒー、その他の強壮剤)の過剰摂取
  • 低ボディマスインデックス。

有害因子に対する胚または胎児の感受性は、妊娠期間によって異なります。その期間が短いほど、彼らはより脆弱になります。最も重要な時期は、卵子の着床が起こる7〜12日目、3〜8週目(胚発生の始まり)、12週目(胎盤形成期)および20〜24週目(最も重要なものの形成段階)です。胎児のシステム)。

ほとんどの場合、単一の主な原因といくつかの危険因子、および相互に作用するこの病理学的状態の発症メカニズムは、見逃した妊娠に基づいています。胚や胎児の死が起こったことをどうやって理解するのですか?

中絶失敗の主な症状

妊娠失敗の特異性は、後者の主観的かつ客観的な徴候の消失に現れています。

見逃した中絶を判断するには?

妊娠期間の最初の12週間に現れた吐き気の終了、唾液分泌の増加、嘔吐、およびさまざまな匂いへの嫌悪は、凍結妊娠中の特徴的な主観的感情です。

一部の女性では、子宮内の死んだ胎児が2〜6週間以上遅れる(約10%)のは、全般的な脱力感、めまい、発熱、悪寒が原因です。時折、下腹部にけいれん性の性格の痛み、腰部の痛みが現れることがあります。胎児の死亡後2〜6週間後に、特に妊娠の後期段階で、生殖管からの出血が定期的に、場合によっては子宮出血も現れる。

発生する病理学は乳腺の変化である可能性があることを認識してください。胎児の死亡から3日後 - 1週間で、乳腺が縮小し、痛みが軽減し、充血が止まり、そして初乳の代わりにミルクが現れることがあります。 25週間の妊娠期間の後、胎児の死は大量の初乳の充血と放出を伴うことがあります。

基礎温度を測定することによって、自宅での凍結妊娠を判断することもできます。これは初期段階では37.2〜37.3°以上に保たれています。中絶失敗の間の基礎温度はすぐに正常に戻ります。

妊娠していない妊娠を決定するためにどの試験に合格する必要がありますか?

妊娠が見逃されている場合、hCGの血液検査はいくらか重要です。ヒト絨毛性ゴナドトロピンは、受精卵の移植の24時間後にすでに栄養膜により合成される特定のホルモンです。通常の条件下では、hCGのレベルは妊娠6〜10週間で最大になり、その後徐々に減少します。

胚または胎児の発育が止まると、その指数は3から9倍に減少します。すなわち、妊娠期間に対応する基準を下回る6〜12週で8.6倍、13〜26週で3.3倍、28〜30週で2倍、 7回しかしながら、hCGについての分析の診断的価値は低い。分析を繰り返すとわずかに増加します。

尿中のhCG含有量の増加の決定は、家庭での迅速試験の根底にある。

妊娠検査は陽性ですか、陰性ですか?

迅速検査は濃度を示さず、尿中のホルモン濃度の増加のみを示します。胚発生の早期終了と共に、迅速分析は2〜3日後に陰性になるが、その後の期間では絨毛性ゴナドトロピンはかなりゆっくりと血液から除去され、そして試験は長期間(1ヶ月まで)陽性のままであり得る。

他の検査が行われることもあります - 胎児の死後3日目から4日目までに濃度が1.5から4倍に増加するアルファ - フェトプロテイン、そして栄養膜性のベータ1-糖タンパク質です。卵子の死亡直後の女性の血液中の後者の濃度は減少し、そしてそれが子宮内で3週間遅れると、それは4〜8倍減少する。

中絶を逃したときに中毒があるのでしょうか。

妊娠(中毒)は妊娠期間中に発症する多臓器不全の症候群です。それは母親の体の能力と胎児の発育から生じる必要性の妥当性との間の食い違いによって引き起こされます。

早期および後期妊娠中毒症の発症は妊娠中にのみ可能です。すでに存在する場合は、胎児の死亡、すなわち妊娠の停止とともに、妊娠中毒の原因も消失し、その症状は徐々に減少して消失します。

しかし、これらすべての兆候は十分に信頼できるものではありません。妊娠中絶を見逃していることの説得力のある兆候は、胎児の動きの停止または予想された時間内のそれらの欠如、ならびに身体的および機器的研究からのデータである。

К физикальным исследованиями, имеющим относительное значение для диагностики, относятся влагалищное исследование, при котором отмечаются при гибели плода на сроках менее 12 и до 20 недель:

  • 妊娠期間が16週の胎児の発育の停止後4〜5週間、および後期の期間の4〜8週間後に、粘膜のチアノーゼの重症度が減少する。
  • 出産していない女性で最大1〜1.5 cm、出産した女性で最大3 cm以上の子宮頸管の開示
  • 粘液褐色の形をした子宮頸管からの濃厚な分泌物。

より説得力のあるのは、妊娠の予想される時期からの子宮の増加またはその大きさの遅れの終了です。これは卵子の吸収による初期段階で、そして長期的には母親の血液への羊水の吸収とその浸軟の結果としての胎児サイズの減少のために観察されます。

女性の主観的な感覚が現れる前でも病理学を診断することを可能にする最も有益な診断方法は、特にhCGの血中レベルのための血液検査と組み合わせて、妊娠18日後から有益である経膣超音波法です。

病理学の遅い診断の危険性は何ですか?

