小さな子供たち

何ヶ月から、赤ちゃんが這い始めたとき

Pin
Send
Share
Send
Send


1歳までの子供の発達は段階的に起こります。赤ちゃんの生活の中で非常に重要な期間は、彼が座ることを学び始める時です。赤ちゃんは何歳で座っていますか?この質問はパン粉の両親にとって非常に関連があります、彼らは常にこのプロセスをスピードアップしたいです。しかし、急いでいると、赤ちゃんの背骨が怪我をする可能性があります。医者でさえこれに急がないことをお勧めします。座ることは新しい姿勢をとることです。そしてこれは、不必要なストレスや、歩行者などの補助器具の使用なしに、自然に起こるはずです。子供自身がこれの準備ができていないならば、なぜ彼を強制しますか?

子供は何歳から座っていますか?

幼児が座り始めるとき、多くの親は常に彼らの医者に興味がありますか?これは、体が体の位置を変更する準備が整ったときに起こります。もちろん、早く座るように赤ちゃんに教えることはできますが、それは彼の健康から利益を得ることはありません。

脊椎の生理機能は、新生児に曲がりがないようなものです。彼らは赤ちゃんの成長の過程で現れます。頸部屈曲の出現は2か月以内に検出されます。すぐに理解することができます:赤ちゃんは頭を抱えています。しかし、彼が座り始めると、背骨の胸部の湾曲があります。そして一年後に、パン粉が歩くことを学び始めると、腰椎曲線もまた増加するでしょう。

赤ちゃんは何歳で座っていますか? 6か月前までに、赤ちゃんはこの必要性を経験しています、彼は世界を見て、そして座っている位置で遊びたいです。この時までに、背筋、胸郭筋、腹筋に沿った筋肉はかなりよく形成されています。追加のサポートなしで、子供の背中はすでにまっすぐに保たれています。赤ちゃんが座るように教える必要があるのはこのときです。

子供が座っていないときはどうすればいいですか?

このようなことが起こります。子供はもう6ヶ月の年齢で、座っていることすらありません。検査中に乳児に重篤な病気が見つからない場合、両親は子供の発達に十分な注意を払いません。彼らはマッサージをしたり、それを使った運動をしません。その結果、赤ちゃんは過剰な体重を増し、組織はゆるくなります。医者に相談してください。彼はお勧めします:

  • 複雑な理学療法
  • 体操やマッサージを適切に行う方法を説明し、
  • 赤ちゃんの栄養を調整します。

子供に座るように教えることができます。これを行う方法?

あなたの赤ちゃんがすでに生後6ヶ月以上である場合、彼は完全に健康ですが、座る方法がわからない、質問が発生します:「赤ちゃんはいつ座るのですか?」赤ちゃんはただ助けが必要です。彼は彼自身を支えなければなりません、それは支持として枕を使うことは受け入れられません。どんなガジェットも子供の間違った姿勢を形成し、そして彼は気をそらすでしょう。

学習は最も簡単なものから始まります。赤ちゃんをしばらく膝の上に座らせます。遊んでいる間、彼にマッサージと運動をしてください。それから赤ちゃんを硬い面の上に置きます。毎回赤ちゃんが座る時間を少しずつ増やします。彼を楽しませて、楽しませて、彼に話しかけなさい。ほんの5〜6回のレッスンで、パンサーが一人で座り始めるでしょう。

赤ちゃんが座り始めます。エクササイズ

  • 調整可能な椅子に子供を置きます。リクライニングから座っている位置までゆっくりと振幅を上げます。
  • 赤ちゃんを両手で抱えて膝の上に置き、それをして遊びます。一種のマッスルコルセットを作ります。
  • 子供が目を覚ましているたびに、彼にあなたの指をつかみ、引き上げる機会を与えてください。
  • 入浴している間、赤ちゃんに入浴用の輪を与えて、水になじませます。それは筋肉を強化します。
  • 必ずベビーマッサージをしましょう。この手順を専門家に委ねることをお勧めします。この手順の後、筋肉は弛緩し、緊張が取り除かれ、血行が良くなります。

あなたの子供を愛し、彼の世話をし、最も簡単な助言と勧告に従う - そしてあなたの赤ちゃんは一人で座り始めるでしょう。

子供は座ることを学びます:このスキルはいつ発達するのですか?

