婦人科

薬用肝炎

Pin
Send
Share
Send
Send


20世紀に入って、製薬業界は大きな一歩を踏み出しました。さまざまな化合物が合成され、使用された薬の有効性と安全性に関する臨床データが蓄積されました。同時に、いくつかのグループの薬物が標的臓器にプラスの効果を及ぼし、同時に肝細胞に炎症を引き起こすことが注目されました。最初の症例は、下剤であるオキシフェニサチンによる治療の後に説明された。この病理は薬用肝炎と呼ばれます。

ICDコード10 - K71中毒性肝障害。

薬物性肝炎とは

薬物性肝炎(薬物誘発性肝炎)は、肝細胞に対する薬物の毒性化合物の作用とそれに続く炎症反応の進行およびそれらの中での壊死によってさえ起こる肝障害である。
急性と慢性の2つの形態を区別するのが通例です。急性は、胆汁鬱滞性、細胞溶解性および混合性に分けられる。
統計によると、薬物性肝炎の症状は28%の患者さんの治療を複雑にする可能性があり、25%の患者さんは肝硬変につながる可能性があります。

女性は肝臓にそのような損傷を受けやすく、男性より3倍頻繁にそれに苦しんでいます。

性別に加えて、発生率は以下の影響を受ける可能性があります。

  • 遺伝的素因 - 薬を服用した後に親の1人が薬肝炎を発症した場合、子供はこの物質から肝障害を受ける可能性があります。
  • 慢性肝炎の歴史
  • 薬の組み合わせ。同時に6つ以上の薬を服用している間に、薬に起因する肝炎を発症する確率は80%に達することができることが証明されています、
  • アルコールを飲む
  • 妊娠

薬物性肝炎の発生機序

肝細胞に炎症が起こるのはなぜですか?これは体の解毒作用によるものです。肝細胞では、有害化合物を代謝物に変える特別なタンパク質である酵素を使用して、有毒化合物の中和と除去を行います。多くの場合、これらの代謝産物は元の化学物質よりも肝臓に対してより顕著な有害作用を及ぼします。

長期にわたる治療、最大投与量、薬物の組み合わせ - 肝細胞の酵素活性を低下させる要因。肝臓はその機能を果たさなくなり、毒性物質が細胞内に浸透し、構造形成を破壊して炎症を引き起こします。

どのような薬が肝障害を引き起こす可能性がありますか?

薬物性肝炎はあらゆる薬物を引き起こす可能性がありますが、最も肝毒性の高い薬物のグループがあります。

  • 抗生物質 - 最も有毒な化合物は四環系(テトラサイクリン、クロルテトラサイクリン、ジキシシリン)、マクロライド系(エリスロマイシン)、ペニシリン系(アモキシシリン)、
  • 抗結核薬(イソニアジド、リファンピシン)。これらの物質は、同時に適用されると、おそらく自己免疫反応により、肝臓の壊死を引き起こす可能性があります。
  • 細胞増殖抑制薬(シクロスポリン、メトトレキサート)、
  • 抗真菌剤(ケトコナゾール、フルコナゾール)。肝臓損傷は、薬の長期使用(4週間以上)、より頻繁には60歳以上の患者で発生する可能性があります。
  • 非ステロイド系抗炎症物質(ジクロフェナク、アスピリン)、
  • 利尿物質(フロセミド、ヒポチアジド)、
  • ホルモン薬(経口避妊薬、ステロイド)、
  • 抗不整脈薬(アミダロン)
  • 抗糖尿病薬
  • プロトンポンプ阻害剤(オメプラゾール)
  • てんかんや発作の治療薬(クロナゼパム、カルバマゼピン)。

薬物性肝炎の症状

この病気の特別な、具体的な兆候はしていません。臨床症状は肝炎ウイルスの病因と同一です。

最も一般的な症状は以下のとおりです。

  • 食欲不振、吐き気、吐き気、糞の性質の変化(下痢、便秘)、体重の減少、
  • 一般的な倦怠感、弱さ、
  • 右側に重さや強度の異なる痛み
  • 皮膚および目に見える粘膜の変色(黄変、灰色)
  • 尿と糞の色の変化(糞の変色、尿の濃い色)、
  • 皮膚のかゆみ、クモの静脈、発疹。

症状は十分に有益ではないので、正確な診断を下すためには、研究室および機器による研究方法に頼るべきである。

薬物性肝炎の診断

この病気の現代の診断のいくつかの原則があります。肝障害の徴候が最小限であるように見えるので、トランスアミナーゼ、アルカリホスファターゼ、およびビリルビンの活性が増加する生化学的血液検査が必要です。

腹部臓器の超音波検査は、肝臓のびまん性の拡大を明らかにすることができます。生検は薬物性肝炎の診断に使用できますが、組織学的な変化はありません。肝毒性に使用される薬を分析することが必要です。概して、そのような薬物の廃止は肝機能の正常化をもたらす。

肝炎では、アルコールを完全に排除しながら十分に食べることが、流れをできるだけ制限するために非常に重要です。

  • コレステロール(卵黄、内臓)、
  • エッセンシャルオイル(ニンニク、玉ねぎ)、
  • プリン(強いスープ)
  • シュウ酸(ココア、チョコレート、濃いお茶、コーヒー)。

これらの要件は、ロシアの科学者M.Iによって開発された特別な番号の食事 - 表番号5に対応しています。 Pevznerom。

すべての料理は蒸すか煮てください。
食事は5回に分けて均等に分けてください。
食事は以下の化学組成を含みます:

  • タンパク質90〜100グラム(うち60グラムの動物)
  • 脂肪80〜90グラム(うち30グラムは野菜)
  • 炭水化物350から400グラム(最大80グラムまでの砂糖)。

どのようにしてこの栄養素のバランスを保つことができますか?この種類の食事療法はどんな食糧を許可しますか。牛肉、ウサギ、鶏肉、七面鳥:食品中の肉製品から、あなたは低脂肪または無脂肪の肉を使用することができます。タンパク質の高い栄養価のために食事に魚を含めることが重要です:パイクパーチ、ヘイク、タラ、ポロック、マグロ。あなたは肉と魚料理を交互にすることができます。ヨーグルト、ケフィア、低脂肪カッテージチーズを使用して、乳製品の量を200グラムに制限します。食事療法はスープの使用を含みます:菜食主義者、乳製品、果物、シリアル、ピューレ。主な条件 - 強いスープがない。

炭水化物成分は、お粥(そば、オートミール、米、マナ)、パスタ、パン(ふすま、ライ麦、乾燥小麦の1または2年生)、野菜(じゃがいも、ニンジン、ビート、カリフラワー、カボチャ、カボチャ)によって補給されます。

食事療法はクリーミーな、精製された植物油の使用を可能にします。塩の使用を4グラムに制限する必要があります。

表5は合理的で健康的な食事であるため、長期間使用できる長期食です。

薬物性肝炎の飲酒療法

栄養の規則に加えて、体内の水分と電解質のバランスを保つことが重要です。

十分な量の液体のために、胆汁の粘度は減少し、その酸性度は正常化され、それは炎症過程の減弱に寄与する。

硫酸ミネラルウォーターは、胆汁形成を正常化し、コレステロールやビリルビンを体内から排除するのに役立ちます。この化学成分は腸の蠕動運動を刺激し、それによって肝臓への毒性負荷を軽減します。マグネシウムの含有量が高いミネラルウォーターは、胆汁系の痙性成分を除去し、胆汁の流出、その粘性および化学組成を正常化し、それが肝臓の中和機能を改善します。飲酒治療は、空腹時に1日3回200ミリリットル投与され、水温は40〜45度の範囲でなければなりません。一日の液体の総量は2リットルを超えてはいけません。

ミネラルウォーターは、皮膚や粘膜への化学的刺激物質の作用が反応、いわゆる内臓や内臓系からの神経反射反応を引き起こすときに、お風呂の形で使用することができます。コースは通常12手順を超えない、水温は35〜36度、期間は10〜12分です。微小要素が皮膚を介して血管床を貫通し、肝臓に入り、そこで抗炎症効果を有し、そして胆汁の粘度および化学組成の正常化に寄与することが証明されている。
しかし、肝臓の機能を正常化するためには、食事と飲酒の体制だけでなく、適度な運動、適切な安静、通常の睡眠、および悪い習慣の拒絶も重要です。