特に子宮内に死亡した胚が長期間(2〜4週間以上)滞在した場合、中絶の見逃しの結果は深刻になる可能性があります。感染や敗血症、凝固障害(DIC)、出血などが発症する可能性がありますが、これらは女性の将来の生殖機能の予後、子の健康および家族の維持に悪影響を及ぼすだけではありません。

合併症は、女性自身の健康への脅威であり、そして彼女の人生への重大な危険です。合併症の重症度および頻度ならびにそれらの影響は、妊娠期間の長さおよび死んだ卵子、胎児または胎児の子宮内での滞在期間の増加と共に増加する。

中絶を逃した後の治療

診断は、女性の即時の準備と生命を脅かす状態の積極的な治療を必要とします。治療の意味は、死亡した卵子を退避させ、付随する子宮内膜炎を排除することを目的とした抗炎症療法を実施することによって、発生していない妊娠を慎重に終わらせることです。

これらの目的のために、子宮頸部の器械的拡張および真空吸引、または子宮の真空掃除、最長12週間の妊娠の見逃しがある。親水性拡張器を用いて、またはプロスタグランジンの合成類似体を用いて、続いて真空吸引して子宮頸部を調製することも可能である。後者は、壁および子宮底の掻爬術(掻爬術)および受胎遺跡の避難の伝統的な器械的外科的方法が使用される場合にも推奨される。しかしながら、見逃し中絶中の日常的な掻爬掻爬は、移植領域における子宮内膜の構造的および機能的劣等をもたらす。

妊娠期間の最長6週間(ロシアの特定地域では最長9週間、海外 - 最長12週間)の子宮を解放する最善の方法は、中絶です。これらの目的のために、合成ステロイド抗プロゲストゲンミフェプリストンおよび合成プロスタグランジンアナログ「E」の経口および膣内投与の種々のスキーム1ミソプロストール。この方法は80%以上効果がありますが、感染の兆候がない場合、血液凝固の違反、重度の貧血、肝臓または腎不全の場合に使用できます。

いずれかの方法を適用した後、対照子宮鏡検査または超音波検査を実施する必要がある。晩期(第2学期 - 13〜22週)の中断は、主に出産を促進する方法の1つによって行われます。

  1. 胎内(胎児の膀胱腔内へ)または塩化ナトリウムの高張(20%)溶液またはその使用に対する禁忌の場合 - 頸部を通してブドウ糖の投与(経子宮頸管アクセス)または前から挿入した針を使用腹壁(経腹部アクセス)。頭蓋内法が最も最適で効果的です。
  2. プロスタグランジン(ミソプロストール)の内側または(効果がなければ)プロスタグランジン(ミソプロストール)の適切な用量の単回投与、または反復投与量の内側での膣への後者の投与、またはミフェプリストンとミソプロストールの組み合わせ。
  3. プロスタグランジンに属するジノプロストの羊内投与または羊膜外投与2そして、子宮筋層に顕著な刺激効果をもたらします。
  4. 子宮頸管の拡張の後、オーバーレイは特別な鉗子の助けを借りて(それが開かれた後に)胎児膀胱の提示部門に置かれる。この方法は、以前の方法に対する禁忌の場合、またはそれらの使用の効果がない場合に使用されます。

さらなる治療の原則は以下の通りです:

  • 構造、分泌機能および子宮内膜受容活性を回復させるための、ホルモン避妊薬またはプロゲステロン薬の併用
  • 広域抗生物質および抗菌薬(保護された半合成ペニシリン、セファロスポリン、マクロライド、イミダゾール誘導体)、ただし慢性子宮内膜炎またはその悪化の原因となる因子が検出された場合のみ
  • 非ステロイド系抗炎症薬を含む抗炎症療法
  • 体の免疫状態の矯正に寄与する薬、
  • 膣の微小中心静脈瘤の矯正の手段
  • 微小循環の回復、組織再生の正常化、それらの代謝過程、および局所免疫を助ける薬や理学療法の方法。

見逃した妊娠の後、いつ妊娠することができますか?