赤ちゃんはいつひとりで座り始めますか。原則として、子供たちは自分の頭を抱えて抱きしめることを学んだ後、このスキルを学びます。子供が成長すると、筋肉が発達し、4〜7ヶ月で強くなります。子供は何時に座るべきですか?幼児の約90%が静かにそして完全に独立して8ヶ月歳で座っています。

まず、赤ちゃんが頭を持ち上げ、次に胸を持ち上げてハンドルの上に置きます。彼は抜け出しているようだ。すぐに子供は両手を傾けながらバランスを保ちます。そして6-7ヶ月で彼はすでにサポートなしで座っていて、彼の手は自由であり、そして彼は環境を探ることに興味があります。

座りやすく、座りにくい

各赤ちゃんはその開発においてユニークです。彼らが座ることを学ぶ前に、多くの子供たちは彼らの足の上に立ち始めます。これは、立ち上がっている筋肉に比べて、座っている筋肉の緊張が発達において遅れているためです。

赤ちゃんは何歳で座っていますか?両親が彼らの腕の中に彼らの3-4ヶ月の赤ちゃんを抱くとき、彼はすでに半分座っています。多くの母親はまだ赤ちゃんを座ることを恐れているが。これを人工的に行うことは不可能ですが、パン粉自身が直立したいように条件を作成することは可能であり、必要でさえあります。

より頻繁にあなたの赤ちゃんを不快な位置に置く - 彼は快適な位置をとるために自分自身をロールオーバーしようとします。彼は座ることを学び、それから一生それをする必要があります。覚えておいて、子供はこの科学を理解するために途方もない努力をする必要があります。彼を助けて!

子供を特別に座らせる:危害または恩恵?

赤ちゃんがまだ生後6ヶ月でない場合は、水平姿勢は脊椎にとって自然なことです。赤ちゃんが6か月前に自分で座っていたときも、まったく別のことです。ただし、この場合でも、1日1時間以上座っていることはできません。

人工的に座っている両親は子供に害を与えるだけです。彼が学校に行くとき、どこにでも、あなたはたくさん座らなければなりません、背骨には重大な問題があるでしょう。それで、赤ちゃんはどのくらい座っていますか?あなたは6ヶ月の年齢からあなたの赤ちゃんを徹底的に座らせることができます。小さな人は助けられる必要があり、身体的に準備ができていないことを強制されることはありません。

背中の筋肉を強化するための演習

赤ちゃんが生後4ヶ月のとき、小児科医は彼が時間通りに座るのを助けるために特別な演習をお勧めします。硬い面でテーブルの上に従ってください。

  • 子供のためにあなたの腕を伸ばしなさい、彼は彼らをつかみ、そして座ることを試みるでしょう。赤ちゃんはしばらくの間上昇した状態にあり、その後元の位置に戻ります。それで数回繰り返します。
  • 赤ちゃんをおなかの上に置き、胸と足の下で支えながら持ち上げます。それは休みます、背中とお尻は緊張します、頭は上がります。赤ちゃんを数秒間この位置にとどまらせます。

いつ女の子を植えることができますか?

「赤ちゃんはいつ座り始めますか」女の子は、原則として、身体的発達において男の子より遅れます。これは理解できます - 弱いセックス。しかし精神的に - 優れています。そのことについては、女の子を植えるために早く、そして将来の男性はできません。

その後、女の子が女性になると、彼女は子宮の曲がりがあるかもしれません。もちろん、これはすぐには起こりません。赤ちゃんと彼女の臓器の発達の過程で靭帯が誤って形成され、そして時間の経過とともに逸脱が発生します。不妊が起こる可能性があります。そして骨盤と出産の問題の間に。赤ちゃんはいつ座り始めますか?少女は6ヶ月で開発のこの段階の準備ができています。

いつ男の子を植えるのですか?

待望の相続人が生まれたすべての親は子供がいつ座り始めるかという問題に苦しんでいます。男の子は5.5ヵ月でこのスキルを学び始めますが、すべての赤ちゃんと同様に、8ヵ月または9ヵ月で完全に自力で座ります。座位では、背骨は大きな緊張状態にあります。あなたが早く赤ちゃんを植えれば、それは脊椎の湾曲、そして将来的には根粒炎につながるでしょう。

それぞれの子供は個性的で、パターンに従って発達しません。したがって、一部の赤ちゃん、特に男の子は4〜5ヶ月で座り始めます。しかし、親がどのようにして子供の功績を観察したいと思っても、子供は彼の発達のいくつかの段階を経ます。彼は頭を抱えることを学ぶまで座ることができないでしょう。したがって、時間を急がないでください - 赤ちゃんはすべてを学び、あなたは彼を助けます。

すべてのヒント、推奨事項に従ってください - そしてあなたの赤ちゃんは障害を克服するでしょう:時間がたてば座る、歩く、話すでしょう。

子供が座る準備ができていることをどうやって理解するのですか?