薬用肝炎の治療

肝疾患の症状の場合の最初の課題は、肝毒性薬の検出と中止です。原則として、その後しばらくの間、肝臓サンプルと患者の状態に改善が見られます。しかし、有害な化学物質は肝細胞の膜や細胞小器官を損傷するため、それらを修復して毒性作用に対する耐性を高めるためには、肝保護剤を使用する必要があります。

その作用が臨床的に証明されており、無作為化試験で安全性が確認されているこれらの薬を使用することをお勧めします。これらの薬剤には肝細胞の壁に直接組み込まれて肝細胞の活性を回復させる必須リン脂質(Essentiale、Enertiv)が含まれます。アミノ酸アデムチン(Heptral)は、それ自身の内部リン脂質の合成を促進します。治療は、肝臓に対する胆汁酸の毒性作用を軽減するウルソデオキシコール酸製剤(Ursofalk、Ursosan)を補給することができる。

肝毒性薬による長期治療では、隠蔽療法を使用することが重要です - 起こり得る合併症の発生を待たずに、肝臓にプラスの効果を及ぼす薬を直ちに使用します。

腸内吸収 - 有害な化合物を結合、不活性化、除去するプロセス - を実施することが重要です。活性炭、Enterosorb、Polysorbなどの吸着剤を使用して処理が行われます。輸液療法は、解毒効果を高めるために使用されます - 塩化ナトリウム、ブドウ糖溶液、ソルビトールの静脈内投与。

薬物性肝炎の予防

この病状の進展は、肝毒性作用を有する可能性のある薬物の使用に直接依存しているので、医薬品の合理的な使用、血球数のモニタリングおよびモニタリング、起こり得る副作用のモニタリングは、疾患の予防および早期発見に寄与する。悪い習慣、食事、肝保護剤の予防コースを拒否すると、薬物性肝炎の可能性が減少します。

有毒薬物の適時な拒絶、適切に処方された食事療法および治療は、肝細胞の機能の完全な回復に寄与する。しかしながら、肝硬変、肝不全の発症および死亡を伴う、特に重篤な疾患の症例が記載されている。

薬用肝炎は、副作用を最小限に抑えて実績のある薬を服用することで回避できる肝障害であることを覚えておくことが重要です。投与量と治療期間の選択に関する指示に厳密に従ってください。肝障害に特徴的な症状を感じた場合は、この病理を自宅で治療しようとしないで、専門家に相談してください。

薬用肝炎

薬物誘発性(薬用)肝炎は、反応性炎症の発生および肝細胞の壊死を伴う、薬用物質の代謝産物による肝細胞への毒性損傷の結果としての肝臓組織への損傷である。薬物性肝炎は、進行中の薬物療法を1〜28%の症例で複雑にし、12〜25%の症例では肝硬変および肝不全の発症をもたらす。女性は薬物誘発性肝炎を男性より2〜3倍頻繁に発症します。薬物性肝炎の研究と治療は、消化器病学 - 肝臓病学の特別なセクションを扱います。

薬物性肝炎の発症原因

体内の肝臓の最も重要な機能は、血液に入ってくる有害物質の中和と中和です。化学的および生物学的毒素の代謝および利用は、肝細胞の酵素的中和システムの作用下で起こり、その後の体からの有害な生成物の排除を伴う。有毒物質の利用過程は肝臓でいくつかの段階で起こり、その間に代謝産物、すなわち生物変換の中間生成物が形成される。いくつかの薬の代謝産物は薬自体よりもさらに肝毒性があります。そのような薬物の長期使用またはそれらの高用量は中和酵素系の枯渇および肝細胞への損傷をもたらし、その結果として薬物誘発性肝炎が発症する。

今日までに、薬物誘発性肝炎の発症につながる1000を超える薬物の名前があります。薬物の作用の毒性は、2〜3種類の薬物を組み合わせて摂取すると増加し、6種類以上の薬物を同時に摂取すると、肝臓への中毒性損傷の可能性は80%まで増加します。薬を服用中の薬物性肝炎の発症率は数日から数年まで異なります。

薬物性肝炎の発症の危険因子には、あらゆる薬物に対する遺伝的に決定された過敏症、慢性肝炎の存在、ウイルス性肝炎、腹水症、アルコールまたは溶媒の毒性作用、薬物療法の背景に対する毒性ガス、妊娠、欠乏症が含まれる食事中のタンパク質、ストレス、腎不全、心不全など

薬物性肝炎を引き起こす薬物の主なグループは次のとおりです。

  • 結核治療(リファンピシン、イソニアジド)
  • 抗生物質:テトラサイクリン(テトラサイクリン、クロルテトラサイクリン、ジキシシリン)、ペニシリン(ベンジルペニシリン、アモキシシリンなど)、マクロライド(エリスロマイシン)
  • スルホンアミド(スルファメトキサゾール+トリメトプリム、スルファジメトキシンなど)
  • ホルモン(ステロイドホルモン、経口避妊薬など)
  • NSAID(ジクロフェナク、イブプロフェン)
  • 抗けいれん薬および抗てんかん薬(フェニトイン、カルバマゼピン、クロナゼパムなど)
  • 抗真菌薬(アムホテリシンB、ケトコナゾール、フルオロシトシン)
  • 利尿薬(ヒドロクロロチアジド、フロセミドなど)
  • 細胞増殖抑制薬(メトトレキサート)
  • 不整脈、糖尿病、消化性潰瘍などの治療のための準備。その他の

肝毒性作用を持つ薬のリストは、これらの薬によって使い尽くされるにはほど遠いです。薬物性肝炎は、実質的にあらゆる薬物、特にいくつかの薬物の組み合わせによって引き起こされる可能性があります。

薬物性肝炎の予後と予防

重篤な症例では、薬物性肝炎の激しい発症または肝実質の大量壊死、肝硬変、肝不全、および時には肝昏睡および死亡が発症する。ほとんどの場合、肝毒性薬を適時に中止すると、完全に回復します。

薬物性肝炎の予防は、追加の毒性作用を除いて、処方薬だけを服用し、副作用を監視し、薬物を合理的に使用することです。長期薬物療法の背景には、肝保護剤の任命が推奨されています。薬物を長期間服用することを余儀なくされた患者は、薬物誘発性肝炎を早期に特定するために定期的にトランスアミナーゼのレベルを調べるべきです。

一般的な情報

薬物中の毒性化合物の悪影響の下での肝細胞の死は、薬物または薬物性肝炎と呼ばれます。肝臓の違反を誘発するためにはどんな薬でも受けることができます。病気は2種類あります:急性と慢性。慢性薬物性肝炎もいくつかの種類に分けられます。

  • 胆嚢、
  • 細胞溶解性、
  • 混在

統計によると、薬物性肝炎は長期治療コースを有する患者の28%に起こり、そして患者の4分の1は肝硬変を発症する危険性が高い。肝疾患を発症するリスクを決定する要因は次のとおりです。

  • 悪い遺伝
  • 治療中のアルコール乱用
  • 中毒
  • ストレスの多い状況
  • 栄養不良
  • 慢性肝疾患、
  • 薬の間違った選択
  • 高齢者
  • 歴史の中で医療肝炎。

高齢者の薬用肝炎は、男性よりも女性の方がより頻繁に肝臓に影響を及ぼします。

科学者たちは、女性は男性より女性よりもC型肝炎に罹患する可能性が高いことを発見しました。この病気に対する遺伝的素因の理由は明らかではありません。薬物性肝炎は正しい薬物療法の選択を複雑にします。 Люди пожилого возраста подвержены лекарственному гепатиту по причине снижения интенсивности кровообращения в печени.