その解決の期間は、新しい月経周期の初日と見なされます。彼女の月経が適切な時期に回復した後、時には彼らは1.5ヶ月で発生する可能性があります。しかし、妊娠の次の計画は6ヶ月以内に推奨されるべきではありません。

これは、適切な治療が行われたときに、病的状態の結果として生じた変化および障害(ホルモンの変化および心理的障害、子宮内膜炎など)の後に回復が起こる最小期間である。

それを保護するためには、経口避妊薬(「Regulon」)、および活性型の葉酸 - カルシウムレボフォラトーム(「Yarin Plus」および「Jes Plus」)との組み合わせが推奨されます。これらの薬は、避妊効果に加えて、発達していない妊娠の解消後の子宮の子宮内膜層のリハビリテーションに関して他の良い性質を持っています。

  • 子宮頸管の粘液の粘性を増やし、子宮頸管の直径を小さくし、子宮頸管の長さを長くし、月経中の失血を減らし、子宮内膜と卵管の収縮の不調を解消することによって、生殖器内の感染性炎症過程を引き起こすリスクを減らす。
  • 無菌性炎症の発生リスクを大幅に低減する、局所免疫の要因(免疫グロブリン「A」および「G」)のより集中的な開発に貢献します。
  • 妊娠のまさしく防止は身体にプラスチックとエネルギー源を回復する時間を提供します。

6ヵ月以内に受胎が起こらないことは、母性での別の試みのより成功した実施のための本格的な準備に関して母体に機会を提供します。

予防

見逃した中絶を防ぐために、可能であれば、上記の危険因子、婦人科感染症や炎症プロセスの治療、膣環境の真正症の回復、ホルモンの矯正、身体の免疫状態の矯正、慢性的な体外性の病理学などを除外することができます。

習慣流産の女性および後者を計画する際にプロゲステロン欠乏症の方向におけるそれらの不均衡における性ホルモンの比率を修正するために、妊娠期効果を有するDuphastonが推奨されます。その有効成分はドロゲステロンです。

時宜を得たリハビリテーションで、67%の女性がその後流産するのを防ぐことは可能で、そうでなければこの数字はたったの18%です。

少なくとも1回の妊娠中絶を逃した女性は全員、包括的検査を行う必要があります。特に、含まれることと医学的な遺伝カウンセリングを受けることが必要です。

ホルモン不全に関連する病気

未発達の妊娠は、妊娠中の母親の体のプロゲステロン欠乏症で起こります。中絶の見逃しの原因には、過剰な量のアンドロゲンホルモンによって引き起こされるホルモンの不均衡があります。胎児の退色を防ぐために、一般的な検査を受け、乳児の計画の初期段階で必要なホルモン検査に合格することが推奨されます。したがって、ホルモンを適時に安定化させ、病的妊娠の発症を予防することが可能である。

冷凍妊娠 - 悲劇の原因

医者は胎児死亡のいくつかの主要な仮説を提案します。得られた遺伝物質の組織学的研究の助けを借りて彼の死因を確認することは可能である。しかし、その理由が証明されていないままであることも起こります。

胎児死亡に影響を与える最も一般的な要因は次のとおりです。

  • 遺伝性疾患妊娠8週で、胎児の重要な器官の形成。この過程が染色体異常を伴う場合、胎児の発育は止まります。このため、70%以上の胚が死にます。これは、両親のうちの1人からの悪い遺伝物質の移動または女性と男性の遺伝子プールの不適合性によって促進されます。 2度目の妊娠しなかった妊娠が女性で診断された場合、カップルは遺伝学への相談のために送られます。
  • ホルモンの不均衡健康な胚細胞の肥沃な分裂のために、女性の体は多くのプロゲステロンと少数のアンドロゲンを生産しなければなりません。このレベルで「内訳」が発生すると、胎児は死亡します。妊娠の計画段階でこの状況を解消することができるので、妊娠前の準備はこの病状の優れた予防策となります。
  • 感染症妊娠中の免疫力の低下は正常ですが、このため、女性はさまざまな病気にかかりやすくなります。この状況で特に危険なのは、風疹、インフルエンザ、サイトメガロウイルス、ARVIです。体の中毒、体温の上昇、病気の期間中の免疫システムへのストレスは、発達障害や赤ちゃんの死を引き起こす可能性があります。中絶の見逃しの症状は、病気の背景からは見えません。
  • エコ。医学は人工授精に大いに成功していますが、この妊娠方法はまだ完全には理解されていません。科学者はまだ子宮に移植した後に胚の頻繁な退色を防ぐことはできず、多くの場合、女性はIVFの手順を数回受けなければなりません。
  • 性感染症妊娠は性的接触を排除するものではなく、淋病、性器ヘルペス、クラミジアまたは梅毒に「追いつく」リスクがあります。病理学的経過の明らかな症状がないことがしばしば起こりますが、妊娠中に胎児は特別な理由もなく凍結します。このような状況では、女性は老人科医や感染症の専門家による検査を受けることをお勧めします。
  • 抗リン脂質症候群これはまれな自己免疫疾患で、リン脂質に対する抗体が過剰に産生されます。女性におけるこのような病状は、卵拒絶、未発達、または胎盤血管の閉塞を引き起こし、それが胚の死につながる。
  • 妊娠中の受け入れられないライフスタイル。この判断はどういう意味ですか?まず第一に、それは栄養不良、活動性の低さ、ストレスに対する抵抗力の欠如、過労、酸素の欠如、不快な下着、そしてもちろん悪い習慣です。これらの要因のそれぞれは、赤ちゃんの発育の停止に影響を与えます。

