妊娠

妊娠中に耳を作る:原因、助け、予防

Pin
Send
Share
Send
Send


妊娠中に風邪をひいた耳がある場合は、できるだけ早くそのような病状の原因を特定する必要がありますほとんどの場合、この形態の炎症は妊娠初期に妊娠中の母親に深刻なホルモンの不均衡が生じると邪魔をします。全身の急速な再構成は深刻な病理学的変化を引き起こし、それはむしろ妊娠患者の一般的な健康に強く影響する。

このとき、血圧が変化する可能性があり、耳鼻咽喉科部門の免疫力と血行が低下します。この場合、耳の輻輳は独立した炎症としてではなく、シグナリング症状として発生します。したがって、妊娠中の外観の徴候と耳の鬱血の治療方法を決定することが重要です。

血圧

このような病状を形成する主な理由は血圧の変化です。 このようなプロセスは、妊婦だけでなく胎児にとっても危険です。このため、最初にこの症状を特定し、医師の助けを借りることが非常に重要です。

圧力による耳の鬱血は、いくつかの炎症によって引き起こされる可能性があります。

  • 動脈性高血圧
  • 低気圧になる傾向
  • 栄養血管ジストニア、
  • 気象依存
  • 慢性脳血管不全。

あなた自身でそのような要因を決定することはかなり問題が多いので、医療援助が必要です。

ホルモンの変化

妊娠中期では、ホルモンの量は妊婦で非常に異なります。したがって、この期間には、耳の輻輳などの兆候が頻繁に発生します。これは大量のプロゲステロンの形成によるものです。

血中のこのホルモンの濃度が増加すると、体液貯留が起こり、これが粘膜の腫脹の出現を引き起こす。このような要因は、耳鳴りのような不快な感覚を引き起こします。

聴力損失のもう一つの原因はエストロゲンの量の増加かもしれません。 粘膜浮腫のとき、このホルモンは粘膜を増加させ、それが鼻腔の閉塞や狭窄を引き起こします。

現時点では、将来の母親は鼻呼吸や聴覚障害の欠如を訴えています。この過程は、鼻腔と中耳とをつなぐ耳管の閉塞により起こる。

このような不快感はほとんどなくなる傾向があります 赤ちゃんの誕生直後。 この時点で、鼓膜の空洞に空気流が浸透する可能性が回復しました。耳の問題や無関係な音の存在が深刻な不快感を引き起こす場合は、妊娠の段階でも医師に相談する必要があります。

生理的変化

奇妙なことに、耳の混雑のもう一つの理由は強くなります。 体重が増えています。

妊娠中の女性にとって、このプロセスは自然ですが、キログラムのクイックセットの場合には、一時的な混雑が発生します。

通常、この要因は積極的な動き、速いペースで、または清掃の場合に現れます。

分娩後、この因子はかなり速く通過し、そして医学的介入を必要としない。

カタル病

赤ちゃんを待つ間に、将来の母親の体は非常に弱くなります 呼吸器感染症は、通常よりも頻繁に体内に入ります。

カタル炎症の背景に対して、耳の混雑はシグナリング症状として現れる。典型的には、この要因は、健康状態の悪さ、鼻腔からの粘液の排出、頭痛、鼻腔の領域の圧迫感、額および鼻を伴う。

多くの場合、同時に、妊婦の体温が上昇し、睡眠が妨げられ、食欲が失われます。この種の病気を治療するのは簡単ですが、あなたはあなたの医者に相談する必要があります。

妊娠中は、薬物の使用には必ず医師の助言が必要です。自己治療は受け入れられません。

炎症プロセス

多くの場合、妊娠中の女性の補聴器に関する耳の混雑やその他の問題は炎症過程の形成によって引き起こされます。

副鼻腔炎、中耳炎または副鼻腔炎のような病気は必然的に耳に問題を引き起こし、それはひどい不快感をもたらします。

付随する症状により上気道系の炎症の始まりについて理解することが可能です。

現時点では、将来の母親は鼻呼吸の違反、耳の痛み、発熱などの兆候を心配しています。

このような炎症は化膿性の排泄物を伴い、それはこの疾患の主な症状です。

その他の理由

これらの要因に加えて、他の多くの理由で耳の輻輳が発生する可能性があります。そのために注意を払う 以下の要因

  • 硫酸プラグの形成
  • 鉄欠乏性貧血
  • 難聴
  • 解剖学的特徴
  • 耳硬化症
  • 大気圧の低下
  • 耳の中に異物をぶつけます。

いずれにせよ、理由にかかわらず、そのような症状の治療は医師の監督の下で行われるべきです。

標準治療

妊娠中に耳を傾けることが医学的介入の助けを借りて必要な場合に何をすべきかを決定します。

将来の母親を検査したので、医者は原因を突き止めて作ることができるでしょう さらなる治療計画

そのような病理学を排除するための原則 ほとんどの場合、根本的な原因に依存します したがって、付随する因子をうまく確立できたので、妊婦をこの症状から解放する必要があります。

