人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

胎児の頭が低い:これはどういう意味ですか?一般的な説明と推奨事項

低い胎児の位置はいつでも診断することができます。妊娠終了時(37週間後)には、これは絶対的な基準であり、予後的に良い値さえあります。子供が低くなると、子宮と子宮頸部の下部に機械的な圧力がかかり、子宮頸管の短縮と開口の準備に役立ちます。

37週までの子供の低い位置の検出は早産で満ちています、この状態の理由は以下に隠されるかもしれません:

  • 子宮の緊張の増加
  • 子宮の構造の異常(中隔の存在、両角または単角)
  • 肉体的な運動:過労、重量挙げなど
  • 子宮頸管は閉鎖機能を失いますが、分娩前夜のように下の部分が構造を取ります。
  • 多胎妊娠、そのうち2人、3人の赤ちゃんが子宮内に余分なスペースを必要とするため、彼らは臓器と首の下の部分により多くの圧力をかけます。結果として、子宮頸管は予想より早く開くことができ、それは果実を下に動かすのを助ける。

胎児の位置が低いために、次のようなことが起こります。

  • 一次または二次は子宮の緊張を高める
  • 子宮頸管が開くことができ、それが羊水の破裂を引き起こします。

その結果、時期尚早の労働が発生する可能性があります。ママへの影響は通常最小限です。 そのような早産は子供にとって危険です: すべてのシステムと臓器の未熟さは、出生後の命、高い割合の障害、そして将来の深刻な健康問題を脅かします。

場合によっては、女性が妊娠して妊娠に耐えることができます。。しかし、37週まで、彼女はまだ未熟児を産む危険性があります。

低胎児の場所の症状:

  • 下腹部、会陰の圧迫感、
  • 頻繁に排尿したい、
  • 胃が沈み、子宮底の高さがそれよりも低くなり、その結果、胸やけが軽減され、呼吸が容易になり、そして息切れが最近の運動ほど強くなくなります。
  • 周期的または一定の子宮の緊張。
そして - 週までの子宮底の直立の高さ、B - 内臓に対する胎児の位置。

このような不満がある場合は、医師に相談してください。 状況を確認するには、以下のことを行う必要があります。

  • 婦人科用椅子の検討通常、最長37週間で、胎児の下半身は高くなり、膣のボールトを通してほとんど圧力をかけずに容易にはじき出されるはずです。提示部分を下げるときは、すでに固定されています。加えて、子宮頸部の構造的変化は非常に頻繁に確認されている、それは柔らかくなりそして短くなる。これらすべてが早産の脅威の証拠です。
  • 超音波同時に、出産の前夜と同様に、提示部分は低く定義されます。子宮頸管の長さを測定するときは、その短縮によって決定され、そして内咽頭および子宮頸管が開かれる。

胎児の位置が低い包帯 - 治療法ではありません。早産を予防し、子供のさらなる体位を低下させる可能性のある対策の1つです。。次のような場合に使用することが特に重要です。

  • 35〜36週後に胎児の頭(骨盤)の位置が低い、
  • 複数の妊娠と。

あなたは普遍的な分娩前後の包帯を使用することができます。それをサイズで拾い、夜にそして水平位置にある時に離陸することが必要です。

妊娠を維持する他の方法:

  • ベッドレスト。あなたはトイレに上がり、食事をしてシャワーを浴びることしかできません。水平位置では、胎児の提示部分は下側セグメントにそのような強い圧力をかけない。これは妊娠の維持に貢献します。
  • ペッサリー取り付け (略してRAP - 荷降ろし産科ペッサリー)。子宮頸部のこのリングは、様々なサイズの硬質プラスチック、シリコーン、(女性の性器の解剖学的構造に基づいて選択される)であり得る。
  • ペッサリーを取り付けた後、胎児の優勢な部分からの圧力が首だけでなく製品の表面全体にすでに加えられている。それは子宮頸部の構造変化を遅らせ、妊娠の維持に貢献します。必要に応じて、32〜35週目までの任意の期間に設置できます。