妊娠していない理由

早い段階で中絶を見逃しているのはなぜですか?そのような質問は若いお母さんを心配させて怖がらせます。その理由は実際にはかなりたくさんあります。

  • 遺伝的異常が主要な位置を占めています。彼らは最大8週間70%の訴訟で述べる。それらは遺伝性疾患を含む多くの要因、ならびにパートナーのうちの1人による麻薬の使用の結果と関連しています。遺伝学者や婦人科医によって提案されたスクリーニングやその他の検査を拒否しないことが重要なのはこのためです。

  • アルコール飲料の過剰な消費、喫煙もまた開発阻止を引き起こす可能性があります。母親が妊娠後に悪い習慣をあきらめることができない場合、それは特に危険です。
  • 薬は異常の発生を引き起こすこともあります。医者自身がどんな薬も拒否することを強く推奨するのはそのためです。例外は深刻な病気だけかもしれません、民間療法の治療は単に不可能です。胎児が胎盤によって部分的に保護されるようになる10日までと8〜10週後に、薬の効果がそれほど重要ではないことは注目に値します。ハーブに関しては、それらは医者の監督の下でのみ服用される必要があります、なぜならそれらのいくつかは胚の発達において崩壊または逮捕を引き起こすことができるからです。
  • 早い段階で中絶を見逃した原因は、母子のRh紛争にも見られます。女性が以前に中絶をしたことがあるならば、それで幸せな発達のためのチャンスはそれほど大きくない。子供に関連して母親の体によって産生される抗体は、時間が経つにつれて蓄積します。そして何度か中絶した後、そのような攻撃に抵抗することは妊娠した赤ちゃんにとって非常に困難です。
  • 生殖器系およびウイルス性臓器(ARVI、インフルエンザ)の両方の感染症は、生命の誕生のごく初期には深刻な脅威です。母親の体は新しい状況によってすでに弱っているので、病気になることはまったく難しいことではありません。しかし、高温の結果、ウイルス攻撃は非常に困難になる可能性があります。風疹は恐るべき敵であり、その場合、妊娠が凍結するだけでなく、胎児は重度の異常を発症する可能性があります。そしてすでにこの場合、母親は特別な子供を産むことができるかどうか、あるいは妊娠をやめるほうがよいかどうかを決めなければなりません。
小児に対する先天性風疹の影響
  • ホルモン障害その上、原因が正確にこの要因にある初期段階での非発達中の妊娠は、プロラクチンの欠如とテストステロンの過剰の両方のために停止するかもしれません。女性が月経周期の定期的な失敗を持っているならば、それは計画の間に検査されることと同様に概念の後にホルモンの状態を定期的にチェックすることが不可欠です。
  • 生産における有害な要因、飛行機への飛翔、糖尿病、体重の増加、ストレス - これらすべての要因が病理学の発達を引き起こすこともあります。

自己免疫病理

妊娠していない妊娠の主な原因は自己免疫病変です。自己免疫疾患があると、女性の体は他の人の細胞ではなく自分自身の細胞を阻害する抗体を産生します。胚は母親の染色体の50%しか与えられていないので、その細胞は胎児を攻撃し、その子宮内死をもたらす。自己免疫性の最も一般的な疾患の1つは慢性自己免疫性子宮内膜炎です。この疾患は、子宮の子宮内膜に炎症性の病理学的過程を引き起こし、これは患部の破壊および線維化によって複雑になる。

病状を発症するリスクが高い女性

しかし、これに限らず、妊娠がなぜ早期に止まるのかという疑問に対する答えがあります。医師は以下を含む特定のリスクグループを割り当てます。

  • 35歳以上の高齢または将来の母親、
  • 過去に複数の妊娠中絶を受けた
  • 前回の妊娠中に異所性だった場合
  • 子宮の先天異常の存在下で。

1つまたはすべての要因が存在する場合、女性は常に医師の監督下に置かれます。

早い時期と遅い時期の中絶の見逃しの症状

未発達の妊娠には、通常の流産のような兆候がないため、女性は妊娠に何か問題があることにすぐに気付くことはありません。そして死んだ胎児が分解し始め、女性の生殖器官に害を及ぼすことがあるので、それはその健康への深刻な脅威です。しかし、いくつかの特徴的な症状がまだ存在し、非常に注意深い女性は間違いなくそれらに気付くでしょう。それらの性質と厳しさは異なるかもしれません。