すべての親は例外なく、子供が座り始める年齢に関心があります。間違いなく、赤ちゃんはあなたのすべての時間をかけます、あなたは彼に話しかけ、遊び、様々な処置を行います。あなたは彼の行動に少しでも変化があるのに気付くでしょう。パン粉が何の努力もせずに静かに胸を上げておなかの上に横たわっているのを見るとすぐに、首と胸の筋肉が強くなり、子供は体を直立した状態で保持することができます。気軽に彼を座らせましょう!

クロールは子供の発達における重要な段階です。

小児科医によると、クロールは小さな男を動かすのに特有の方法です。筋骨格系の筋肉が強化され、動きの調整が改善されます。クロールは子供に歩く準備をさせ、考えるように教えます。どこで、なぜクロールするのかを自分で決めます。それは現在、脊椎のいくつかの曲線を形成しており、それは歩くときに衝撃吸収材の役割を果たすであろう。子供はバランスを保ち、体を所有することを学びます。赤ちゃんの身体活動は彼の脳活動を発達させます。

赤ちゃんはいつ這い始めますか、そしてどのように彼はこれを助けることができますか?

間違いなく、クロールは赤ちゃんの多くのスキルを伸ばします。それはさらなる発達において彼にとって有用となるでしょう。赤ちゃんはいつ這い始めますか?このスキルの習得における赤ちゃんの範囲は広いです:5から9ヶ月から。しかし、最高の時期は7ヶ月です。何人かの子供たちは非常に素早いので、本当に這うことを学ばずにすぐに歩き始めます。

あなたの子供が何歳で這い始めたかは問題ではありません - 彼は未知の領域を開発することを決定するために大人からの心理的そして物理的なサポートを必要とします。

  • 赤ん坊が恐怖を感じないように、絶えず彼に向かって微笑み、彼を面白がって、彼が彼の腕の中で彼を運んでいる間、彼が家の中で何をそしてどこにあるのかを彼に話しなさい。
  • 赤ちゃんが四つんばいになろうと頑張っているのを見たら、彼が彼の側に落ちてヒットしないように彼を助けてください。そうでなければ、子供は心理的な障壁を形成し、彼は長い間這うことはありません。子供をほめてください。
  • 滑らないようにし、完全に自由に動けるような服を子供に提供してください。

赤ちゃんが這い始めたとき

赤ちゃんが這い始めて何ヶ月で、多くのママが興味を持っています。小児科医は、子供をクロールしようとする最初の反射が誕生から見られると信じています。赤ちゃんをおなかの上に向け、彼の足の下に支えを置いたとき、あなたはすでに気付いています。しかし、急速な進歩に歓喜する理由はありません、この段階は3ヶ月後に経過します。

約5ヶ月の時点で、ほとんどの赤ちゃんはすでに自分の体のねじれを直視し、腕や脚を積極的に摘んで体を前方に押し上げています。この間、特に注意を払う必要があります。赤ちゃんが床の上にいることがあります。子供が誤って横向きまたは後ろ向きに腹を這い始めても心配しないでください - これはこの年齢のほとんどの子供たちのための標準です。

赤ちゃんが四つん這いに這い始めたとき

パン粉が現在のクロスクロールを習得するためには、腕と脚が同期して動くとき、6か月以上が経過しなければなりません。医師は、赤ちゃんは生後9ヶ月でよく這うと信じていますが、このような厳格な枠組みのもとに導かれるべきではありません。子供たちが四つん這いにクロールし始める時間は厳密に個々に決定されます:ある人は半年でスキルを学ぶ、他の子供たちは1年以上。

タイムリーなクロールは次のようなメリットがあります。

  • 赤ちゃんはコーディネーションを向上させ、宇宙をナビゲートしようとします
  • 背骨と筋肉の強化があります、
  • 関節の可動性と柔軟性が発達し、
  • 通常の睡眠

赤ちゃんが這い始めて座ったとき

両親は、赤ちゃんが4つの四つん這いになったら、それから直立する時が来たと言います。言い換えると、起き上がって座る時が来たということです。実際には、7ヶ月という年齢は、彼らが独立して動くことを試みるだけである期間です。彼らを促進するための、そしてより多くを強制しないための両親の仕事。

子供が這って座って始めるのに最適な期間 - 9ヶ月から1年半まで。快適に座るための最初の試みをすることによって、あなたの赤ちゃんはより自信を持っているでしょう。これは、このポジションでもっと多くのことが利用可能であるからです:あなたは望ましいおもちゃに到達することができます、それはお母さんとお父さんを見て、新しいゲームを学ぶのが良いです。この期間中、子供たちを子供用テーブルの鉢や植物に慣れさせる。

赤ちゃんは何歳からクロールを始めていますか?