裸を止めることは可能です いくつかの方法で:

  1. 薬物療法の助けを借りて 粘膜腔内の腫れからの解放がある。現時点では、女性は鬱血除去薬や抗炎症薬、そして感染症を治すための薬を処方されています。現時点で、それは胚の開発のための最小限のリスクを持つ薬を選ぶことが重要です。
  2. 回復への道の第2ステップは理学療法です。 特別な運動の助けを借りて、耳装置内の自然な血液循環が回復され、鼓膜への圧力が正常化される。妊娠中の鬱血を減らすために、吹くこと、磁気療法、温熱療法、および他の種類の治療法を使うことができます。
  3. 極端な場合には、妊婦が手術を受けることがあります。これは腫瘍、嚢胞または他の危険なプロセスの形成の場合に必要です。

そのような病気が妊娠の瞬間にあなたをつかまえたならば、医者の許可なしに抗生物質または他の薬の使用を忘れないでください 危険かもしれません。 したがって、この病状は医師の厳格な監督の下で治療されるべきです。

結論

赤ちゃんを待っている間、将来の母親はいくつかの重大な規則を守らなければなりません。開始するには、耳の衛生状態を監視することを忘れないでください。毎日、普通の水と石鹸であなたの聴覚器官を洗い、そして週に一度、特別な製品の助けを借りて追加の衛生管理を行ってください。硫黄プラグの形成を避けてください。外耳道の中に水を入れないでください。

また、体を焼き戻して食事を見ます。屋外でできるだけ多くの時間を過ごし、より積極的な感情を得る。

ホルモン調整

特に妊娠初期と妊娠終了時に体内のホルモン量が急激に変化します。妊娠中の女性の血中濃度が著しく増加するプロゲステロンは、体内での体液貯留と粘膜の腫脹に寄与しています。

またエストロゲンの量を増やします。これらの女性ホルモンは粘膜の腫脹、それらの肥厚に寄与し、それは鼻腔の内腔の狭窄、鼻呼吸の困難および粘液分泌物の出現をもたらす。

鼻腔は、狭い通路(耳管)によって聴覚の器官とつながっています。したがって、時間が経つにつれて、腫れはその粘膜に行き、耳に不快感を生じさせるもののために、聴力が低下します。

これは、中耳の空洞内の空気が乱れるためです。その中の圧力が下がり、鼓膜が内側に曲がり、耳が置かれるようになります。出産後、これは通常なくなりますが、妊娠中に混雑があなたに大きな不快感を与える場合は医師に相談する必要があります。

妊娠している有機体はすぐにポンドを得ます、そしてこれは偶発的な耳の混雑の理由の一つです。多くの場合、妊娠期間中に体重が大幅に増加した場合、耳は活発な歩行、体または頭の位置の急激な変化を背景に横たわっています。

呼吸器感染症を背景にして、騒音、耳鳴り、カタル現象、および一般的な状態の乱れと組み合わさった混雑感がしばしばあります。

さらに、子宮胎盤循環の発達は循環血液量の増加をもたらし、女性の心血管系への負荷を増大させる。これは粘膜の腫れにつながります。その結果、女性は鼻づまりを訴え、聴覚障害を起こします。妊娠中の風邪を取り除く方法についてもっと読む→

炎症性疾患

上気道の炎症は耳の充血感を引き起こします:副鼻腔炎、中耳炎、副鼻腔炎。この場合、女性は鼻の呼吸、耳の痛み、発熱などの侵害によって邪魔される。また、鼻や聴覚の通路からの、しばしば化膿性の性格の退院が見られる。