妊娠中の女性の有害な習慣

たばこ、薬、アルコールを含む飲み物はパートナーの1つの染色体の状態に非常に頻繁に影響を与えるので、悪い習慣は衰退妊娠の考えられる原因の1つです。 Специалисты рекомендуют женщине исключить из употребления спиртное и наркотические средства минимум за 6 месяцев до предполагаемого зачатия. Во избежание замершей беременности пациентке также стоит отказаться от работы во вредной среде.

Какие признаки укажут на замершую беременность

Печальнее всего тот факт, что симптомы замершей беременности на ранних сроках неярко выражены. したがって、妊婦は胎児の状態の変化に気付いていないかもしれません。追加の検査を調べて処方した後で、有資格の医師だけが胚発生の不在を述べることができます。

あなたは初期段階で未発達の妊娠の症状を探すべきではありません、そしてそれ以上に、さらにあなたの友人に助言を求めたりフォーラムで尋ねたりしてはいけません。いずれの場合も、すべてが純粋に個々のものであり、多くの要因に依存しています。

胎児の退色を診断するための有益な方法

徴候図だけでは妊娠の衰退の事実を立証することは不可能です。したがって、最初の疑いで、女性は検査のために送られます。そして徹底的な診断の後にだけ、女性は凍った妊娠の後にきれいにされます。

診断手順は次のとおりです。

  • 婦人科検査での診断の確認。対照婦人科検査では、多くの場合、医師は子宮の大きさが確立された妊娠期間と一致せず、血液分泌物が生殖管から来ていることに気付きます。これは胎児発育の後退を確認するかもしれません。しかし、オプションとして、それは生きている胚との脅迫的流産を示すかもしれません。したがって、それはまだ追加の研究です。
  • 超音波の過程における診断。 8週間後に妊娠することで、胎児に心拍がないことと発生上の異常の可能性を確実に判断できます。しかし、5週間未満の期間は超音波の完全な写真を与えません、そして専門家は胚またはその活発な活動の兆候を見ないかもしれません。したがって、妊娠の最初の数週間で、診断を確認するために、血液検査がhgchレベルについて行われる。
  • hgcレベル検出で診断。妊娠期間ごとに血中濃度の厳密な基準があります。したがって、胎児の退色を判定するために静脈血検査をすることで十分です。同時に、見逃した妊娠でのhgchレベルは妊娠中ではない指標に対応します。

冷凍妊娠治療

中絶を逃した女性の管理戦術は、妊娠期間、女性の身体的および心理的状態によって異なります。

診断が早くなされ、待つ時間があるならば、女性は医者の監督の下で病院の状態に置かれます、そして、数日以内に自然流産が予想されます。期間が8週間未満の場合は、中絶は特別な準備の助けを借りて行われます。

3〜4日後、これが起こらない場合、女性は全身麻酔下での妊娠中絶の間に清掃のために送られます。これは単純な婦人科的操作で、原則的に妊娠中絶に似ています。処置の14日後、超音波検査を行い、子宮がきれいで炎症の兆候がないことを確認します。

その後、女性は入院し、抗生物質、ホルモン療法(必要に応じて)、および鎮静薬の処方を受けます。病理学の原因に応じて、中絶を逃した後もさまざまな検査が割り当てられます。. これは、感染症を隠すための塗抹標本の採取、一般的な血球算定などのホルモン研究です。

重要です! 死んだ胚を取り除くことは、医療監督の下でのみ許されます。子宮を減らすためのハーブやホルモン剤の自己投与は、急速な出血や血液感染を引き起こす可能性があります。

凍結妊娠 - 女性への影響

女性の深刻な合併症は、医師への治療が遅れているだけです。診断が時間通りに行われ、そして治療が正しく処方されれば、将来の女性は容易に妊娠し、本格的な赤ちゃんを産むことができるでしょう。このような状況で最も困難なことは、赤ちゃんの死因を特定し、それが再び起こらないように努力することです。

女性はしばしば質問に興味を持っています、もう一つの見逃された中絶はありえますか?医師は、これが胚の死因が排除されなければ何度も起こり得ると全会一致で答える。したがって、この問題は包括的に検討されなければなりません - 調査され、病気にかかっている人々を治療し、遺伝学を訪ね、そして肯定的な結果を主張するためです。