意識的な身体活動は、彼が頭をしっかりと保つことを習得し、マスターが背中から腹部に転向するようになるとすぐに、赤ちゃんに現れます。子供が何の努力もせずに独立して背中/おなかの位置に戻って頭を高く回すことができるようになると、彼の筋肉はすでに強くなり、次の重要なステップであるクロールスキルを習得する準備ができています。

この能力の形成は、子供の発達を評価するときに考慮に入れなければならないいくつかの要因によっても影響を受ける可能性があります。その中で最も重要なものがあります。

  • 子供の健康の特殊性 - クロールは、所定の期間より前に生まれた子供、および先天性疾患または神経疾患の存在下で後に形成されます。
  • 気質の個々のタイプ - 誕生から、メランコリックの子供たちは、俗人や聖歌隊の人々より活動的ではないことに気付くことができます
  • 体重の価値 - 大きな子供の運動能力は、同僚よりも遅く形成される可能性があります。
  • スキルの形成のための条件の利用可能性 - 子供がクロールを開始するためには、彼は一定のスペース、好ましい社会的環境を持っていなければなりません。

幼児のクロールステージの発達

各赤ちゃんは独自の「個別のスタイル」のクロールを持つことができますが、一般的に、専門家はスキルの形成を完了するために赤ちゃんが徐々に通過するいくつかの段階を識別します。一連の段階は表で考えることができます。そこでは、特定の期間における幼児の運動発達は段階的に説明されます。

クロールの原因

通常、赤ちゃんは数ヶ月間クロールしてから起き上がって、最初の一歩を踏み出します。たとえ彼が行ったとしても、彼はしばしば「より低い層」に移動しました。なぜなら、より早くそしてより確実にクロールするからです。この運動技能の用途は何ですか?

  • 筋靱帯装置を強化します。このスキルは一般的な肉体発達に役立ちます。子供が規範からの逸脱(斜角症、緊張の増減、体の非対称性など)を抱えていた場合、通常は積極的な運動と筋肉の強化によって自然に矯正されます。
  • 背骨の自然な曲線を形成します。これは歩くときの償却にとって重要です。曲げはバネとして機能し、背骨にかかる大きな動的および静的荷重に耐えることができます。
  • 体の動きの調整を開発します。この能力は、子供があらゆる複雑な運動課題を遂行することを可能にするでしょう。調整は、バランスを維持し、空間をナビゲートし、リズムを感じるのを助けます。
  • 行動の自由を与えます。クロールは、意識的で意図的なプロセスです。それは宇宙を探検し航行し、好奇心と献身を発展させる機会を開きます。クロールは、子供が自分の能力に自信を持てる最初の独立した「外観」です。
  • 知能を開発します。赤ちゃんの人生の最初の年は精神運動段階と呼ばれます。これは、運動活動が感情的な精神的発達と不可分の関係にあることを意味します。赤ちゃんが動くほど、血液供給と脳機能が向上します。動きは赤ちゃんのスピーチの発達と密接に関連しています;それは左右の半球間のリンクを提供します。

クロールを開始する方法

子供はそれぞれ独自の方法でクロールを始めます。これは彼の個人的なモーター「手書き」、ビジネスへの創造的なアプローチです。さまざまな方法で、彼は宇宙で自分の体を運びます。再訓練は必要ありません。正確にはクロールする方法の例を示す母親もいますが、意味がありません。