Этиология и течение

Возникновение воспалительного процесса в печеночных клетках связано со сбоем в фильтрующей функции печени. 通常の条件下では、肝細胞は、特定のタンパク質化合物の積極的な参加により、体内から毒性化合物を中和および排出します。有毒物質は代謝物に変換され、体から排泄されます。肝臓に大量に蓄積すると、代謝物は臓器の細胞を合成合成薬よりも強く損傷します。

長期投薬、高投与量、多くの薬剤の組み合わせ - 肝細胞の酵素活性の低下につながる主な要因。

肝細胞が損傷を受けると、臓器全体の機能が乱され、毒性化合物が組織に浸透して細胞レベルで構造を破壊し、炎症過程を引き起こします。ほとんどの場合、この病気は自己投薬と管理されていない投薬が原因で発生します。薬用肝炎は伝染性ではなく、ある人から他の人には伝染しません。医師は最も肝毒性が高い薬のグループのリストを確認しました:

  • テトラサイクリン、クロルテトラサイクリン、ジキシサイクリン抗生物質、
  • アモキシシリンを含む薬
  • 原始真菌薬
  • 抗炎症性非ステロイド薬
  • ホルモン薬
  • 糖尿病、利尿薬のための薬。

腎臓の炎症を伴う妊娠中の免疫低下は、肝炎の発症を脅かします。

薬物性肝炎の発症の速度と程度は、使用される薬物の特性とその計画におけるそれらの量、免疫系の個々の特徴、治療期間に依存します。妊娠中の女性の肝疾患、肝炎のリスクが高い。治療中のタンパク質の使用が不十分であることは、疾患の出現におけるさらなる要因です。

症状は何ですか?

同時に不快な症状と薬物治療が異常な肝機能を示している。そのような特徴的な徴候は薬用肝炎について話す:

  • 口の中の苦味
  • 食欲不振
  • 減量
  • 黄色い肌
  • 濃い尿色、
  • 右心気症の慢性的な痛み
  • 不眠症
  • 慢性的な疲労

薬物性肝炎の症状では、他のA型、B型およびC型肝炎と病気を区別する医師の能力が重要であり、治療は検査と診断の手順の後に医師によってのみ行われるべきです。自己治療は深刻な結果をもたらします:最悪の場合、肝臓の肝硬変または肝不全 - 死に至る。

診断手順

病気を診断するには、生化学的血液検査をします。血中の肝臓の侵害がトランスアミナーゼ酵素の量の増加を明らかにしたとき。この状態は肝臓の病理学的過程を示しています。ビリルビンの量が増加すると、アルカリホスファターゼおよびグロブリン画分は活性が増加する。

薬物性肝炎の鑑別診断は、他のさまざまなウイルス性肝炎、肝臓内の腫瘍、膵臓内の悪性腫瘍、胆石症に対して行われます。

長期間薬を服用しなければならない患者は、ASTおよびALTの検出のために定期的に生化学的分析を受けるべきです。肝機能障害が疑われる場合は、一般的な血液検査、尿検査、および糞便検査が行われます。腹部超音波検査必要に応じて、医師は追加の診断を処方します。

治療の特徴

薬用肝炎で行うべき主なことは、使用から有毒薬を識別し、排除することです。しばらくすると進行が観察されます - 肝臓の状態の改善が認められます。しかし、損傷を受けた肝細胞は回復が必要です。毒素の悪影響に対する肝細胞の耐性を高めるために、肝保護剤が処方されている。

薬物治療

肝炎症の薬物治療は肝保護剤の助けを借りて行われます。肝保護物質には、無作為化試験によって臨床的に証明され安全である物質が含まれます。これらの薬剤は必須のリン脂質 - 「エッセンシャル - N」、「エネティフ」に属します。それらの特性は細胞壁に統合し、細胞構造を癒しそして回復することです。そのような薬物は肝細胞の活性を活性化する。肝保護剤としては、Karsil、Legalon、Alloholが挙げられる。薬と予約の期間は、患者の病気の個々の写真に基づいて、医師によって処方されます。

食事と適切な栄養

リスクグループには、すでに薬物療法で肝臓の問題を抱えている人々、アルコールまたは薬物を使用している人々が含まれます。様々な理由で薬を服用することを余儀なくされた、そのような患者は薬物誘発性肝炎のために最高の予防薬を使用するべきです。主な予防策の1つは食事療法です。日常生活から排除する必要があります。

  • たばこ
  • アルコール、
  • ストレス
  • 食べ過ぎ
  • 辛い、甘い食べ物
  • 脂肪質の料理
  • 燻製肉
  • 缶詰
  • きのこ

指定された食事に固執すると、肝臓の痛みを取り除くことができます。

あなたはお菓子やペストリーをたくさん食べることはできません。薬物性肝炎の治療には、科学者Pevznerが開発した「Table 5」の食事療法が使用されます。その中で許可されているすべての料理は、それだけで蒸し煮または調理する必要があります。この食事療法の使用はすべてのビタミンとミネラルの必要な毎日の量を含むそのような製品の使用を含みます。 1日5回のレセプションでは、食事は均等に摂取されます。そのような製品の使用に基づいて:

  • 新鮮な野菜、
  • 穀物、お粥、
  • 鶏肉、鶏肉、魚

新鮮な野菜はジュースに置き換えることはできません。 1日あたり少なくとも2リットルの液体を飲む必要があります。薬用肝炎による断食は禁忌ですので、毎日の食事は少しずつに分けられます。薬物性肝炎の治療には、健康的で栄養価の高い食事療法が含まれます。毎日の配給には、平均100グラムのタンパク質、90グラムの脂肪、そして300〜400グラムの炭水化物が含まれています。

慢性肝炎ダイエットの治療

多くの臓器やシステムの一部に合併症を引き起こす無視された病気の排除は、専門的な医療を必要とする長いプロセスです。慢性肝炎食の治療は標準的な治療法です。患者には、医療栄養だけでなく、習慣や生活習慣を変えるための推奨事項も処方されています。

慢性肝炎の患者には5号食が処方されます。障害が悪化するならば、それから食事のより軽い形が使われます - No.5a。食事は食物の徹底的な機械加工と食事の数の増加に基づいています。

肝炎のための治療食の主な特徴:

慢性肝炎、肝硬変、肝不全

慢性肝炎の悪化

食事の数

蒸し、沸騰、焼き、煮込み

液体、ピューレ、固体

液体、ピューレ、ピューレ

上記の推奨事項に加えて、肝炎は喫煙とアルコール使用に対する絶対的禁忌です。患者は肝臓の過負荷を避けるべきです。

ダイエットの本質

食事栄養は、医学的勧告の厳格な実施を意味します。肝臓の慢性炎症に対する食事療法の本質は、臓器に対する外傷性および刺激性の影響を最小限に抑えることにあります。すべての患者はアルコールをやめる必要があります。人体に入るエチルアルコールの約70%が肝臓によって処理され、その働きと脂肪性ジストロフィーの混乱を引き起こします。食事は定期的に摂取する必要があります。規則的な食事摂取方法で体内の消化速度を合わせることができます。食べ過ぎは、特に就寝前には避けるべきです。

慢性(活動性)肝炎の食物 - 食事番号5A:

  • 辛い、揚げた、脂っこい、甘いの拒絶。
  • 食事は蒸したり、煮たり、焼き上げたり、煮込んだりする必要があります。揚げ物を食べることは禁忌です。
  • 食事療法では粗野菜食物繊維(キャベツ、キノコ、タマネギ、緑豊かな葉、ニンニク)を含む製品はいけません。
  • 許可されている製品:赤身の肉と魚、煮物と新鮮な野菜、シリアル、フルーツ、乳製品。

不活発な肝炎のための食事療法 - Pevznerの食事療法番号5:

  • 毎日の食事では脂肪が80g以下であるべきであり、それらの過剰摂取は胆汁の肝停滞を引き起こす可能性があります。
  • 煮物や焼き菓子の形で製品を使用することをお勧めします、あなたは蒸しと煮ることができます。
  • 非酸性の果物や果実、新鮮な野菜、野菜の使用は許可されています。
  • 許可されている製品:低脂肪の肉、魚、家禽、シリアル、乳製品、および鼓腸を引き起こさない食品。

適切に選択された食事は痛みを伴う症状を緩和し、治癒過程をスピードアップするのを助けます。医学的栄養は薬の使用を最小限に抑え、肝臓の通常の機能を回復させます。

慢性肝炎のための食事療法5

開始された炎症過程における肝臓の健康状態の回復は、複雑な医療処置からなる。慢性肝炎のための食事療法5は胆嚢炎および胆石症のために使用することができます。栄養の主な目的 - 肝機能の正常化、胆道および胆汁分泌。食事療法を控えることは腸および胃の仕事に有益な効果をもたらす熱処理された食物の使用を含みます。

ダイエット5は生理学的に完了しています。患者は、窒素含有抽出物、コレステロール、シュウ酸およびエッセンシャルオイルの豊富な製品を放棄する必要があります。食事療法は、高い脂肪親和性因子と食物繊維を含む食品でなければなりません。すべての料理は蒸したり煮たりしています;毎日5食を摂るべきです。