延期された中耳炎または中耳の慢性炎症により、瘢痕または鼓膜の欠陥が形成される。これは耳鳴りを乱す可能性があり、それに伴い聴力が低下します。

その他の理由

耳を傾けることができる他の多くの要因があります。

  • 鉄欠乏性貧血
  • 硫黄プラグ
  • 聴神経腫、
  • 神経感覚難聴、
  • 鼻中隔の湾曲
  • 脳虚血
  • 外傷性脳損傷
  • 耳硬化症
  • メニエール症候群、
  • 飛行機による飛行(大気圧の減少)
  • 耳の中の異物、水が入る。

応急処置

医師の仕事は、この病気による苦しみを軽減し、将来の母親に耳の不快感に対処するように教えることです。出産後に緊急治療を必要としない病気は、赤ちゃんを傷つけないように治療することをお勧めします。

耳が不意に埋められた場合、女性は以下のテクニックを使用することができます。

  • ぬるま湯を飲む(魔法瓶を水で運ぶ)
  • あなたの指であなたの鼻を握りながら、いくつかの嚥下運動をする。
  • あくびを真似て、かみ砕いて口から深呼吸をしてください。
  • 指を床に近づけるようにして、ゆっくりと前傾​​します。
  • あなたの口を通してあなたの鼻をあなたの指で握って、いくつかの鋭い呼気をしなさい、
  • 休息や睡眠は時々助けます、
  • 飛行機の中では、口を数回開くことで自分自身を助けることができます。

妊娠中は、自己投薬は受け入れられません。したがって、耳の不快感の原因を突き止め、それに対処することが重要です。医師の主な仕事は、子供を傷つけることなく妊婦を助けるために、深刻な病理学を示す他の症状を見逃すことではありません。

機械的な混雑(硫黄プラグ、異物)がある場合、医者は耳の通路を洗い、開通性を回復させます。原因が上気道の炎症過程である場合、専門家は適切な治療法と点耳薬を処方します。

風邪をひいているときは、テーブルや海の塩、カモミールやカレンデュラの煎じ薬を使って1日に数回鼻を洗うのが便利です。局所対症療法も処方されることがあります。通常、鼻粘膜の腫れを減らし、呼吸を容易にするために、血管収縮薬の液滴をお勧めします。

予防

耳の混雑を引き起こさないようにするために、胎児を携帯している間の女性は多くの規則に従う必要があります。耳垢の蓄積や硫黄プラグの形成を許可しないでください。鼓膜の損傷や外耳道に入る異物を防ぐために、耳は慎重に清掃する必要があります。

プールを訪れるときや入浴するときは、ゴム製のキャップを着用する必要があります。これは、水が外耳道に流れ込むのを防ぎ、それは合併症をはらんでいます。鼻中隔のずれが耳鼻咽喉科医に相談する必要があるとき。この病状の外科的治療は、妊娠前または出産後に可能です。

必ず血圧をコントロールし、コーヒー、チョコレート、アルコールの供給から除外してください。あなたはストレスを避け、前向きな姿勢を維持する必要があります。もっと動かし、もっと頻繁に歩き、毎日の計画を守ってください。必要に応じて、体重、血中ヘモグロビンレベルを管理することが重要です。医師に相談して食事療法を正常化させてください。

妊娠中に耳を傾けた場合は、その理由を見つけ、医師に相談して十分な検査に合格しなければなりません。これがあなたが適切な治療を受けることができる唯一の方法です。

通常、耳の混雑は妊娠中の母親と子供の健康にとって危険ではない一時的な状態です。しかし、深刻な病状の発症を見逃さないこと、聴覚と健康を維持することが重要であるため、症状は女性に警告する必要があります。

著者:オルガ・シェピナ、医者
Mama66.ru専用

考えられる原因

耳の中に渋滞が出現する理由はかなりたくさんあります。それは1つの聴覚管または2つの聴覚管に同時に不快感として現れることがあります。それらは、以下の状況に関連している可能性があります。

  • 妊娠の状態と妊娠初期に起こる変化
  • 血液組成の変化
  • 風邪のため。

後期には、圧力低下による問題が起こる可能性があり、それはしばしば耳の鬱血の背景に対する痛みおよび騒音の不快感を伴う。この状態は時期尚早または複雑な労働力につながる可能性があるため、調整が必要なので、その発生の理由を理解することが重要です。

妊娠中の体重

妊娠中、女性は一定の体重を得なければならず、これは正常であると見なされ、平均で13 kgに達します。妊婦の体の許容率を超えると、機能不全が現れ始め、その存在は耳鳴りによって示されることがあります。このような症状は、速いペースで歩いているとき、曲がっているとき、そして突然動いたときにしばしば現れます。この点で、医師は妊娠中の母親に体重を管理し、食事療法のガイドラインに従うことを要求します。