  • お腹の上に横たわる。これは、幼児が腹部のクロールを習得するための最初の最も重要な条件です。それから彼は力を得て、四つん這いになって這うことを学ぶでしょう。人生の最初の日から胃の上に子供を広げることが必要です。
  • クロールをジャンプМногие мамы рассказывают, что первый опыт ползания грудничка представляет собой раскачивание на четвереньках вперед-назад и прыжок. Такой способ передвижения ребенок может использовать продолжительное время. Он весьма небезопасен, потому что прыжки бывают неожиданными и стремительными. Взрослым все время нужно быть начеку с такими удальцами.
  • Задний ход . Сначала ребенок может поползти назад. どうやら、それは彼にとってより便利で簡単です。腕と脚の動きを調整するために、彼はまだうまくいく。何らかの理由で、これらの子供たちは神経科医に見せることを急いでいます。そして彼は、今度は診断を下し治療を処方することを急いでいる。逆方向のクロールは、標準違反ではありません。
  • お尻に座っています。お尻に座って片方の足を曲げ、もう一方の足を互いに反発させるそのようなユニークな人々もいます。動きの速度は印象的です、両親は追いつくことはできません。
  • お腹の上赤ちゃんは四つんばいになっても完全に立ち上がるのではなく、お腹の上を這います。一方の脚が曲がっており、もう一方の脚がまっすぐであることに重点が置かれています。この方法は、クレードルをクロールするのと似ています。それは背中、腕と脚の筋肉に不均一な負荷を与えます。体の一部は常にリラックスしており、もう一方は緊張しています。
  • ローリングこのタイプの動きは、クロールのようなものです。むしろ、それは少しトリックです。目標を達成するために、子供は床の上やベッドの上を転がります。この方法は筋肉を発達させず、全身に負荷をかけません。多分子供は弱い肩帯を持っています。それは強化されなければなりません。
  • 古典的なクロスクリープ子供は四つんばいに背を向けて立ち、同時に腕と脚を動かします。ブレードは対称的に配置されている。この場合、手が進んでいます。赤ちゃんが体重を支えるのに十分な強度がなければなりません。すぐにこのクロール方法を発見した赤ちゃんもいます。もう1人はそれを習得し、4つすべてを完全にクロールするのに時間がかかります。

どんな方法で赤ちゃんがクロールしても、それは彼がそれをすることが重要です。

開発のための基本条件

生理学的にこれらのスキルに成熟すると、子供たちはクロールして座り始めます。赤ちゃんが健康であれば、クロールするための特別な特別な条件は必要ありません。子供にクロールを教える方法は?これは同じシリーズからの質問です、座って歩くこと、話すことを教える方法。開発の機会がありましょう。赤ん坊は残りを自分でやる。

  • 宇宙動きのためのスペースが多いほど、良いです。最適な選択肢は床です。このスキルの開発のためのプレイタイプは小さすぎます。これは便利で信頼できることですが、もし母親が他の部屋を出る必要があり、子供の世話をする人がいない場合。ベッドはまた一時的な避難所の変形である場合もありますそしてそれからあなたはその側面をより高く上げることを覚えている必要があります。
  • 適切な表面しっかりしていて安全でなければなりません。床の上にカーペットや厚いカバーがあればもっといいです。あなたは特別なクロールマット、いくつかのツーリストフォームを購入することができます。滑りやすく不快になるので、赤ちゃんをリノリウムまたは寄木細工の床の上に置かせることはお勧めできません。大きなベッドは柔らかいので、クロールには適していません。
  • 傾斜面あなたはわずかな角度で傾斜した平面上の四つんばいに古典的なクロールを練習することができます。それは広い板、子供用スライドにすることができます。子供はそれに沿って上から下へ、もちろん大人用のセーフティネットで這わなければなりません。この位置では、動きの調整がより早く進み、クロールに必要な筋肉がオンになります。
  • 障害物子供が最も原始的な動きの方法を習得したとき - 胃の上 - は必要です。彼の進路に障害物がある場合、彼は前進するために必然的に彼の体を上げ始めます。
  • やる気。赤ちゃんに積極的な行動を促すことができるものは何ですか?好奇心、新しいまたはお気に入りのおもちゃを手に入れたいという願望。動機は赤ちゃんを身体的だけでなく個人的にも発達させるので重要です。好奇心のために彼の周りにできるだけ多くのオブジェクトを作成します。猫や犬の形で生きている "餌"もフィットします。
  • 従うべき例。時には、赤ちゃんが自分自身のような環境にいるだけで十分なこともあります。クロールピアは彼を偉業に駆り立てます。あなたは初期の開発グループにサインアップするか、または見慣れたスライダーを訪問するように誘うことができます。
  • ローラーの形をしたシミュレーター。このエクササイズは、4人全員で起きるよう子供に教えるのに役立ちます。それは彼らの腹で動くそれらの子供たちにとって役に立つでしょう。パン粉を腹の上に置き、その下にクッションを置き、前後に揺り動かします。この動きは反射的に赤ん坊に彼の手を再配列させ、典型的なクロスクロールに彼を押します。

7安全対策

家の中で本当の安全な状況を評価するために、母親はより低い層に移動して、彼女の赤ちゃんの目を通して世界を見る必要があります。慎重に見回し、若い旅行者のルートを探索します。赤ちゃんがクロールするのを手助けしたいですか?彼にやらせましょう。彼を解放しなさい、しかし安全な水泳に解放しなさい。