薬物性肝炎のための食事療法

肝臓における炎症過程の剤形は、肝毒性薬の長期使用により発生します。薬物性肝炎の食事療法は器官の細胞を元通りにする穏やかな食事療法を含む。肝実質は体内の多くの過程に関与し、それらはタンパク質、コレステロール、脂質およびリン脂質の合成に関与し、体内から内因性の要素を排出し、そして胆汁形成に関与している。薬物代謝産物は、炎症の発症、肝硬変、肝不全および細胞壊死の誘発に寄与する。

食事療法は病気の他の形態のために推薦される栄養の規則に類似しています:

  • アルコールとニコチンをやめなさい。
  • お菓子やマフィンの使用を最小限に抑えます。
  • 食事は揚げ物、辛いもの、燻製のもの、塩漬けのもの、漬物にしてはいけません。
  • 脂肪とコレステロールのレベルができるだけ低い食品を選ぶ必要があります。
  • 繊維が豊富な野菜や果物を毎日食べます。
  • 飽和脂肪やトランス脂肪を含む食品は避けてください。
  • 最低限の砂糖と塩を飲んで、少なくとも2リットルの水分を飲んでください。
  • 製品はよりよく蒸して、沸騰して、焼いて、シチューしている。

ほとんどの場合、薬物誘発性肝炎は女性で診断され、男性はこの種の病気にかかりにくいです。この疾患は、酵素系を中和する薬物を長期間使用することによって発症します。今日まで、3分の1の薬はすべて肝炎を引き起こす可能性があります。いくつかの薬を同時に使用すると、病気を発症するリスクが高まります。

アルコール性肝炎ダイエット

アルコールの長期使用による肝臓の炎症性損傷はアルコール性肝炎を引き起こします。それは有毒な形を指します、しかしウイルスの形とは異なり、それは人から人へ伝染しません。中毒は肝臓を破壊してその機能を破壊する炎症過程を引き起こします。この疾患は長期間続くことがあり、それ自体は顕在化しないため、診断と治療のプロセスが複雑になります。

アルコール性肝障害の栄養ルール:

  • アルコール飲料の完全拒否
  • 脂肪、揚げ物、塩味、厳密には、漬け物および燻製からの拒絶。
  • 食事は、肉、豆類、乳製品、魚など、たんぱく質の多い食品であるべきです。
  • あなたは少しずつ、一日4-5食で食べる必要があります。
  • ビタミン療法として、それは新鮮な野菜、果物とハーブ、ハーブ注入と煎じ薬を使うのが良いです。
  • 製品は植物油脂の添加を最小限に抑えた穏やかな熱処理で製造されています。

アルコール性肝炎の食事療法は痛みを伴う症状を和らげます。原則として、治療上の栄養は他の治療方法と組み合わせて処方されます。予後は、病変の形態と病期、併存疾患の存在、および医学的勧告の順守によって異なります。病気が始まると、唯一の治療法は肝移植です。

自己免疫性肝炎のための食事療法

原因不明の慢性的な性質の肝臓の炎症性疾患は自己免疫性肝炎です。この病気は若い年齢の女性患者に最も一般的です。適切な治療をしなければ、それは深刻で不可逆的な臓器障害を引き起こします。自己免疫性肝炎の食事療法は、病変の最初の日から使用する必要があります。これは肝臓への有害な影響を最小限に抑え、痛みを伴う症状を和らげます。

疾患が正常な健康状態の背景に現れる場合、それは無症候性であり得る。非常に頻繁に、肝炎は、肝実質の実質的な変化、機能不全および肝硬変を伴って後期に診断される。 Pevznerによるダイエッ​​トテーブル番号5を使用した治療用。コレラ剤、焼きたてのペストリー、脂肪、揚げ物、甘味、アルコールは食事から完全に除外されます。洗練されたペストリーや昨日のパン、シリアル、パスタ、野菜、フルーツ、ベリー、赤身の肉、魚、家禽、乳製品が許可されています。

食事療法の栄養に加えて、患者は炎症過程を抑制するコルチコステロイドホルモンを処方されます。食事療法や薬が効果的でない場合は、肝移植手術の選択肢が検討されます。

月曜日

  • 朝食:タンパク質オムレツ、緑茶とハーブティー。
  • スナック:りんごや他の果物。
  • ランチ:ソバとトマトのチキンの切り身の煮込み。
  • スナック:一握りのドライフルーツと緑茶。
  • 夕食:ご飯と野菜の焼き魚。
  • 2回目のディナー:クラッカーの入ったケフィアのグラス。
  • 朝食:バナナ入りの低脂肪カッテージチーズ、紅茶。
  • スナック:ガレットクッキー、フルーツジュース。
  • 昼食:煮込みグリッツと野菜サラダのベジタリアン野菜スープ。
  • スナック:ドライビスケットのフルーツピューレ。
  • 夕食:チキンミートボールでマッシュポテト。
  • 2回目のディナー:ケフィアまたはハーブティーとクラッカーのグラス。
  • 朝食:野菜サラダ、ハーブティー。
  • スナック:昨日のパンとフルーツジュースまたはジュースのクルトン。
  • ランチ:ビートスープ、若煮ビーフとオートミール。
  • スナック:どんな果物でも。
  • 晩餐:サワークリームで焼き上げた魚のお粥。
  • セカンドディナー:ビスケット付きの低脂肪ヨーグルト。
  • 朝食:ハーブティー、卵1個、グレープフルーツ1/2個。
  • スナック:ヨーグルトとあらゆる果物。
  • ランチ:薄チキンスープと新鮮野菜のサラダのヌードルスープ。
  • スナック:一握りのドライフルーツやナッツ。
  • 夕食:煮マカロニと焼き鶏肉。
  • セカンドディナー:乾いたビスケットとケフィアのグラス。
  • 朝食:リンゴと蜂蜜のスプーン、ハーブティーのオートミール。
  • スナック:バナナとヨーグルト。
  • ランチ:野菜スープ、ひき肉入りパスタキャセロール。
  • スナック:フルーツジュースとビスケット。
  • 夕食:ご飯と野菜の焼き魚。
  • セカンドディナー:クラッカー入りの緑茶。
  • 朝食:サワークリーム付き低脂肪カッテージチーズ、ハーブティー。
  • スナック:どんな果物でも。
  • ランチ:ソバ、魚のパテ、トマトソース。
  • スナック:一握りのナッツとドライフルーツ。
  • 夕食:鶏ムネ肉の煮込み野菜サラダ。
  • セカンドディナー:ケフィアとビスケットのグラス。

日曜日

  • 朝食:サワークリーム入りプロテインオムレツ、ハーブティー。
  • スナック:ヨーグルトとあらゆる果物。
  • ランチ:チキンのライススープ、詰めピーマン。
  • スナック:サワークリームと亜麻の種子やゴマと新鮮なニンジンのサラダ。
  • 夕食:牛肉の煮物、焼きナスとチーズ。
  • セカンドディナー:バナナとハーブティー。

フルーツスープのピューレ

  • りんご1個
  • 干しあんず50 g
  • じゃがいも澱粉5 g
  • ハニー30g
  • 挽いたシナモン、バニラシュガー - 0.1 g。
  • 水500ml。

りんごをむいて洗い流してから洗い流します。リンゴとスライスした乾燥アプリコットを水と一緒に鍋に入れます。調理するまで弱火で果物を煮て、蜂蜜、シナモン、バニラシュガーを加える。

じゃがいも澱粉を少量のフルーツ煎じ汁で希釈したもの。マッシングのために、それはミキサーを使用するか、またはふるいを通して果物を挽くことがより良いです。ピューレを希澱粉と混ぜ合わせて沸騰させる。

オムレツと野菜の蒸し

  • 2-3卵白
  • 牛乳30ml
  • バター3-5 g
  • ディルまたはパセリ

白身を卵黄から切り離し、ミルクを加えて滑らかでふわふわになるまで打つ。緑を切り刻み、将来のオムレツと混ぜる。ベーキングパンにバターを塗り、タンパク質と牛乳を注ぐ。料理は電子レンジ、ウォーターバス、またはオーブンで調理できます。オムレツは薄黄色です。

りんごとかぼちゃキャセロール

  • 皮をむいたかぼちゃ150 g
  • りんご100g
  • 卵1個
  • サワークリーム5 g。
  • バター5 g
  • 蜂蜜大さじ1。

皮と種からかぼちゃとりんごをはがし、油を加えて弱火ですりおろして炒める。得られたピューレをブレンダーで挽き、卵、蜂蜜、サワークリームを加えてよく混ぜる。ベーキングペーパーでベーキングシートの上に全体の混合物を注ぐか、バターを塗ったベーキング皿にそれを置きます。黄金色になるまで焼きます。

慢性肝炎で何が食べられますか?