  • 子宮頸部の縫合。 16から20〜22週の期間に重ね合わせた。それは胎児の提示部分が低いかもしれない間、坐骨頸部不全のために使用されます。それは文字通り首が開くのを防ぐ内部のosの領域の円形の縫い目です。病院に重ねられました。

追加の保存療法には以下が含まれます:

  • マグネシア療法:10〜12日までの経過を伴うマグネシア溶液を静脈内に滴下する。
  • 鎮痙治療:No-shpa、Papaverin、Drotaverinなどの薬物は個々の計画に従って使用されます。
  • 細胞溶解療法:「Ginipral」は、経口投与用の静脈内注射または錠剤の形で使用され、子宮の緊張を取り除き、したがって妊娠の維持に貢献します。

この記事を読んでください。

低い胎児の位置の原因

低い胎児の位置はいつでも診断することができます。妊娠終了時(37週間後)には、これは絶対的な基準であり、予後的に良い値さえあります。それは、赤ちゃんがすでに出産の準備をしていることを意味し、その頭(提示部分)は女性の骨盤の大きさに対応しており、下がっています。

子供が低くなると、子宮と子宮頸部の下部に機械的な圧力がかかり、子宮頸管の短縮と開口の準備に役立ちます。

37週までの子供の低い位置の検出は早産で満ちています、 この状態の理由は、次のように隠されている可能性があります。

  • 子宮のトーンが上がる。この場合、子宮筋層は子供に圧力をかけ、彼は急いで下降します。
  • 子宮の構造の異常例えば、子宮の中隔、両面または片面の存在は、子宮の上部、下部への赤ちゃんの配置を妨げ、その結果、彼は下部に追加の圧力を加え、小さな骨盤の出口に移動する。

  • 身体活動過労、体重の増加、その他の同様の活動は、胎児の体位が低い傾向があります。
  • 頸部機能不全。この場合、子宮頸部はその閉鎖機能を失います。下の部分は出生前と同じ構造になっています。これにより、子供は重力の作用で倒れます。
  • 多胎妊娠。 2人、3人の赤ちゃんは子宮内に余分なスペースを必要とするので、彼らは子宮と首の下の部分により多くの圧力をかけます。結果として、子宮頸管は予想より早く開くことができ、それは果実を下に動かすのを助ける。

そして、ここで早産の原因と結果についてもっと詳しく。

ママと子供にとって危険な立場とは

胎児の頭またはその他の部分(原則として、臀部および脚)の低い位置は、子宮および頸部のより低い部分へのさらなる圧力をもたらす。 その結果、次のことが発生する可能性があります。

  • 一次または二次は子宮の緊張を高める
  • 子宮頸管が開くことができ、それが羊水の破裂を引き起こします。

その結果、時期尚早の労働が発生する可能性があります。ママへの影響は通常最小限です。そのような早産は子供にとって危険です:すべてのシステムと臓器の未熟さは生後の彼の命、高い割合の障害、そして将来の深刻な健康問題を脅かします。

場合によっては、女性は子宮内の子供の位置が低いため、妊娠に合格し、それに耐えることができます。しかし、37週まで、彼女はまだ未熟児を産む危険性があります。

赤ちゃんが低いことを理解する方法

時には、女性は絶対に頭の低い位置や胎児のお尻に邪魔されることはできませんが、ほとんどの場合、彼女は単に自分の状態に注意を払っていないか、すでにそれに慣れています。 病理学の主な症状は次のとおりです。

  • 下腹部、会陰の圧迫感、
  • 頻繁に排尿したい、
  • 腹が下がる:子宮底の高さがそれよりも低くなり、結果として胸焼けが軽減され、呼吸が容易になり、そして息切れが最近の運動ほど強くなくなります。
  • 周期的または一定の子宮の緊張。