圧力降下

圧力降下は、耳介渋滞の一般的な原因の1つです。症状は、血管緊張の悪化およびそれらの中を循環する血液の一般的な増加によって引き起こされ得る。この場合の誓約は、標準からの血圧指標の逸脱と同時に起こります。そのような状況を識別することは、従来の血圧モニタおよび測定制御を用いて非常に簡単である。

しかしながら、かぜ病の形の他の原因は観察されない。不快感の最も頻繁な原因は次のような状況です。

  • 高血圧
  • ジストニア、
  • 気象依存
  • 心理的な不快感とストレス。

なぜ妊娠中に耳を産むのですか?

これは、最初の週から最後の週まで、多種多様な妊娠期間中に起こります。妊娠中は、両方の耳を一度に置くことも、片方だけを置くこともできます。興味深いことに、ほとんどの女性はまさに右耳に苦しんでいます。

ほとんどの場合、この状態の原因は実際の妊娠です。この期間中、女性は常に圧力低下を経験し、それが彼女の耳の混雑を招くことが知られている。ほとんどの妊婦は妊娠中の低血圧を訴えています。また間接的に、低ヘモグロビンが原因である可能性があります。

妊娠中の女性の鼻水も一時的な「難聴」を引き起こす可能性があります。これら2つの現象は互いに関連している可能性があります。

しかし、私たちはあなたの立場に関係のない他の理由を排除することはできません。これらは、例えば、耳鼻咽喉科が耳から痛みを伴わずに取り外すことができる耳栓であり得る。風邪やインフルエンザにかかると、妊娠中の耳の詰まりもよくあります。したがって、妊娠だけではなく耳が塞がっていると思われる場合は、専門医を訪問するときに安全であることをお勧めします。

症状と徴候

このような不快な状態に精通している人は誰もいないでしょう。フライト中、エレベーターでの登山中、山への登山中など、ほとんどの場合、特に急激な圧力の低下を伴います。妊娠中に耳を傾けると、女性は一時的な聴力喪失、不快感だけでなく、自分の声を誤って認識することもあります。この状態は、鬱血と呼ばれて、aufoniaと呼ばれ、この現象は片方の耳と両方の耳の両方で観察することができます。

妊娠中に耳が置かれる理由は異なるかもしれませんが、それらに応じて、この不快な状態の症状が変化します。それが何らかの中毒、例えば中耳炎または他の炎症過程によって引き起こされる場合、一般的な徴候は、リンギングの感覚、不健康な耳の中の騒音、痛み、退院、ならびに体液およびその輸血の感覚を含み得る。時にはこの状態はめまい、一般的な中毒の症状を伴うことがあります。

妊娠中の耳の鬱血の原因

Встречаться подобное явление может на разных стадиях вынашивания, в течение любой трети срока, при этом состояние способно распространиться на одно ухо и сразу на оба. 妊娠中の奇妙なことに、多くの女性にとって、右耳はほぼ絶えず産むが、これをもたらす特定の要因は確立されていない。

妊娠中に耳が生えるという理由は、非常に多様です。これらが含まれます:

  • 通常の圧力が下がります。医師によれば、これがこの症状が頻繁に起こる理由です。特に彼らのヘモグロビンが大幅に減少している場合、妊娠中の圧力ジャンプは多くの将来の母親で観察されます。もちろん、女性が圧力の不安定さの背景に彼女の耳を産むという事実は妊娠の兆候として認識することはできませんが、この状態は確かに非常に一般的です。
  • 特別な生理学的状態である妊婦の鼻水は、期間の最初の3分の1にかなり頻繁に観察され、それは将来の母親が妊娠中に早い段階で彼女の耳を産む原因となります。多くの場合、この状態は感染症によって引き起こされますが、主にそれは女性の身体で発生する自然なプロセスが原因で発生します。
  • 余計なポンドの設定が速すぎると、そのような状態が発生することもあります。妊娠期間中の8〜12 kgの体重増加は正常ですが、かなりの食欲、ホルモン機能障害の存在、​​不健康な食事、または通常の遺伝的素因が原因で、この数値がはるかに高い場合があります。この場合、耳は頭の急激な回転や傾きで横になり、体の位置を変えることがあります。
  • 妊娠後期には、ホルモンの不安定性のためだけでなく、血流速度と総血液量の自然な増加のために、しばしば耳が痛くなります。
  • ある場合には、そのような不快感は外耳道内の硫黄プラグの存在を示しそしてそれらの除去のために医者に相談する必要性を示すかもしれない。赤ちゃんを連れて行くとき、いくつかの生理学的な変化はこの物質の生産の増加を引き起こす可能性があります。

もちろん、妊娠中に耳が置かれるのは、さまざまな病気、特に風邪を引いた病気が原因であることがよくあります。この場合、病状には医療支援が必要です。この重大な時期には自己治療ができないことを覚えておくことが重要です。

何ができる?