肝疾患の治療において、患者は罹患臓器を回復することを目的とした特別な食事療法を処方される。栄養は完全でなければなりません、体の正常な機能のために必要なすべての物質を含みます。治療は脂肪、塩分の量を減らし、アルコールとニコチンを避けます。

あなたが慢性肝炎で食べることができるものを検討してください:

  • 赤身の肉、家禽、魚から作られた肉料理および魚料理。
  • 様々なシリアル、特にオートミールとそば。
  • 新鮮な焼き野菜と蒸し野菜。
  • それらから作られる新鮮な果物と果実、コンポート、茶、スープと他の皿。
  • 低脂肪乳製品:カッテージチーズ、ケフィア、牛乳、ハードチーズ、卵
  • さまざまなドライフルーツとナッツ。
  • 野菜、オリーブ、バター(1日6〜8 g以下)

上記の製品の使用に加えて、1日あたり少なくとも2リットルの液体を飲むことが必要です。食事は5つの食事に分けられます。食べ物は冷たくても、暑くてもいけません。すなわち、最低限の量の香辛料を加えた熱の形でのみ出されます。

感染と病気の進行

肝臓の最も重要な機能は、体内からの有害物質の廃棄と除去です。通常、このプロセスはいくつかの段階で行われます。血流を介して肝臓に入る化合物は、肝細胞から分泌される酵素にさらされ、中間物質に分解されます。

代謝産物は、多くの場合、親薬物よりも毒性が高く、肝臓への影響が異なります。

  • 枯渇と細胞死を引き起こし、組織の炎症と肝実質を誘発する。
  • それらは、細い毛細血管の血流を変化させ、それが組織の絶食およびそれに続く壊死を引き起こします。

肝臓の薬物炎症に感染することは不可能です、それは毒素の影響によって引き起こされる病理学的過程の結果として発症します。

薬理学的薬物の使用に起因する肝炎薬物(薬物)は、特定のグループから資金を取って、3人に1人の患者に発生します。病理学の症例の25%までは、肝硬変または急性肝不全の形成によって複雑化する。

血液中に放出されると肝臓組織の炎症を引き起こす薬のリストには、1000以上の項目が含まれています。これらには以下のグループの薬が含まれます:

  • 抗生物質とスルホンアミド(アンピシリン、アモキシシリン、テトラサイクリン、アモキシクラブ、スルファジメトキシン)、
  • 抗ウイルス薬(ジノブジン)、
  • 非ステロイド系抗炎症薬(パラセタモール、ジクロフェナク、ジクロロベル、インドメタシン、アセチルサリチル酸)、
  • ホルモン薬(ステロイド、避妊薬)、
  • 麻酔のための資金
  • 抗けいれん薬および抗てんかん薬(クロルプロマジン、クロナゼパム))、
  • 利尿薬および細胞増殖抑制薬(アザチオプリン、フロセミド、メトトレキサート)、
  • 抗真菌剤(フルコナゾール)
  • 血液凝固に影響を与える薬
  • 心血管疾患(ニフェジピン、メチルドーパ)の治療用
  • 抗結核薬(イソニアジド)、
  • 駆虫薬(チアベンダゾール)。

薬物性肝炎の発症は、植物調製物、特にウコンおよびそれが構成要素である手段によって引き起こされる可能性がある。

肝炎薬は薬を服用するすべての患者に発症するわけではありません、これは多くの要因への追加の暴露を必要とする。これらが含まれます:

  • 特定の薬の作用に対する患者の感受性の増加
  • 腎臓および肝不全
  • 患者の老年
  • 肝臓における血液の微小循環障害
  • 消化器系および消化器系の疾患への遺伝的素因
  • 肝臓に対する多くの薬物の毒性作用に対する感受性の増加
  • 神経ストレスの状態にとどまり、精神状態が落ち込み、身体の抵抗が劇的に減少します。
  • アルコール依存症と喫煙
  • 肝臓の病状 - ウイルス性肝炎、脂肪性肝炎、
  • 治療や薬の選択における誤り
  • 不利な環境条件における永住権。

その活動の性質上、有毒物質または医薬品と絶えず接触している人々には、薬物性肝炎にかかる危険性が高いです。有毒薬物による中毒で生き残った人々。

ウイルス性および有毒性の肝臓損傷、老齢によるその衰弱は、そのような病状を有する人々を特にこの疾患に対して脆弱にする。自動的に強力な薬(結核、腫瘍性疾患)で長期間治療を余儀なくされる患者は危険にさらされています。

ますます多くの医師が、肝障害の遺伝的素因が薬物誘発性肝炎の発症における重要な要因であると考えています。その理由は、代謝の特異性と体内での酵素の産生障害です(毒素を完全に中和することはできません)。

症状と起こりうる合併症

薬物性肝炎の兆候は病気の種類によって異なります - それは急性または慢性の形で発生する可能性があります。肝臓の急性薬物炎症の症状は、ウイルスの病理学的症状と類似しており、薬物を服用してから数時間から7日の間に現れる。患者はこう訴えている。

  • 断続的な便と便の変色、
  • 急激な体重減少
  • 皮膚および強膜の黄変。

肝臓の急性の薬効のある炎症の経過は、2つの期間に分けることができます:肛門発作と黄疸の徴候あり。この疾患の初期段階では、肝炎はすべての肝病変に共通の症状として現れます。

  • 腹部の右上の四分円に不快感、
  • 吐き気と嘔吐
  • 弱さ、無関心、疲労、
  • 熱と熱、
  • 食欲減退
  • 腐った卵の匂いで空気をげっぷ
  • 口の中の苦味
  • かゆい肌
  • 関節痛

これらの症状は多くの病状を示している可能性があり、特にそれが初めて服用された場合には、それを投薬と関連付けることは困難です。不妊治療期間は数時間から3日間続くことがあり、生物の個々の発生、関連する疾患、ならびに服用する薬物の用量および組み合わせが病状の発生速度に影響を与える。 女性では、薬物性肝炎はより早くより強い形で現れます - これは代謝の特殊性によって説明されます。

重度の臓器損傷の後、この疾患は黄疸期に入ります。これは肝臓の炎症の指標であり、あらゆる種類の臓器病変に見られます。病気のこの段階で現れる症状:

  • 皮膚および強膜の黄変
  • 尿や糞便の変色、
  • 鼻や歯茎からの出血
  • 右心気症の重さ、
  • 肝臓の拡大と肋骨の下からのその端の出口
  • 結節の形をした皮膚または発疹上のクモ状静脈の外観

慢性型の薬物誘発性肝炎は、長期の投薬で発症し、交互の期間の増悪と寛解によって現れる。症状は急性の炎症と同じように見えますが、より軽度のものです。

子供が薬物性肝炎を発症することはめったにありません。 そして、長期にわたる治療または成人の過失により子供の手に落ちた薬用物質による中毒によって引き起こされることがあります。

子供の症状は急性であり、病状は非常に急速に進行します。追加の症状は次のとおりです。

  • 頻尿、
  • 衝撃
  • 免疫システムへの深刻なダメージ
  • 壊死の急速な発症。

薬物性肝炎の合併症は以下の通りです:

  • 細胞が粗い線維性組織に置換されている肝硬変、または肝組織の変性、
  • 急性肝不全

これらの場合、体は不可逆的に毒素を中和するその能力を失い、それは生物の死を招く。

民間療法の治療

薬物性肝炎の治療のための伝統的な医学の兵器庫からの資金の任命は、病理学の症状を高める可能性があるため、医師によって行われるべきです。

肝臓の民間療法の薬物炎症の治療で証明されています:

  • 食事の前に1日3回、ポテトジュース100グラム
  • にんじんジュース、等量ずつ水で希釈し、食事の前に1日3回100グラム
  • 温水100グラムあたり1杯の割合で全体のタンポポの植物からジュース。
  • 生のビートジュースは、食事の後の朝と夕方に1:1から60から150グラムの比率で水と混合されます。

ジュースに加えて、あなたは使うことができます:

  • ディル種子の煎じ薬
  • ミントの葉とハーブのよもぎの注入、等しく撮影。
  • Hypericumの草や花の煎じ薬、
  • イモーテルの花、チコリの根とタンポポの注入は、等しく取られる。

肝臓を支え、元通りにする優れた方法は蜂蜜と花粉です。

予防と食事

薬用肝炎は、特別な、控えめに傷つけられた肝臓食の使用なしでは治癒され得ない。食事は表5の配給量に対応していなければなりません。食事の必須要素は次のとおりです。

  • 頻繁に食事を少しずつ
  • 脂肪の量を減らし、食事中のタンパク質摂取量を増やす
  • 塩味の、燻製の、辛い食べ物の除外
  • 大量のビタミンと食事療法の包含
  • 水のバランスときれいな水、ハーブティー、野菜ジュースをメニューに含めること。

調理モード - 沸騰、煮込み、蒸し食べ物はテーブルの上で暖かく出されるべきです。

薬物誘発性肝炎の早期診断および適時の治療は、疾患の徴候を完全に排除し、肝臓の回復を確実にすることができる。

薬用肝炎薬物性肝炎の民間療法の治療。

病理とは何ですか

薬物性肝炎は肝臓の炎症過程であり、それはその組織に対するある種の薬物の悪影響によって引き起こされました。

検討中の現象は、医学において頻繁に起こる問題です。セルフメディケーション、スペシャリストによる処方箋なしの医薬品の販売、指示と投与量の不順守 - これらすべてが患者の健康に悪影響を及ぼし、彼に重大な害を及ぼす可能性があります。

それは特定の物質によって引き起こされるのであって感染症ではないので、薬物性の肝臓の炎症は伝染性ではなく、他人にとって危険でもないと考える価値があります。

この状態は薬を服用してから数時間後に気分が落ち着くことがあり、何年もの間体内に蓄積し、いつでも現れることがあります。

あなたが問題の研究にもっと深く入るならば、あなたは肝臓の不可逆的なプロセスの危険を防ぐことができます。

薬物性肝炎の分類

コースの性質によると、薬物性肝炎は2つの形態があります。彼らは:

  1. 人が特徴的な症状を呈する発達を伴う急性期。この形態の病理はよく治療されています。
  2. 何年もの間隠れ続けることができる慢性的な段階。このような肝炎は治療が難しく、しばしば肝硬変を引き起こします。

薬物性肝炎を引き起こした要因にもかかわらず、重大な結果を避けるために病理学はすぐに治療されるべきです。

薬用肝炎の原因

肝臓はそれに入るすべての有害物質を中和し、中和し、そして体から取り除く器官です。

体の同様の機能は、肝細胞の酵素中和システムによって提供されます。

問題のプロセスは、見かけほど簡単ではありません。それはある段階に分けられ、その間に毒性物質の部分的な処理が起こり、それは代謝産物 - 生体内変化の産物の形で排出される。

しかし、それは体の排泄物の処理中に肝臓で発生する化合物は生物学的性質の最も活性な毒素であることを心に留めておくべきです - それらは肝細胞に対する脅威として作用します。

これは、これらの化合物を適時に処分するだけで、代謝物による破壊から体を保護できることを示唆しています。

体内の混乱と酵素システムの枯渇を引き起こす理由は、次のようなものです。

  1. 肝毒性薬による長期治療
  2. これらの薬剤による治療の定期的に繰り返されるコース。
  3. フリーランスの臨床像の場合に必要であれば、大量の医薬品の使用。
  4. 定期的に血液検査や尿検査をすることなく、これらの薬を使った自己治療。
  5. 利用可能な慢性肝疾患。

肝毒性薬物で治療する場合、薬物性肝炎の形態は即座に、そして2 - 3年以上の両方で発症する可能性があります。

何らかの手段の単回投与後に発生した肝臓への劇症の損傷の場合があります。

考慮された型の肝炎を誘発する病理

ヒトにおいて薬物誘発性薬物性肝炎を引き起こし得るいくつかの主要な疾患がある。彼らは:

  1. 体内の慢性、ウイルス性または自己免疫性肝炎の存在。
  2. 腹水症の外観 - 腹膜内液。
  3. 悪い習慣の存在:喫煙、アルコールや薬物への情熱。
  4. 溶剤、有毒ガスまたは物質と定期的に接触する。
  5. 栄養不良、たんぱく質が豊富な食品の不足。
  6. 定期的なストレス
  7. 腎不全
  8. 心血管系の病理
  9. 血液疾患

さらに、薬物誘発性肝炎を発症するリスクは、次のような状況では増加します。

  1. 激しい腹部手術後の回復期間
  2. 病気の後
  3. 転移を伴う悪性新生物の増殖中に、肝臓に発射した。
  4. 転送された化学療法または放射線療法。
  5. 低調な形での長期的な慢性病理。
  6. いくつかの慢性疾患の組み合わせ
  7. 自己免疫病理の存在

時にはそれが起こり、中和酵素システムが失敗することなく機能し、そして体が代謝物の早すぎる離脱により中毒になるというようなことが起こります。

どのような薬が肝炎の剤形を引き起こします

現在、このタイプの肝炎を引き起こす可能性がある薬がたくさんあります。

あなたはより詳細にそれらを勉強するべきです:

  1. 結核薬のグループからの物質:イソニアジド、リファンピシン。
  2. 毒性の高い抗生物質:テトラサイクリン、ペニシリン、マクロライド。
  3. スルホンアミド:スルファメトキサゾール、トリメトプリム、スルファジメトキシン。
  4. ホルモン物質:ステロイドホルモンのプレドニゾンおよびほとんどすべての経口避妊薬。
  5. 非ステロイド系抗炎症薬:イブプロフェン、ナプロキセン、ジクロフェナク。
  6. 抗けいれん薬および抗てんかん薬:フェニトイン、カルバレックス、クロナゼパム。
  7. 真菌と戦う資金:グリセオフルビン、フルオロシトシン。
  8. 利尿薬フロセミド
  9. メトトレキサートおよび抗不整脈薬の制御されていない蔓延を防止する細胞増殖抑制薬のグループ:ジソピラミド。
  10. 糖尿病の治療に使用される薬:メトホルミン。
  11. 胃潰瘍および十二指腸潰瘍と戦う薬:オメス。

患者がこれらの薬剤の2つまたは3つを同時に組み合わせると、それらの毒性は数回増加し、薬剤誘発性肝炎の発症を引き起こします。

病理学の症状

症状、検討中の病状は他のすべての形態の肝炎の症状と類似しています。患者に観察される臨床像は以下の通りです:

  1. へその上の右側の痛みと重さ。
  2. 嘔吐を伴う吐き気。
  3. 嘔吐物中の胆汁の混合物。
  4. 弱さ、無関心。
  5. 消化管の問題
  6. 脂っこい食べ物を食べた後の下痢。
  7. 食べ過ぎずに胃の中の重さ。
  8. 皮膚や目の黄変。
  9. 皮膚のかゆみ
  10. 尿がひどく暗くなる。
  11. 糞の変色
  12. 肝臓と脾臓のサイズが大きくなります。

そのような瞬間を考えることは価値があります慢性の薬剤性肝炎はかなり長い間徴候ではないかもしれません。

時々人は、薬を飲んだ後、腹部に不快感を感じ、消化管に問題を感じることがあります。

しかし、これらの症状は一連の治療を受けた後に自然に消えるので、潜在的な有毒性肝炎はしばしば進行した段階で診断されます。

検討中の総体症状が全ての場合において検討中の病状の正確な剤形を示したことを示すわけではないという事実のために、自己投薬に従事することは禁止されている。

これは、薬を服用すると状況が悪化するだけでなく、他の多くの病気を引き起こす可能性があるという事実によって説明されます。まれに、患者が死亡することがあります。

病理はどのように診断されます

人がこれらの症状のいくつかを持っているならば、彼は専門家の助けを求めることを勧めます。

医者は患者を診察し、身体の完全検査を処方します。

標準診断はいくつかの段階で構成されています。

  1. 一般的および生化学的血液検査を受ける。
  2. 尿分析
  3. コアグログラムの伝導
  4. コプログラム
  5. 腹部超音波検査
  6. 肝生検を行います。