  1. 快適な気温ドラフトで問題を解決してください。彼らはまったく床にいますか、それともそうですか?底がまだ涼しいなら、あなたは這うために暖かくて快適な服に子供を置くことができます。同時に、赤ちゃんは熱くなってはいけません、なぜなら彼は積極的に動くからです。
  2. 角度、鋭くて不安定な物体。子供が家の中でこれらの場所や物に触れないようにしてください。あなたは家具の隅に取り付けられている柔らかいシリコーンの裏地を購入することができます。小さな探検家がテーブルに着いてドアを開くことができることも考える価値があります。安全ロックとフックを家具の扉にかけます。テーブルクロスで覆われたテーブルは危険なものになる可能性があります。子供はそれを引っ張り、その上に重くて熱くて鋭い物を落とすことができます。
  3. 身長子供が床の上を這う場合、高さから落ちる危険性は排除されます。それが広いベッドまたはソファに置かれているならば、あなたは目と目が必要です。落下クロール赤ちゃん - 現象が頻繁にあります。ほとんどの場合、すべてがコーンと涙で終わります。しかし、転倒後に合併症、重傷を負うケースもあります。したがって、結果を扱うよりも、用心深く、事件を許さない方が良いです。
  4. ワイヤーとソケット電線は箱の中に隠し、コンセントはプラグを買う必要があります。子供がワイヤーを引っ張るのを防ぐため、または可能であればそれらを保育園から取り除くために、すべての電化製品をより高く移動します。子供が這ったとしても、それはアパートの至る所に移動し始めるでしょう。この場合は、家全体をスキャンする必要があります。
  5. 家庭用化学品およびその他の「グッズ」衣服の世話をするためのすべての手段、身体や家は高く、キャビネットの中に隠れています。赤ちゃんは素晴らしいグルメで、邪魔になるものすべてを味わうのが大好きです。メニューには、ゴミ箱、植木鉢、キャットリター、ドッグフード、薬、その他の「お菓子」が入っています。
  6. 清潔さもちろん、床は清潔でなければなりませんが、無菌ではありません。結局のところ、子供は非滅菌世界に住んでいる必要があります。平均して、赤ちゃんは8ヶ月後に這い始めます。同時に、約6ヶ月後、赤ちゃんは母親の免疫システムから切り離され、保護資源に移されます。彼の免疫力を強化するためには、「汚れた」環境が必要です。赤ちゃんは徐々にそれに慣れるべきです - 最初に、彼が家庭細菌と友達にさせましょう。パン粉が触れる表面を消毒するために家庭用化学薬品を使用しないようにしてください。
  7. ペット定期的に獣医で動物を調べてください。ペットに駆虫薬を投与し、寄生虫からのウールを扱います。通常、子供とペットは互いに付き合います。猫や犬はしばしば赤ちゃんの世話、赦しそして天使の忍耐力を大切にします。しかし、動物が攻撃的であるならば、幼児が苦しまないようにすぐにそれとの接触を制限することが必要です。別の問題があります - ウール。子供はそれを飲み込むかもしれません、それに対するアレルギー反応があるかもしれません。

それで、子供は積極的にそして無私の状態で這いました。彼は自分のために新しい生息地 - 床を選びました。アパートの各部屋では、おもしろいことがたくさんあります。彼が別の部屋に移動するとき、彼は意図された目標を持つでしょう。これは少なくともしばらくの間お母さんがリラックスするのに役立ちます。そして別のこと:子供が疑わしく治まった場合、それは彼がとてもおもしろいことで忙しいことを意味します。もっとチェックしてください。

子供はいつからクロールを開始しますか?彼らが自然の呼びかけを聞くとき。誰もが自分のやり方でそれを聞きます。これは通常8か月以内に起こります。赤ちゃんが10ヶ月でクロールに興味を示さず、すぐに起きて歩いて行こうとした場合、彼はクロールステージを見逃す可能性があります。この場合は、専門家に相談することをお勧めします。

生理学スキル

正確に赤ちゃんがクロール動作と座席を習得する必要があるとき、両親の質問に答えることは非常に困難です。それぞれの落花生 - 個性、個性、それはそれ自身の法律と計画に従って成長する。したがって、小児科医は平均的な赤ちゃんの一人としてあなたの赤ちゃんを見ているので、標準を持つすべてのテーブルは、小児科医のためだけに存在しています。しかし、これは一見しただけです。

子供が多くの理由を持っているかもしれないので、思慮深い専門家は赤ちゃんが7ヶ月で座っていないか8ヶ月でクロールしないことに基づいて身体的発達の遅れを決して宣言しないでしょう。