このような不満がある場合は、医師に相談してください。 状況を確認するには、以下のことを行う必要があります。

  • 婦人科用椅子の検討 通常、最長37週間で、胎児の下半身は高くなり、膣のボールトを通してほとんど圧力をかけずに容易にはじき出されるはずです。提示部分を下げるときは、すでに固定されています。加えて、子宮頸部の構造的変化は非常に頻繁に確認されている、それは柔らかくなりそして短くなる。これらすべてが早産の脅威の証拠です。
  • 超音波検査 この場合、出生前夜の場合と同様に、提示部分は低く決定される。子宮頸管の長さを測定するときは、その短縮によって決定され、そして内咽頭および子宮頸管が開かれる。

包帯を助ける方法

胎児の位置が低い包帯は治療法ではありません、それは早産を防止し、子供のさらなる低下を防ぐための可能な手段の1つです。 次のような場合に使用することが特に重要です。

  • 35〜36週後に胎児の頭(骨盤)の位置が低い、
  • 複数の妊娠と。

あなたは普遍的な分娩前後の包帯を使用することができます。それをサイズで拾い、夜にそして水平位置にある時に離陸することが必要です。

他の場合には、包帯に加えて追加の治療が必要である。

このビデオで出生前包帯の装着方法と装着方法を確認してください。

妊娠を維持する他の方法

低い位置が検出される期間に応じて、子宮頸部の状態と女性の不満 以下の治療法の選択肢があります:

  • ベッドレスト。これは女性にとって最も一般的で簡単な勧告です。子供の位置が非常に低く、子宮頸部の構造が変化しているため、厳密なベッドレストを処方します。あなたは食事とシャワーのためにトイレにのみ登ることができます。水平位置では、胎児の提示部分は垂直部分のように下の部分に強い圧力をかけない。これは妊娠の維持に貢献します。
  • ペッサリー取り付け (RAPと略される - 産科用ペッサリーの荷降ろし)。子宮頸部のこのリングは、様々なサイズの硬質プラスチック、シリコーン、(女性の性器の解剖学的構造に基づいて選択される)であり得る。
  • ペッサリーを取り付けた後、胎児の優先部分からの圧力が首だけでなく製品の表面全体にも加えられる。それは子宮頸部の構造変化を遅らせ、妊娠の維持に貢献します。必要に応じて、32〜35週目までの任意の期間に設置できます。

  • 子宮頸部の縫合。 16から20〜22週の期間に重ね合わせた。それは胎児の提示部分が低いかもしれない間、坐骨頸部不全のために使用されます。それは文字通り胎児の側からそれに圧力をかけても首を開くことはできません、それは文字通り首を開くことはできません内部のosの領域内の円形の縫い目です。それは病院の状態でのみ課されます。

医師を診察して、赤ちゃんの体重が少ないという事実を確認した後、早産の脅威が確認された場合は、上記に加えて、追加の保存療法が行われます。 それには以下が含まれます(時には一度にいくつかのポイント)。

  • マグネシア療法:10〜12日までの経過を伴うマグネシアの解決策は、静脈内に滴下しています
  • 鎮痙治療:No-shpa、Papaverin、Drotaverinなどの薬物は個々の計画に従って使用されます。
  • 細胞溶解療法:「Ginipral」は、経口投与用の静脈内注射または錠剤の形で使用され、子宮の緊張を取り除き、したがって妊娠の維持に貢献します。

そして、胎盤とへその緒の異常が何であるかについての詳細。

子宮内での赤ちゃんの位置が低いと、早産につながる可能性があります。したがって、状態が検出または疑われる場合は、主に妊娠の維持を目的とした有資格の医療支援について医師に相談する必要があります。バリアントと治療方法は、タイミングと臨床状況に基づいて個別に選択されます。

胎児の頭が低い:これはどういう意味ですか?