症状が他の肝臓病理学を示すかもしれないという事実のために、鑑別診断が行われるべきです。

その行為の間に、医者は腫瘍学的プロセス、胆石症の病理学、肝臓の腫瘍、およびウイルス型の肝炎の存在を除外または確認しなければなりません。

専門家は、完全な検査の後にのみ治療計画を処方し、最終診断を下し、そして薬物性肝炎の発症を引き起こした原因を決定することができる。

病理治療

検討中の疾患の治療は、肝臓の炎症を引き起こす問題のある薬を緊急に中止することから始まります。

それが肝炎または原発性病状の治療を続けることを要求されるならば、それから専門家は新しい薬を処方するべきです - 前のものの類似体。この場合の自己投薬は受け入れられません。

薬物療法の基本は、いくつかのタスクにあります。あるグループの薬物の後に有毒物質を体から取り除き、肝臓組織を保護し、損傷した領域を修復することです。

解毒治療を実行するために、注入療法または血漿交換を使用するのが一般的です。

輸液療法の治療において、患者はタンパク質製剤、食塩水および血液成分を点滴器に入れられる。

血漿交換療法が行われるとき、血液はきれいにされて注がれます。病理学がひどく始まり、そして考えられた方法が望ましい効果をもたらさなかったならば、医者は血液透析を処方することができます - 腎臓を取り替える特別な装置を使って血液を浄化するプロセス。

損傷した肝細胞を修復するために、医者は多くの肝保護剤からの薬を使います。たとえば、エッセンシャルやメチオニンなどです。

肝炎ダイエット

急性慢性または急性肝炎薬は、大量の急性肝壊死を引き起こす可能性があります。これは、病理学が適時に治癒されるべきであることを示唆している。

薬物療法に加えて、患者は特別な治療食を与えられるべきであり、それは以下の製品の拒絶を意味する:

  1. アルコール
  2. 油性の魚と肉。
  3. 内臓。
  4. ココア、コーヒー、紅茶。
  5. いろいろな種類のチョコレート。
  6. 高コレステロールとシュウ酸を含む食品。

食事には肺を含めるべきですが、同時に以下のものを含む栄養価の高い食べ物

  1. 炭水化物400グラム。
  2. 90グラム未満の脂肪
  3. タンパク質100グラム
  4. 毎日5グラム以下の塩。

食べ物は蒸すか煮るのがよい。それは暖かく、暑くも寒くもなく消費されるべきです。

専門家は、液体、おろし、ピューレ皿を優先することをお勧めします。頻繁に食べるべきですが、通常の料金を複数の訪問に分割します。

療法の民間療法

処方箋に含まれる物質の中には状況を悪化させる可能性があるものもあるため、人々からの資金の使用も主治医の厳密な監督の下で実施されるべきです。

薬物性肝炎の症状は、以下の治療法を軽減するのに役立ちます。

  1. ジャガイモジュース、毎日、3回 - 朝、午後、夕方
  2. 水で希釈し、食事の前に1日3回服用したニンジンジュース。
  3. タンポポジュースと温水
  4. 水を加えたビートジュース。

ジュースに加えて、あなたはディルの種の煎じ薬を使用して、ミントとよもぎを注ぎ、聖ヨハネの麦汁の煎じ薬を作り、イモーテルのチンキを飲み、チコリの根を使うことができます。

さらに、肝炎の症状は蜂蜜と花粉で除去することができます。

肝炎予防と予後

病理学がひどく無視され、そして深刻なケースが医師の目の前に現れたならば、我々は劇症肝炎と肝臓壊死の形について話すことができます。

このような現象の結果として、肝硬変、肝不全、昏睡、または死亡の危険性が高いです。

問題のある薬が飲むのに間に合うように止められた場合、体が問題に自分自身で対処する可能性が高いです。

肝炎の発症を防ぐのに役立ついくつかの基本的な予防策があります。彼らは:

  1. 薬の合理的な使用
  2. 健康状態の監視およびあらゆる臓器またはシステムの作業の失敗に対する即時の対応。
  3. 自己治療の拒否 - 資格のある専門家だけが薬を処方するべきです。

長期間の服用が計画されている場合は、事前に肝臓の状態を心配し、適時に肝保護剤を服用し始める必要があります。

さらに、長期治療を受けている人々は、肝臓に強く影響するトランスアミナーゼパラメーターを定期的にモニターするべきです。

検査結果の失敗を適時に検出することで、薬物性肝炎の影響の発現を防ぐことが可能です。

肝炎は特別な注意を必要とする危険な病気です。しかし、医療関係者による追加の介入なしに、病理学の薬用形態はそれ自体で消えることができるので、絶望しないでください。

薬物が中止された後にこれが起こらないならば、それから主治医に見えて、身体の完全な診断を受けて、そして彼が治療を始めることを可能にする彼の手で正確な診断を受けることは価値があります。

肝炎の原因

肝臓は自然の中で完璧なフィルターと言えます。それは血液と一緒にそれに入る有毒物質の中和と除去に責任があります。長い間血液が大量の薬物代謝産物を含んでいると、肝細胞は分解し始めます。身体からの有害物質の除去はいくつかの段階で起こります。この過程で、代謝物(生物学的変換の中間生成物)の形成が起こる。医薬品は、細胞や肝臓全体に悪影響を及ぼす肝毒性要素も含まれています。

人がそのような薬を非常に長期間服用すると、中和酵素系の枯渇および肝細胞の損傷が起こる。その結果、薬物または薬物性肝炎が発症し始めます。今日、肝炎を引き起こす可能性のある薬は約1,000種類あります。一度に複数の薬を服用すると、肝細胞の炎症の危険性が10倍になります。 8〜9種類の薬を同時に投与すると、肝細胞障害が93%増加します。病気の発症は2日から1年かかることがあります。理由もあります:

  • 遺伝的要因
  • 慢性薬物性肝炎
  • 間違った薬の組み合わせ
  • いくつかの抗生物質グループ
  • 結核の治療に使われる薬
  • ホルモン剤
  • 非ステロイド薬
  • てんかん、発作の治療に使用される薬
  • サルファ剤
  • 心臓薬
  • 利尿薬
  • 糖尿病の治療に使われる薬
  • 腎臓病、肝臓、
  • 関節炎
  • 薬物に対する個人の不耐性
  • 自己免疫、ウイルス性肝炎、
  • 体内の低レベルのタンパク質
  • アルコール、ニコチン、麻薬、
  • 妊娠
  • ストレス、
  • 腹水症

薬用肝炎は主に薬の服用量が乱された場合や誤った組み合わせが行われた場合に発生します。

薬(薬)肝炎の治療

薬物性肝炎の治療は、診断検査と検査から始まります。治療の過程はそれに依存するので、人が実際に薬用肝炎にかかっていることを理解することは非常に重要です。診断は以下のような方法で行われます。

  • 一般的な血液および尿分析
  • 生化学的血液検査(血液中のビリルビン、ビリルビンおよびタンパク質画分のレベルの測定)
  • 血液凝固系(コアギュログラム)
  • 触診
  • 肝臓の超音波

病気が確認された場合、医師は肝細胞に有毒である薬を中止します。将来的には、毒を除去し、体を中和するのに役立つ一連の治療法を規定しました。医学では、そのような処置は解毒療法と呼ばれます。体を清潔にするために特別な準備をしてください。

肝臓を元通りにするために、肝細胞の急速で効率的な再生、それらの分裂に貢献する物質があります。

肝細胞に重度の壊死性および肝硬変性の病変がある場合、器官療法が用いられ、それは肝臓組織の迅速な回復に寄与する。

慢性肝炎では食べられないものは?

炎症性肝障害は食事制限を意味します。食事療法は、食事の節約、代謝プロセスの修正および改善、ジストロフィーおよび破壊的プロセスの減少を確実にするために必要です。治療の基本は、食事のエネルギー値がエネルギーコストを超えてはならないという食事番号5です。毎日の食事には炭水化物4〜6 g、脂肪1.2〜1.4 g、タンパク質2.3 gが必要です。これらの比率は、患者の体重1キログラムあたりに計算されます。

慢性肝炎では食べられないものを考えてみましょう。

  • 脂肪肉、魚および家禽。
  • 腎臓、肝臓および脳
  • スープ、缶詰食品、漬物
  • 脂肪乳製品
  • 辛いスパイスと調味料。
  • マスタード、コショウ、ワサビ。
  • スイバ、ねぎ、ニンニク、きのこ、ほうれん草。
  • 酸っぱい果物と果実、赤スグリ、クランベリーとグーズベリー。
  • チョコレート、アイスクリーム、マフィン、その他のお菓子。

胃や膵臓の分泌を促進する食品、コレステロールを多く含む揚げ物食品、プリンは食事から除外されます。シュウ酸と亜硝酸抽出物を含む製品は禁止されています。

一般的な規則

肝炎 病気の中で最も一般的です。急性肝炎は感染源があります。そしてウイルスの場合 E型肝炎 そして A型肝炎 (ボトキン病)は好ましい経過をたどり、慢性にならないで B型肝炎 そして あり診断と治療の著しい進歩にもかかわらず、慢性的な肝障害につながります。彼らは最も頻繁な開発によって特徴付けられる。 肝硬変 そして 肝癌.