生まれたばかりの赤ちゃんの喪失は、女性にとって大きなショックです。それは生殖器系だけでなく心理的な背景にも影響を及ぼします。したがって、治療に加えて、女性は現在の状況を受け入れるために長い時間が必要です。中絶を見逃して生き残った女性は何をすべきかわからないことが多いので、彼女は愛する人の支援や心理学者の助けを必要としています。

薬と外的要因

自己投薬、医薬品の管理されていない摂取、服用量の不順守は、胚に害を及ぼし、妊娠していない妊娠を引き起こす理由の全リストではありません。中絶の見逃しのリスクを高めるその他の前提条件は次のとおりです。

  • その状況における患者の容認できない生活様式(食事不良、絶え間ない疲労、ストレスなど)、
  • 年齢(22歳から27歳の女性は、30歳以降の女性よりも急激に卵子が放出される可能性ははるかに低いです)。

早期および晩期の凍結妊娠の症状は何ですか?

女性の感覚は通常と区別できないことが非常に多いため、患者は凍った妊娠で何週間も歩くことができます。子宮内のこの時点では、胚の組織の分解の遅いプロセスがあり、それは最終的には身体の一般的な中毒の症状の形で現れ、最悪の場合は出血、女性の生命にとって危険です。

妊娠しなかったことのいくつかの兆候は、医師なしで自宅で独立して認識することができます。妊娠していない妊娠の一般的な徴候は次のとおりです。

  • 血まみれのパッチで放電
  • 嗜眠、悪寒、
  • 37.5度からの温度
  • 腹部に局在する鈍い痛み
  • 嘔吐および吐き気の突然の停止(中毒症の存在下)
  • 乳腺に不快感がない、
  • 胎児の生活の兆候の欠如(かき混ぜる)。

1期

多くの患者は、妊娠初期に凍結妊娠が発生する時期に関心があり、それによって病的状態の出現が引き起こされ、そして早期妊娠における凍結妊娠の主な兆候は何であるか。確かに、最初の学期は最も危険であると考えられています、なぜならそれは主に3〜5週間か8〜10週間の間であり、そして病理学はそれ自体が現れるからです。妊娠中期の妊娠症状が薄れる

  • 痛みと退院。患者に腹痛がある場合、彼女は血まみれのパッチで退院することで邪魔されます、彼女は直ちに救急車を呼ぶべきです。
  • 温度が上がる。妊娠が止まると、その女性は全身倦怠感を覚えます。ほとんどの場合、それは凍った妊娠中の体温が死んだ胎児の組織の分解に関連した炎症の発生により亜熱帯値(37.5-38度)まで上昇するという事実によるものです。

2学期および3学期

12〜15週目から、妊婦は胎児の最初の動きを待っています。第20週の前に運動がなければ、それは最初の妊娠の間に邪魔されるべきではありません。この時間以降、動きがない場合は、予定外の診察が必要です。

赤ちゃんの動きが突然停止した場合、患者は婦人科医に表示されるはずです(後期の流産失敗の最初の兆候)。風邪の症状のない軽い発熱も患者に直ちに医師の診察を受けるべきであることを示しています。

診断方法

診断を下し、医学的過誤を排​​除するために、女性は追加の検査を受ける必要があります。以下の研究方法により、胎児死亡の事実を確認または否定することが可能です。

  • 検査もしあれば、子宮の測定、女性の全身状態の評価、そして退院の性質を含みます。医者は、見逃した中絶を胎盤の剥離と混同することで間違える可能性があります。
  • 超音波専門家は5週間の期間の胎児の心臓のリズムを決定することができます。超音波中に信号がないということは、中絶を逃したことを示している可能性があります。短期間で、超音波を実行している専門家はミスをするかもしれません。
  • じゅう毛性ゴナドトロピンの血液検査婦人科医は標準検査の結果だけでは正確な診断を下すことができないため、妊娠中の女性が病的状態に疑われる場合は、一定の時間間隔でhCGの分析を数回行うことをお勧めします。これは、hCGの成長または衰退の動態を追跡するために必要である。

診断を確認した後にすべきこと

診断を確定すると、多くの女性が緊張し始め、次に何が起きるのかわからない。まず第一に、女性は子宮から卵子を削除する必要があります。最長で8〜10週間、妊娠中絶の治療には特別な錠剤や坐剤の処方が必要ですが、それによって臓器の筋肉を収縮させて卵子を放出させることができます。

12週間を超える期間、患者は真空中絶を受けることが推奨されます。この手順は、特殊な真空吸引を使用して局所麻酔または全身麻酔を使用して行われます。超音波検査が子宮腔内の胎児組織の残骸を検査する場合、掻爬術は14日後に女性の検査を繰り返して行われます。