妊娠中に耳が置かれている場合は(23週、25日、それ以降、またはそれ以前の週に関係なく)、あなたはそれに我慢しなければならず、少し苦しむことになることを理解する必要があります。概して、この不快な状態はごく短時間の間続き、それ自体で消えますが、きわめて頻繁に繰り返すことができますが、これは絶対に個人的なことです。問題が病気によって引き起こされている場合は、直ちに医師に相談してください。それ以外の場合は、問題を自分で軽減するように試みることができます。

あなたが耳を傾けた場合、妊娠中に何ができるかを知っておくことは重要です。

伝統医学は、この問題をかなり無害な方法で排除することを提案しています。

  • お茶や水を飲む。この対策は、多くの人にとって本当に役立つので、無駄ではなく、年配の親戚の立場にある女性に最もよく勧められます。手元に飲み物がない場合は、唾液を飲み込むだけです。
  • 深呼吸をして、数秒間息を止めて(鼻を押さえて)、次に急激に飲み込むか吐き出すことができます。
  • あくびをするかのように、できるだけ広い幅で口を開けてください。
  • あなたは何かをかむことができます、例えば、リンゴの切れ端またはいくつかのナッツ。チューインガムは赤ちゃんに利益をもたらすことはありませんが、害を及ぼす可能性があるため、この目的には使用しないでください。
  • 何人かの女性は頭を下にしてゆっくりと前方に曲がるのを助けている。
  • 横になって横になってリラックスできます。

硫酸交通渋滞の存在下では、自分でそれらを排除しようとする必要はありません、それは医者に相談することをお勧めします。医師のところに行き、婦人科医にその問題について話しましょう。通常の民俗技術では解決できず、渋滞の状態が頻繁に発生し、深刻な不快感を引き起こす場合があります。

あなたは自分自身で医療機器の助けを借りて問題を解決しようとすることはできません。あなたはあらゆる種類の点耳薬、ホウ酸アルコール、さらには過酸化水素を使うべきではありません。赤ちゃんを運ぶときにこれらのツールのほとんどは禁止されています。徹底的な検査の後、(必要であれば)適切な治療を処方する経験豊富な医師を信頼することがより良いです。

予防策

多くの女性は自分の耳が妊娠中に置かれているかどうか、そしてそれが正常であるかどうかに興味を持っています。はい、ほとんどの場合、この状態は生理学的なものであり(病気が原因ではない場合)、新しい状態に従って発生した変化のみを示します。もちろん、あなたはタイムリーに非常に簡単な対策をとることによってそのような状況を防ぐことを試みることができます。

このすでに困難な時期を複雑にする可能性があるあらゆる種類の否定的および病理学的条件および病気、特に耳の渋滞を伴うものを避けようとすることが重要です。

そのような状態を防ぐためには:

  • 余分なキロの深刻なセットを避けて、体重増加を制御する。
  • あなたの食事療法を監視しなさい、医者によって推薦されるメニューそして食事療法に付着しなさい。
  • より新鮮な空気、毎日の散歩、そして免疫システムと体を保護するという自然な機能を強化します。
  • その蓄積と渋滞の発生を避けるために、定期的に耳の窩洞を衛生化し、適時に硫黄を除去する活動を実行します。
  • 健康的なライフスタイルのルールに従ってください。
  • あらゆる種類の風邪やウイルス性の病気を避けてください。

たいていの場合、この状態は生理学的なものであり、医学的介入を必要としないため、耳障りな耳を病理として扱うべきではありません。幸福のためにそのような不便を被ることはほんの少ししかかかりません、そしてそれは女性に母性を与えます。

妊娠中に産卵する主な理由

耳の鬱血の不快な感覚は妊娠中いつでも発生する可能性があります。片方の耳と両方を同時に置くことができます。ほとんどの場合それは正しい耳を産みます。この状態の最初のそして主な原因はもちろん妊娠です。この期間中に女性の体は深刻な変化を被り、圧力が急激に上昇または下降する可能性があり、ヘモグロビンも低下する可能性があります。これらの圧力低下は、将来の母親の耳に不快感を与える可能性があります。