慢性肝炎は、急性肝炎および化学物質中毒に起因します。 アルコール依存症 または慢性感染症。慢性肝炎は回復して終了する 肝硬変肝不全を引き起こす可能性があります。これらの疾患の基本表は ダイエットナンバー5 そしてその品種。

肝炎の食事療法は病気の段階によって異なります。急性肝炎では、入院、安静または安静を含む保護的予防療法が処方される 肝性脳症)とダイエット食品。黄疸が治まると、患者は病棟に移動します。すべての急性肝炎では、初めてより良性の処方を受ける ダイエット番号5A。食事療法は節約の程度、調理方法が異なるため、病気の時期によって異なります。

皿の機械的効果は、それらの稠度および量、粉砕および加工の程度(調理またはフライ)によって決定される。化学作用は製品を構成する物質です。強い刺激物は抽出物質および精油です。

控えめな食事療法の任命の目的は、すべての消化器官を温存することです。それは消化管器官、そしてまず第一に、急性期において重要である肝臓に安静をもたらし、そしてその機能の正常化に寄与する。初めて解毒するには、水分摂取量を増やします(2〜2.5リットル)。

食事療法は蛋白質(100 g)および炭水化物(400 g)で完全である、しかしその脂肪分は70 gに制限されている。消化不良症状(吐き気、嘔吐、食物への嫌悪感、鼓脹、 便秘 または 下痢a)脂肪量をさらに減らし(50 g)、不耐性の場合は植物油を除く。たんぱく質、脂肪親和性物質(カッテージチーズ)、 ビタミンの (果実、野菜、果物、ジュース)これは胆道機能を損なう可能性があるので、消化しやすい炭水化物の含有量を増やすことはお勧めできません。 1日5〜6食を用意しました。

急性期の食事は以下の通りです。

  • ねじれた肉とみじん切りの煮野菜の蒸し煮料理。ソテー、煮込み、揚げ物は除きます。
  • 難治性の脂肪や塩分の量を減らしました。
  • 脂肪親和性製品(カッテージチーズ、そば、ホエー、繊維、バターミルク、多価不飽和脂肪酸)の量が増えました。
  • 野菜スープで挽いた野菜とひき肉のスープ。野菜はドレッシングスープのために揚げることはできません。ピューレスープは許可されています。バター、サワークリーム、牛乳、またはクリームを使った季節のスープ。
  • 古くなった小麦パン(ⅠとⅡ)と赤身のビスケット。
  • 低脂肪の肉と魚の煮物と水蒸気の形のみじん切り製品。魚は煮ることができます。
  • Semolina、そば米雑炊、米、オートミール、オートミール、そこからお粥を水で沸かします(牛乳を加えることができます)。カシは半液体のコンシステンシーに擦り切れます。細かいゆで春雨と小さなパスタが許可されています。
  • 低脂肪乳製品、半脂肪カッテージチーズ(それから天然およびそれからの料理)。牛乳とバター - 料理の中だけ。サワークリームは料理の調味料として使用されます。
  • タンパク質オムレツ。
  • 持ち運びに便利な植物油のみ(調理済み)。
  • 野菜(じゃがいも、カリフラワー、かぼちゃ、にんじん、ビート)は煮て粉砕し、さらにマッシュポテトの形でも。
  • 生のままの熟した甘い果物は、ピューレ、焼き、煮物でしか食べられません。
  • レモンティー、ミルクティー、ドッグローズインフュージョン、ガス抜きの水。
  • スープ
  • 難治性の脂肪、香辛料、香辛料、ピクルス、ピクルス、缶詰食品。
  • 粗繊維(マメ科植物、スウェーデン人、ナッツ、種子、きのこ、キャベツ)、精油を使った野菜(大根、玉ねぎ、にんにく、ねぎ、大根)。
  • 脂肪肉、内臓および脂肪の多い魚
  • クリーム菓子、黒パン、マフィン、キビ
  • コーヒー、アイスクリーム、チョコレート、ココア。
  • 卵黄
  • 酸っぱい果物や果実、野菜や果物をそのままの形で。
  • アルコールとガスを飲みます。

合併症がない場合 表番号5A 6週間に任命する。次に、患者は基地に移動します 表番号5これは6-12ヶ月の間お勧めです。食事療法は、機械的および化学的節約の程度、調理方法が異なり、したがって、病気のさまざまな時期に任命されます。急性肝炎の後は、スポーツを制限することが推奨され、肉体労働、夜間勤務および長時間の出張は除外されます。

肝炎ダイエット 肝硬変 慢性的な経過と増悪のない期間 - これ 表番号5これについては後で詳しく説明します。彼らは胆汁の停滞の兆候があるならば彼らは食事療法に訂正をします:彼らは砂糖を制限して、そしてより多くの野菜、果物、野菜とフルーツジュース、そして植物油を紹介します。この場合の総脂肪量はわずかに増加し、植物性脂肪は食事中の全脂肪の35%を占めています。

良性の病気の経過を認めることは許される ダイエットナンバー15 - 一般的なテーブルですが、その上にある人は、脂肪肉、スモークミート、おいしいスナック、スパイス、生地(バターとフレーク)、精油を含む野菜を除外しなければなりません。アルコールは禁止されています。患者の増悪中に一時的にに転送されます 表番号5A.

肝硬変が良性の経過をたどり、そして患者の状態が何年もの間満足のいくままであるならば、基礎表が示される。あり 消化不良症状 - №5А。印が付いている場合 下痢 そして 脂肪便 (脂肪の吸収の侵害の兆候)その後、50〜60グラムに脂肪の量を制限し、牛乳と下剤を除外します。

と一緒に起こる肝硬変 腹水症、推奨される食事療法の低エネルギー(2000キロカロリーまで)、たんぱく質70 g、塩分0.5 g以下。すべての料理は塩なしで調理されています。無塩パンとバターは許可されています。液体と注射されたカリウム含有製品の量も減らしてください。食事は主に菜食主義者であるべきです。患者を無塩にすることは数日間(10日まで)の間勧められます 表番号7.

窒素含有スラグの血中蓄積により、動物性タンパク質の量はさらに減少するが、消化しやすい炭水化物の含有量は増加する。食欲がない場合は、新鮮な野菜、果物、それらのジュース、発酵乳製品が食事に優先するはずです。時々それらの上のスパイスと弱い肉スープとスープは少量で許されます。

肝臓で代謝される肝毒性薬の使用は、 中毒性肝炎。これらの薬は メトトレキサート, パラセタモール, アモキシシリン/クラブラン酸塩, フルクロキサシリン、非ステロイド性抗炎症薬、 テトラサイクリンスルホンアミド コトリモキサゾール, ニフランタイン.

中毒性肝炎はアルコールとその代用品の乱用を引き起こします。エタノールの毒性作用は血中のアセテート濃度に直接依存します。 アセトアルデヒド肝毒性作用があり、細胞膜の機能を破壊します。治療用量で使用されている薬を服用する背景にアルコールを服用すると、それらに対する感受性が高まり、毒性の肝障害が起こります。

いくつかの産業毒は肝臓組織に親和性があり、たとえそれらが少量で与えられたとしても効果を生み出します。それは ハロウ, クロロホルムアゾ染料 スチレン, ベンゼン, りん、有機リン系農薬、ヒ素。毒による急性肝障害は極めてまれです。

肝臓の中毒性肝炎、心気症の痛み、吐き気、脱力感、進行性 黄疸、肝機能の変化とその増加。治療は、有害物質との接触、解毒療法の任命、腸管吸収薬、肝保護薬を排除することです。 ビタミンの そして胆汁分泌促進薬。臨床的栄養に対する毒性のある肝炎の推奨が上記と変わらないとき。

Pin
Send
Share
Send
Send