赤ちゃんは、その骨や筋肉の系、ならびにこれらのプロセスに関わる靭帯や関節が十分に成熟し、そして強化されたときに這って座り始めます。 クロールスキルのためには、腹部と首の筋肉、腕と脚を発達させる必要があり、座っているためには、背中、腹部、首と腕に十分に強い筋肉が必要です。当然のことながら、そのような筋肉を持った新生児はいません。子供が成長するにつれて、筋肉は成長し、強くなります。最初の日からの親が幼児の身体的発達に十分注意を払い、マッサージをし、そして年齢に関連した運動をするならば、新しいスキルのより早い習得の可能性は著しく増加します。

平均的な規範によると、平均的な健康な子供たちは6ヵ月後、サポートがある7ヵ月、サポートなしの8ヵ月で座り始めます。 10ヵ月までに、赤ちゃんは通常困難な仕事を伴う優れた仕事をします - 腹臥位から座ること。クロールでは、すべてがやや複雑になります。一部の子供たちは、この段階を完全に回避します。小児科の平均的な規範によると、子供は腹部の5ヶ月から7ヶ月から9ヶ月まで - 四つんばいでクロールすることを学ぶことができます。

しかし、規範は規範であり、特に多くの要因が新しい運動技能の習得のスピードに影響を与えるので、あなたの子供は、さらなる発展のための独自の計画を持っている可能性があります。

何が影響を及ぼしますか?

最初に重要なことは、赤ちゃんの健康と健康状態です。パン粉が時期尚早に生まれた場合、それは彼の仲間が宇宙での体の位置の変化の知恵を理解し始めるよりもはるかに遅いです。彼が怠惰で弱っているからではなく、彼の骨と筋肉の組織が新しいタイプの負荷に備えるのにより多くの時間がかかるからです。 子供自身は敵ではありません、彼は身体的に不可能なことをすることを決して考えません。

痛みを伴う、しばしば病気の幼児で、先天性疾患を持つ子供たちも、健康な子供たちよりもゆっくりと座っています。特に長い間、神経障害のある子供は「揺れる」可能性があります。

カラプズの体の重さも重要で、そして最も直接的です。子供たちはふくよか、太りすぎ、新しい位置に自分の体重を保つことは非常に自然な困難を抱えています、彼らの背骨は単にそのようなボリュームで新しい負荷を提供していない、それは準備するためにもう少し時間が必要です。彼らは這って座っていますが、後で。

赤ちゃんの性格や先天的な気質は、彼の行動や動機を決定します。眠気のある、やや緩慢で怠惰な綿毛のような憂鬱な人々は、座っている、クロールしている、移動中の、活発で、好奇心旺盛な代表的な性格タイプの代表的なタイプよりも遅く座っています。

親自身によって作成された子供の発達のための条件に大きく依存します。そして、これはおそらく、ママとパパが子供の発達について心配していることが直接影響を及ぼし得る唯一のものです。覚醒時にベビーベッドやベビーサークルに寝かされることが多い子供が、世界を探索し始めるのに十分な動機を持つことはまずありません。当分の間、彼は限られたスペースでかなり快適になるでしょう。

パン粉のどこかに座ったり這ったりする必要は全くなく、スキルを習得するのが遅くなります。両親が目覚めている間に赤ちゃんに一定の動きの自由を提供するならば、彼から一定の距離でおもちゃを吊るします、そしてそれから赤ちゃんは彼らに近づく必要があるでしょう、そしてそれ故に彼はそれをする方法を探す必要があるでしょう。 2つの方法があります - 座っているかクロール位置から取得してそれを取ることです。当然、赤ちゃんにはある程度の自由が必要です パン粉が怪我をしないように、大人による絶え間ないコントロールで。

男の子か女の子か - 誰が速いですか?

テーマ別フォーラムで、そしてお互いに連絡を取り合う中で、母親はしばしば特定の能力を息子と娘に帰します。男の子は怠惰なので、女の子は新しいスキルを早く習得すると彼らは言っています。もう1つの見方は、リプロダクティブヘルスに危険な影響を与える可能性があるため、女の子は男の子より遅く座る必要があるというものです。

事実、男女ともに幼児の身体能力の発達には科学的に説明可能な違いはありません。健康で、満期で、過食や太りすぎに問題がなければ、子供たちはほぼ同じ速度で成長します。 そしてそれらと他の人たちは少なくとも6ヶ月まで座ることを勧められていません。完全にいいえ

結果は非常に悲しいことができます - 骨盤骨が負傷することができます。この場合、女の子は将来、自分の子供を連れて行くのに問題があるかもしれません。そしてその少年にとってそのような怪我は非常に望ましくない。

子供たちにスキルを教えることはできますか?