リハビリ期間

胎児が凍っている場合、女性は以下を含む長いリハビリ期間を持つでしょう。

  • 出席している婦人科医への定期訪問。
  • 必要なすべての試験の合格。赤ちゃんが子宮内で凍った理由をはっきりさせるには詳細な診断が必要です。女性は潜伏感染について検査されるべきであり、内分泌系の側で起こりうる病状を診断するために内分泌科医に連絡する必要があります。採血に加えて、患者は、細菌叢、骨盤内臓の超音波、および甲状腺の泌尿生殖器塗抹標本を与えられるべきです。
  • 女性による良好な栄養の原則、ビタミン複合体の使用、中程度の身体運動の順守。
  • 精神感情的状態の安定化多くの患者は、STが繰り返されることを非常に恐れています。恐怖の背景に対して、妊娠することへの彼らのすべての試みは失敗に終わります。この場合の女性は、主に彼女の夫と愛する人からの心理的支援を必要とします。
  • その後の治療子宮を掃除した後、医師は子宮内膜の構造と機能を回復させるためのホルモン的手段、抗菌薬と非ステロイド系抗炎症薬、そして理学療法技術を含む長期的な包括的な治療に頼ります。

上記のすべてのリハビリテーション対策は、2回目の妊娠中の胚の逮捕を排除するのに役立ちます。多くの女性が主催する婦人科医に興味を持っていますが、胚が鎮静してから2ヶ月後に妊娠することができるようなものがあります。

それにもかかわらず、女性は急ぐ必要はありません。専門家らは、前回の失敗した試みから4〜6か月以内に次の概念を計画することができると言っています。身体的および心理的側面を含む身体の完全な回復は、6ヵ月後に初めて起こります。

女性の子宮内に胚がある場合は、この状況から最初の6ヶ月間は経口避妊薬の併用が推奨されます。効果を高めるために、医師はほとんどの場合カルシウムベースの薬levomefolataを処方します。

女性への影響

基本的に、流産を見逃したことの深刻な結果は、専門家に連絡が遅れた患者にあります。非発達中の妊娠に伴う用語は何ですか?この質問に明確な答えを与える、医師はできません。何人かの女性は子宮の中で成長していない胚を数週間過ごすかもしれません、彼らの状態に注意を払わないで。しかし、胎児が2〜4週間で発達が遅れ、女性が警告サインを無視すると、彼女は危険な合併症を発症する危険にさらされます。その結果は次のとおりです。

  • 感染の広がり
  • 敗血症のリスク
  • DICの開発

失敗した中絶を防ぐことは可能ですか?

成功した出産と健康な赤ちゃんの誕生 - 両親と専門家の両方の仕事。胎児の凍結を防ぐために、女性はまず第一に主治医のすべての勧告に従う必要があります。予防策は次のとおりです。

  • 構想の計画期間に遺伝学の分野の専門家を訪問する。これは、両方のパートナーの染色体に起こり得る病理学的異常の発生を防ぐため、必要な試験に合格するため、そして必要ならば特別な治療を受けるために必要である。
  • すべての悪い習慣の拒否、中程度の身体活動、免疫力の向上。
  • あなたの医者と相談して葉酸を使用する。ビタミンの受容は、赤ちゃんの内臓の奇形の発生を排除します。

近づいている災害の症状

それ以降の期間では、彼女はすでに子供の動きを感じているので、女性がナビゲートする方が簡単です。初期の頃は、これは非常に問題がありました。妊娠が凍っているとき、その最初の学期の徴候はそれほど深刻でない逸脱に類似しているかもしれません:

  • 中毒を通過します、
  • 胸が腫れなくなった
  • 基礎温度低下
  • けいれん性の痛みが現れ始めた
  • 血の出血が見られました(妊娠初期の退院中の退院は、全く同じ濃度と赤褐色です)。
  • 全体的な体温の上昇

これらの症状のいずれかが検出された場合、女性はすぐに医者に診てもらうべきです!妊娠の兆候がなくなった場合、これはまたママに警告し、専門家を訪問する理由になるはずです!

妊娠中の女性は病理学の発達の間に何を感じますか?

女性の中絶を逃した感覚は非常に異なっています。そのようなことが初めて起こったのか、それとも以前に似たような状況が起こったのかという事実にも影響されます。疲労、無関心、熱 - これらすべて、いずれにせよ、将来の母親に警告する必要があります。

病状の進行を示すすべての症状が誤っている可能性があることは注目に値します。ただちに大惨事の対処法に慣れる必要はありません。かなり頻繁に彼らはそれほど深刻ではないものに似ていることが判明した、または体は単に再構成します。