妊婦が婦人科医からのそのような声明を聞くと、彼女はほとんどの場合パニックに陥ります。これは絶対に不可能です。胎児の頭の低い位置は病理学ではありません。そのような状態はあなたの胎児に害を与えません。ただし、そのような機能が見つかった場合は、特定の推奨事項に従う必要があります。

診断

胎児の頭の低い位置を独立して決定することは可能ですか?この質問に対する答えは否定的です。医師は、女性がこの特徴の存在について疑いを抱くかもしれないと言います。しかし、検査後に初めて胎児の頭が低いと言うのは安全です。この状態を判断する方法は2つあります。

定期的な骨盤診察の間に、医者は子供の位置を決定することができます。頭痛の症状を呈して、経験豊富な産科婦人科医は、赤ちゃんの体が入り口から頸管までの距離を判断します。

この検査では、胎児の頭が低いこともわかります。この場合、医者は子宮頸部の状態を決定し、超音波プロトコルでその位置を説明しなければなりません。

赤ちゃんの頭が低い場合はどうなりますか?

この機能が見つかった場合、妊婦は治療を処方されないことがよくありますが、医師は常に勧告や助言を与えます。妊娠期間によって、それらは異なる場合があります。子供が低いときの行動方法を考えてみましょう。

身体活動の制限

胎児を骨盤に時期尚早に落とすとき、女性は常にどんな負荷でも制限するように勧められます。スポーツトレーニングを放棄し、リラックスした生活を送ることが必要です。重いものを持ち上げてかかとの中を歩くことは固く禁じられています。

性的接触の拒否

この機能を持つ妊娠中の母親は、セックスを拒否することをお勧めします。そのような行為の間に、子宮は非常に減ることができます。これは子宮頸管の時期尚早の開放に寄与する。

生まれたばかりの子供の低い頭が生殖器への入り口を押して、子宮頸部の拡大を引き起こします。

赤ちゃんの頭を低くするとき、女性は鎮静剤を飲むことをお勧めします。これらは、薬物「バレリアン」と「マザーウォート」の手段を含みます。これらの薬は、生まれたばかりの赤ちゃんにとって完全に安全です。

これらの薬は専門家の勧めで服用するべきです。自己瞑想しないでください。それ以外の場合は、状況を悪化させることしかできません。

子供が低いときは、常に包帯を使用することをお勧めします。この装置は、薬局や薬局で購入することができます。包帯は優しく大きな腹を支え、赤ちゃんが時期尚早に出現するのを許しません。

包帯は妊娠の後半にしか使用できないことは注目に値します。装置を身につけることは常に水平位置で必要です。この場合のみ、効果は最大になります。

頭の早すぎる下降に対する治療

頸部の時期尚早の開放または短縮が始まった場合にのみ矯正が行われる。だからこそ、この診断を受けた女性は常に医師の監督下に置かれるべきです。

治療は「ペッサリー」と呼ばれる装置が子宮頸部に置かれることです。彼は誕生まで子宮頸管を元の位置に保ちます。これは、子供の早産を防ぐのに役立ちます。

通常の妊娠経過

通常、胎児の頭は妊娠36週後、さらには38週後に骨盤に落ちます。この場合、女性は推薦をしないで、普通の生活を送ることを許されます。そのような出来事の結果によって、子供は満期で出産の準備ができているということは注目に値します。

胎児の頭痛

骨盤への胎児の頭部の位置は自然な出産のために最も有利です。そのような立場にはいくつかの種類がありますが、いずれにせよ、頭は出生時に出てくるでしょう。顔、後頭部、前頭葉、前部のプレゼンテーションがあります。どのような形態でも、頭を下げて骨盤に強く押し付けることができます。これは胎児の低い位置と定義されます。

このタイプのプレゼンテーションは、頭の拡張子によっていくつかのサブタイプに分けられます。

  1. Переднеголовное – проводной точкой является большой родничок, и такой вариант положения плода благоприятный, но остается риск травмы ребенка и матери, так как роды длительные, требуется исключить гипоксию.
  2. 胎児の低頭前頭提示 - この選択肢は、子供の頭の骨盤内への進入を特徴とし、前頭部が最も幅広く、ワイヤードとして機能します。そのような場合、自然出産が危険にさらされている、帝王切開が処方されています。
  3. 顔の低いプレビア - あごが主導的な領域である場合にこのタイプの場所が診断されます。自然な出産は、母親の骨盤の十分な幅の条件で可能です、そうでなければ外科的分娩が示されます。