その理由は卑劣な鼻水かもしれません。最も重要なのは、妊娠のために盲目的にあなたの倦怠感を解消しないでください、あなたは医者に相談する必要があります。事実は、より深刻な理由、例えば(その分泌の増加の結果としての)外耳道内への耳垢の蓄積、または風邪、急性呼吸器ウイルス感染またはインフルエンザの発症のために、耳を傾けることができるということである。

体重の変化を追跡する必要があります。妊娠中の母親があまりにも早く体重を増やしていると、曲がったり急な動きをしたときに不快感が伴うことがあります。

何をする
耳の不快感や不快感が血圧の急上昇によって引き起こされている場合は、それを正常化しようとする必要があります。減圧で、野外でもっと新鮮になろう、あなたは濃いお茶を飲むか、甘いものを食べることができます。それが短期間の内に合格しないならあなたが耳の混雑に対処するのを助けるために多くの助言があります。

  1. 嚥下回数を増やす必要があります。もっと飲み込むようにしなさい、桶を噛むかキャンディーを吸う。これは不快感を和らげるでしょう。
  2. 口を大きく開けて、座ってみてください。
  3. 指で鼻をつまんで、息を吐き出すか、または急激に飲み込んでください。
  4. そのような機会がある場合は、横になって睡眠をとるようにしてください。一般に、水平位置では耳は脇に置きます。
  5. 気持ちの良い、愛されているもので軽食を試してください。肯定的な感情に加えて、あなたは再び積極的にかみます。
  6. 耳の混雑が外耳道内の硫黄の蓄積に関連している場合は、混雑以外に特徴的なクリック音がします。この問題は、医師に相談するのが最善ですが、症状をすぐに取り除きたい場合は、過酸化水素を2滴耳に入れてください。ヒスが聞こえますが、硫黄は少し柔らかくなり、安心します。耳鼻咽喉科医への旅行で遅れることはありません - 彼はあなたのためにあなたの耳を洗い、長い間不快な感覚からあなたを救うことができます。さらに、その手順は、外観が怖いとはいえ、実際には痛みがありません。
  7. 鼻詰まりが風邪との戦いを宣言するために必要なとき。鼻、鼻、鼻は密接に関連しているため、鼻が完全に治癒すると、渋滞は自然に解消されます。風邪を洗い流している場合は、鼻づまりになりすぎないように注意してください。これにより、耳がいっぱいになることがあります。

妊娠中に耳を誓う - どうすればよいですか?

不快な症状を取り除く簡単な方法があります:

  • チューインガム咀嚼の過程で、耳管の筋肉は収縮し、やがてムレが通り過ぎます。
  • 深呼吸やあくび、
  • 吸い込み、鼻を閉じて、耳を通して「吐き出す」ようにしてください。
  • 横になります。

混雑が解消されない、または再発しない場合は、胎児への危険性を排除し、女性への不快感を軽減するために耳鼻咽喉科および婦人科医に相談する価値があります。

原因を特定したら、医師は適切な治療法を処方します。

  • 点眼薬または炎症に対する局所抗生物質
  • 体重が高すぎて高血圧の場合は、妊婦に食事療法を処方します。
  • 低血圧がある場合、医者はヘモグロビンのための血液検査を処方します。必要に応じて、ヘモグロビンのレベルを調整すると薬物になります。

最高の妊娠検査は何ですか 私達のウェブサイトの出版物から学ぶことができます。

この記事で、妊娠10週の間に何が起こるかについて読んでください。

音節で読むように子供に教える方法は、この記事から学ぶことができます。

風邪をひいて、それは妊娠中の女性の耳を産む - 何をするか?

鼻水は常に不愉快な症状でした、そして混雑と組み合わせてそれは妊婦のための本当のテストです。通常、そのような症状で、血管収縮性の低下は救助に来るが、それらのほとんどは妊娠中に禁忌を持ち、特に低下は一時的な効果をもたらす。

有能な耳鼻咽喉科医が女性を診察し、母親を助け、子供に害を与えないような治療法を提供します。多くの場合、医師は血管収縮薬滴剤の併用治療を処方しますが、小児用投与量で、または妊娠の2学期と3学期にのみ処方します。

Pin
Send
Share
Send
Send