胎児衰退の診断

医者だけが早い時期に見逃された中絶をどのように認識するかを正確に知っています。このために、彼は次のことをします。

  1. 彼は女性を診察し、子宮の大きさ、分泌された粘液の状態を評価し、そして基礎体温を測定するよう依頼するでしょう。
  2. あなたが標準からの逸脱を疑うならば、医者はテストのために尿を渡すために妊娠中の女性を送ります。しかし、初期段階で凍結妊娠をしているhCGは、胎児の死亡後数週間は完全に正常範囲内にある可能性があることは注目に値します。それでも、より多くの場合、尿検査は最初の学期には特徴のない過小評価されたホルモンレベルを示すでしょう。
  3. 調査の最後の段階は超音波です。超音波検査の助けを借りて、心臓が胚の中で鼓動しているかどうかが明らかになります。

言うまでもありませんが、妊娠初期の見逃しテストでは、同じ2つの縞模様が見られます。これもまた、尿中のhCGのレベルに関連しています。

専門家が診断に満足した後、彼は母親のために必要な一連の処置を選択し、そしてまた将来彼女が新しい妊娠の準備をするのを助けます。

胎児が凍った場合医師は何をしますか

凍った妊娠が初期段階でどのように現れるか、そして受胎の瞬間からの日数に直接依存して、医師は最も代替的な治療方法を選択します。確かに、そのような診断を確立するとき、私たちはすでに母親の命と健康を守ることについて話しています。主な治療方法は2つあります。

  • 流産を引き起こす薬の助けを借りて。それは8週間まで適用されます。
  • 真空中絶(真空吸引)。麻酔下で、女性は真空吸引を使用して子宮を洗浄します。

いずれにせよ、有害な影響を避けるために(超音波によって示される羊膜嚢の残りを掻き取る)子宮をきれいにすることが必要であるので、専門家の援助が必要になるでしょう。

3つ目の選択肢があります。女性自身でさえ、妊娠していることに気づく時間がありません。これは自然流産です。胎児がほとんど人生の最初の日から凍っているならば、体は異物のようにそれを拒絶することができます。この場合、女性は月経の遅れに気付くだけです。時には医師は、身体に再び干渉しないように、自然流産を待って患者の状態を観察することを好む。

医者に間に合わないのはなぜ怖いのでしょうか。

時々、女性は、中絶を逃した結果が彼女の初期段階でどれほど深刻であるかを完全には認識していません。しかし、必ずしも体自体が果物を拒絶するわけではありません。発生しなくなった胚が長い間子宮内にある場合、中毒の発生はかなりありそうです。この場合、体温が上がるだけでなく、女性は激しい痛みと脱力感に苦しみ始めます。血液が胎児の崩壊の要素に感染するまでの時間を遅らせることはかなり可能です。

Если срок беременности более 6 недель, то в этом случае у женщины есть все шансы заработать дессеминированное внутрисосудистое свертывание (синдром ДВС). Опасность заключается в том, что кровь теряет способность к свертыванию. В результате женщина может умереть от кровотечения.

Как предотвратить замирание плода при беременности

夫婦は、彼女が初めて親になる準備をしているのか、それとも子供をもうけているのかにかかわらず、検討されるべきです。彼がリスクを減らし、答えを与えることができるようになること、彼らの場合の早い段階で見逃された中絶を回避する方法。ホルモン、遺伝子スクリーニング、骨盤内超音波検査、感染症用血液、その他のサプリメントは両親の病歴に基づいて割り当てられます。急性呼吸器ウイルス感染、インフルエンザ、風疹、水痘などの病気の後、最大6ヶ月間は妊娠することを控えることも推奨されます。

前の妊娠が胚の発達を止めることに終わったなら - あきらめないでください!適切な計画を立てれば、普通に出産する機会は80%-90%です。そして、どのように早い時期に見逃された中絶を防ぐかは、ペアを維持することに関与している婦人科医に伝えます。

胎児の発育停止後の妊娠

医師は、夫婦が専門の専門家への訪問を無視せず、一連の治療を受け、さらに悪い経験後6ヶ月間は子供の考えを放棄することを条件としない限り、妊娠の良い機会を予測しない。平均して、そのような期間は、詳細な検査と衰退している妊娠の原因を見つけるためだけでなく、母親の身体の身体的回復のためにも必要です。

それは悲しいことですが、100%の確実性で、妊娠の終了の理由について正確に言うことは非常にまれです。しかし、両親は絶望する必要はありません!ストレス、有害な要因を避け、そしてまた検討されることを忘れないでください - そしてあなたがすべてを持ってみましょう、そして赤ちゃんは健康で幸せに生まれます!

疑いを持たせるには、妊娠初期の初期段階では反対のことが茶色になることがあります。子宮は凍った胎児を取り除こうとしています。

掻爬の原因は直接流産、流産の失敗、流産の結果(胎盤の残留物の除去)でもある。

そして5週間前に見逃した中絶を計算することは非常に困難です。胚の心拍はまだ決まっていません。

Loading...