標準外の位置は、妊娠、胎児の未発達、多羊水症および他の子宮内異常によって複雑化された、母親の側の侵害によって引き起こされ得る。遺伝的要因も重要です。この属において同様の症例がすでに観察されている場合、不適切な提示のリスクが高まります。

赤ちゃんの頭の異常な場所は、分娩の数週間前によく見られる診断の兆候です。専門家は触診と超音波によって子供の位置を決定します。妊娠はまた改善された幸福と関連付けられるある変更を感じる。胎児が下がると、呼吸しやすくなり、胸焼けや胸部の不快感がなくなります。

出産前に胎児の頭の低い位置を誘発するもの:

  1. 女性の骨盤の解剖学的構造の特徴
  2. 分娩直前の子宮内の炎症過程。
  3. 妊娠初期の運動量の増加
  4. 多胎妊娠。

この特徴はいくつかの徴候を持っています;彼女が注意深く身体の変化を扱うならば、女性は独立して低い頭の位置を決定することができます。

マニフェストの仕方

この症状の主な症状は、出産の数週間前の下腹部の痛みと不快感です。女性は、子宮の伸張が不十分で胎児の頭に圧力がかかるために出血を観察することがあります。

胎児の低プレビアは出血を伴う早期胎盤剥離を誘発することがあります。リスクは酸素欠乏の脅威であり、それは内臓の形成に悪影響を及ぼす可能性があります。

女性は全体的な健康状態の改善に気づくかもしれません、息切れがなくなり、胸が重くなり、呼吸がしやすくなります。しかし、すべての不快な症状は消えませんが、低くはなりません。状態の改善とともに、下腹部に痛みがあり、骨盤に圧力がかかります。

強い頭圧があると、女性は胃腸管、下痢、鼓腸の問題を抱えることがあります。この場合、対症療法が行われます。頭の低い位置が唯一の徴候であるならば、予防策が指定されます、それは自然な出産のために十分でしょう。

危険はありますか

赤ちゃんの頭の位置が不適切であっても、それが他の胎児の病理学的特徴と関連していなければ、危険はありません。フロントタイプの後頭部プレゼンテーションでの出産が好ましいでしょう。その位置と女性の骨盤との間に最適な関係が作り出されるので、この位置は頭を容易に通過させる。

小さな骨盤に出ると、頭が曲がり、あごが胸に近づきます。子供が通り過ぎると、小さな春が先頭になります。曲がったとき、それはその最も小さい部分を通り過ぎて、出口でまっすぐになります、それから肩は向きを変えられ、そして頭は母親の太ももの方へ向きを変えられます。肩帯を通過した後、赤ちゃんの胴体と脚はすでに簡単に外れます。

前頭プレゼンテーションの場合、自然出産は極めてまれです。彼らは時間がかかり、子供や女性の骨盤内臓に損傷を与える可能性があります。自然出産時の前頭葉症状は予後不良で、子宮破裂や胎児仮死のリスクがあります。

妊娠中のための推奨事項

小児の前頭位置が低いため、女性は出産の数週間前に産科婦人科医による継続的な観察のために病院に行くことが推奨されています。激痛の訴えがある場合は、出血超音波検査を行います。妊娠の前頭葉提示の検出が長引くにつれて、医師は子宮の外で機能するために子供の肺を準備する。

悪化要因のない頭の低い位置は自然な出産の可能性に影響を与えません、しかし産科婦人科医はまだ女性を観察します。

小児または母親側の異常を特定する場合、専門家は帝王切開の合理性を考慮します。これは、子供の頭への外傷、および母親の子宮の破裂を除外します。

出産直前に、骨盤内臓器への圧力が腸の不調を引き起こす可能性があるため、特別な食事が女性に割り当てられています。妊娠中の女性には、肉体的および心理的な安らぎ、良い睡眠、そして体の負荷の排除が見られます。

低プレビアを検出した瞬間から、妊娠中の女性には包帯を着用することをお勧めします。これは、骨盤内の臓器に対する子供の圧力を軽減し、子宮の緊張を軽減します。

低い胎児の頭の位置:原因、結果

低胎児プレビアは婦人科医によって行われた非常に一般的な診断です。赤ちゃんの頭を骨盤に落とすのは時期尚早ですか、それとも病理学ではないので邪魔されるべきではありませんか?

通常、赤ちゃんは妊娠の終わりに向かって、生後1〜4週間前に子宮の出口に落ちます。医者は、胎児の頭が低くて動かない、または弱く動くときに、子宮の触診によってこれを判断することができます。女性自身が、子宮が少し下がったことに気付くかもしれません、それは呼吸するのがより簡単になりました、胸焼けは減少しました。これがすべての標準です。しかし、多くの場合、女性はすでに妊娠中期に胎児の頭の低い位置について言われています。この場合、多くの医師は女性を中絶の危険にさらします。そのような診断のために、胎児の低い提示だけでは十分ではありません。女性は不満を持っている必要があります。これは、例えば、長くて痛みを伴う子宮の緊張です。または、子宮頸管を短くしなければなりません(2 cm以下) - 超音波スキャンで経膣プローブが検出されます。この場合、治療は病院で行われ、目標は妊娠をできるだけ長くすること、そして必要ならば母親の子宮の外側での生活のために胎児の肺を準備することです。特定の時間の前に、頸部閉鎖を行うことができるか、または特別な指輪を使用することができる。

胎児の低頭痛症状が妊娠中絶の脅威の可能性のある唯一の症状であるが、それが女性の幸福を悪化させる場合、医師は様々な治療方法や予防方法を推奨するかもしれません。多くの場合、子供の頭の強い圧力で、女性は痔の悪化を経験する可能性があります。これを防ぐために、医師は女性に便秘が起こらないように適切に食べる方法を説明します。まず第一に、勧告は繊維が豊富な食品の頻繁な使用、ならびに十分な量の水分と適切な身体活動の使用に関するものです。また、包帯の着用は非常に積極的な役割を果たしている、それは同時に胎児の頭の圧力を軽減し、また子宮緊張の発生率を減らす。

そして排尿の増加はどうですか?それはより困難ですが解決もされています。たとえば、すぐにはたくさん飲まないように慣れたり、夜の睡眠の直前に飲酒することを少し制限したりできます。

これが回避できるかどうか、胎児の低い位置の原因を突き止めるために残っています。残念ながら、母親の骨盤の解剖学的特徴が原因となるため、避けることは不可能です。しかし、これらの機能にもかかわらず、医師が設定した配達日までに多くの女性が問題なく自分の子供を着ることができません。

病理学の機能

胎児の低所見は、産科診療ではかなり一般的です。通常、この臨床状態は、胎児がすでに十分に大きいときに、妊娠後期に検出されます。

赤ちゃんが子宮内でどのくらい低い位置にあるかを判断する方法はいくつかあります。最初のものは手動です。それらは古代から何世紀にもわたって医師によって使用されています。産科婦人科医、そのような研究を行っています。

この診断手順の間に、医者は赤ちゃんの頭がどこにあるかを評価します。それが低すぎる位置にあるならば、それは子宮の中で低い赤ん坊の提示があると結論付けられます。経験豊富な医師はまた、胎盤の位置、およびそれがどの子宮壁に主に付着しているかを決定する。胎盤は子宮の前部、後部または側壁に付着させることができる。

超音波検査を実施することによって胎児の低い有病率を判定することも可能である。 この場合、超音波スペシャリストは、赤ちゃんの体の主要部分の位置を特定するだけでなく、その大きさも測定します。赤ちゃんが子宮内で低すぎる場合、それは必然的に評価され、医療報告書に記入されます。

子宮内の胎児の位置が低いのは、絨毛膜の最初の移植が少ないためである可能性があります。この場合、受精卵は子宮の底に付着せず、下に下がり始めます。妊婦の子宮の構造の解剖学的欠陥または子宮内に存在する生殖器官の慢性疾患もまた、胎児のこの位置に寄与し得る。

胎児の有病率が低い妊娠の経過は異なる場合があります。一人の女性は複数の不快な症状を経験するでしょうが、他の人はかなり冷静に出産期間を過ごします。妊娠の進行は多くの要因に左右されます。

場合によっては、将来の母親が腹部に痛みを感じることがあります。通常、重いものを持ち上げた後やちょっとした散歩の後に発症します。概して、安静時には、この症状はそれほど頻繁には発生しません。

腹部の痛みが生殖管からの出血の出現を伴う場合、それは非常に危険です。 このような状況では、妊娠中の女性は医療援助を求めることを躊躇しないでください。激しい腹痛を経験した場合は、積極的な運動をしないでください。現時点ではソファーに横になって深呼吸をすることをお勧めします。

胎児の低い有病率で起こる妊娠は、生殖管からの定期的な軽い出血の発生によって複雑になる可能性があります。この場合、女性は通常、彼女の下着に濃い赤または茶色の放電の外観に気づきます。

この状況が何度も繰り返される場合、妊婦はこれについて彼女の産科婦人科医に知らせなければなりません。

繰り返し、小さな出血でさえ貧血状態につながる可能性があります。貧血は、最も妊娠中の女性と彼女の赤ちゃんの両方にとって非常に不利な病理です。この状況では、子供の重要な臓器への酸素の供給が減少し、それはさらにその発達に悪影響を及ぼす。

起こりうる結果

胎児のプレビアが低いので、妊娠の経過と進行を監視することは非常に重要です。医師がそのような機能を決定する将来の母親は、必然的に拡張された一連の勧告を形成するでしょう。彼らの妊娠中の女性が出産するのを観察しなさい。

胎児の低い有病率で起こる妊娠は、かなり普通に進行することがあります。その経過は、将来の母親が導くライフスタイル、および彼女の初期の状態に大きく依存します。妊娠開始前に女性の体が弱っていた場合、出産時の合併症の可能性が高まります。

胎児の低罹患率の発症と共に妊娠が起こると、早産のリスクを減らすことが非常に重要です。低胎児症状と診断された多くの女性は中絶の脅威に直面する可能性があります。医師がそのような状態を確認した場合、妊婦は病院に入院することができます。 治療の主な目的は妊娠をできるだけ長く保つことです。

赤ちゃんが生き生きとして生まれるためには、子宮内発育に一定の時間が必要です。この間に、肺はついに胎児に形成され、小さな心臓でさえも機能し始めます。早産の自然発生の間に赤ちゃんの重要な器官がまだ不完全に形成されているならば、新しい生息地で彼の人生に本当の脅威があります。臓器のそのような未発達はまた、子供における重大な発達障害の形成を脅かす。

胎児感染症のプレビアが低いと危険です。 赤ちゃんが外性器に近いほど、子宮腔での感染の危険性が高いことを理解することが重要です。 妊娠中に低い胎児症状を示した妊娠中の母親は、個人衛生の規則の順守を監視することが非常に重要です。

早産の危険性が高すぎ、妊娠期間がまだ短い場合は、特別な保持リングを妊婦に装着することができます - それは性器に挿入され、子宮内の子供の追加の固定を提供します。

この方法はあなたが子供を産むことができる瞬間に妊娠をもたらすことを可能にしますすでに実行可能です。

何をすべきですか?

痔核または便秘は、有病率の低い多くの妊娠中の女性が遭遇する非常に一般的な迷惑です。赤ちゃんが大きくなればなるほど、子宮は直腸を強く圧迫します。そのような機械的な絞りは、トイレへの移動が不規則になるという事実に寄与する。何人かの女性は彼らが腸の動きがあるとき彼らが痛みを開発することに気づく。

これらの有害な症状に対処するために、妊娠中の母親は慎重に彼らの食事と飲酒計画を監視する必要があります。 腸内の食物の移動を正常化すると、野菜や果物に大量に含まれている繊維を助けます。植物油で味付けされた野菜サラダは、メインミールのほかにも素晴らしいものです。繊維を定期的に摂取すると、便が改善されます。

病理学または機能?

通常の妊娠中、胎児は出産する前に数週間落ちますが、時にはそれはより早い時期に起こります。この状況でパニックに陥り、経験することはそれだけの価値がありません、胎児の低い場所は病理学には当てはまりません。これはおそらく特定の女性の身体の特徴です。

ただし、この機能を使用すると、婦人科医は早産の危険因子を除外しません。その理由は、子供の頭が子宮頸部を圧迫し、その開示に寄与しているためです。多くの場合、妊娠中の女性は下腹部に鋭い痛みを感じますが、これは心配する必要はないはずです。

もう1つの危険は、赤ちゃんの頭が低いと酸素欠乏の危険性があり、それが子供の発育に悪影響を及ぼすことです。重要です! この間、妊娠中の母親は医師の監督下に置かれ、細心の注意を払う必要があります。

入院治療

中絶の脅威は次のとおりです。

  • 痛みを伴う長期にわたる子宮の緊張
  • 短くなった子宮頸管(2センチ未満)、
  • 出血、これは胎盤剥離の症状です。

この場合、女性の治療は、妊娠および子供を保護するために薬物を使用して病院で行われる。場合によっては、子宮頸管を縫合したり、特別な指輪を付けたりして、婦人科医が設定した生年月日前に子供に知らせることができます。

医師のすすめとアドバイス

この機能の検出時に医師は薬や治療を処方しないでください。しかし、妊娠中の女性の不快な状態を減らすためには、経験豊富な産科医の勧告や助言に耳を傾ける必要があります。

運動を減らす:

  • トレーニングやジムへの訪問を拒否する
  • おもりを持ち上げないでください
  • ハイヒールで歩かないでください。

性交を拒否するには、性交中に子宮が大幅に減少するので、これは子宮頸管の開口部に寄与する。

精神的な休息。心配や心配なしに妊娠の過程に貢献します。赤ちゃんに害を与えない鎮静剤(バレリアン、マザーウォート)の服用もお勧めです。

包帯を身に着けていることは妊娠中の腹を支え、子供が前もって現われることを防ぐ特別な医療包帯です。包帯はあらゆる薬局か医療サービスで購入することができ、売り手はサイズおよび目的に従って包帯を選ぶのを助けます。包帯を身に着けていることは頻繁な子宮収縮を防ぎ、子宮頸部への赤ん坊の頭部の圧力を減らす。

包帯は妊娠の2番目の期間中にのみ着用されるべきであり、そして体の筋肉が弛緩した状態でもっぱら水平位置で着用されるべきです。

子供の罹患率が低いと、痔核が悪化する可能性があります。医師は強くお勧めします:

  • 食事を見直す
  • 繊維を多く含む食品を摂取する
  • 少しずつあることが多い
  • 十分な液体を飲む
  • 身体活動は小さいはずです。

Так как низкое предлежание плода давит на мочевой пузырь, то беременные женщины испытывают учащенное мочеиспускание. В этом случае врачи рекомендуют:

  • пить небольшими порциями,
  • ограничить употребление жидкости непосредственно перед сном.

低胎児症状は早産ではありません。妊娠中の母親は、婦人科医の勧告に耳を傾け、すべての要件を満たし、さらに深刻な問題が発生した場合は必ず専門家に連絡するようにしてください。

統計によると、このような機能を備えた女性の大多数は、安全に出生前に赤ちゃんを身に着けています。

Loading...