この質問は最も重要です。何らかの理由で、単に子供が座ったり這ったりするまで待つだけの母親は無責任で傲慢であると考えられています。しかし、待つことができず、ほぼ3ヵ月から母親の鶏が座って這うこと、そして何よりも歩いていることのために一度に子供を準備し始めます、そして、従うべき例はよくできています。そのような固定観念の形成は、通常の母親が劣等感と罪悪感を持つ神経質な女性になる5分後に、女性のフォーラムに大きく貢献します。

何もしないのは普通ですか?はい、それで結構です。 プロのアドバイスが世界中の何百万もの母親から信頼されているDr. Komarovskyを含む多くの小児科医は、座っているとクローリングのスキルは完全に自然な方法であり、その年齢は特定の子供との関係で提供するべきであると主張します。

子供を「助けて」くれる両親の過剰な活動はしばしば害を受けます - 動的な体操、不正確な運動、座ることを強いられることは深刻な怪我でいっぱいです。まず第一に、初期の垂直化では、赤ちゃんの背骨が痛くなります。椎骨の圧迫が起こることがあり、椎間ヘルニアが後で現れることがあります。間もなくしゃがんだ、または後に四肢の上に置かれ、後に脊柱側弯症、脊柱後弯症、脊柱前弯症、歩行障害、四肢奇形を発症した多くの子供たち。これは特に、幼児期にジャンパーにぶら下がって過ごした後、歩行者に踏みつけられた子供たちに当てはまります。

未熟児、その開発

未熟児は妊娠21週から36週の間に生まれたと考えられています。体重は2.5 kg以下、身長は46〜47 cmです、このような子供の発達は、通常の赤ちゃんとは異なります。未熟児は生まれている限り遅れる。これらの赤ちゃんは、貧弱にしか食べず、ほとんど泣くことはなく、すぐに疲れます。

未熟児は環境に適応するのが難しいことがよくあります。両親の助けは、これまで以上に、パン粉を必要とします。愛情、注意、注意を払って彼を囲み、赤ちゃんと一緒にもっと時間を過ごします。未熟児の世話が十分になされている場合、その栄養のバランスが取れていることを確認し、体を強化するマッサージや運動をしてください。それは正しく発達し、すぐに仲間に追いつくでしょう。

関節や発達していない筋肉組織の動きが大きすぎると、子供の体の特定の部分が誤った位置になり、赤ちゃんが座ったり、動き回ったり、歩き始めたりするのに最適な期間が遅れることがあります。

未熟児はいつ座り始めますか? 6〜9ヶ月の年齢までに早産した子供たちは、次の発達段階への準備をする動きがあります。そして未熟児はたった12ヶ月で体調不良になります。

未熟児では、骨格が誤って形成されることがよくあります。筋骨格系が正しく形成されている場合、2年間の人生で満期と未熟児の違いは表示されません。

身体発達の必要なレベル

10ヶ月の子供がソファに座っています

それでも、パン粉が座ってクロールし始めるのはいつですか。これらのスキルを習得することは何に依存しますか?答えは非常に簡単です - 赤ちゃんの体の発達の程度について。背中の筋肉、腕、足の強さ、背骨の強さ - これは、赤ちゃんが座る準備ができているか、単独でクロールする準備ができているかを示しています。

Чтобы ребёнку самостоятельно занять сидячее положение, у него должны достаточно окрепнуть мышцы спины и брюшного пресса. Но даже при этом условии сидячее положение – большая нагрузка на позвоночник новорождённого. Малыш готов к тому, чтобы сесть, если:

  • он сам может легко перевернуться с живота на спину и обратно,
  • много шевелит ручками, ловит ваши кисти для того, чтобы приподняться,
  • свободно и уверенно держит голову и предпринимает попытки приподнять верхнюю часть тела на ручках.

体重は大きな役割を果たします。パン粉が重いほど、新しい運動技能を習得するのが難しくなり、背骨にかかる負荷も増えます。ぽっちゃり系のベイビーは通常彼らのより細い仲間の後に座り始めます。

自力で這うためには、子供は自信を持って上半身を腕の上で持ち上げなければならず(そしてこれは上肢帯の筋肉が発達して強くなければならないことを意味し)、背中と脚の十分に強い筋肉を持っています。

男の子と女の子の発達の特徴

女の子と男の子は、非同時発生の発達においてこれらの指標を達成します。その性質は、女子が発達において男子を凌駕するように配置されており、出生時のこのギャップは3〜4週間です。女の子は2-3ヶ月早く最初の一歩を踏み出し、最初の言葉で4-6ヶ月で男の子を追い越します。

記事の内容

  • 子供は何歳の時にクロールして座り始めますか
  • クロールするように赤ちゃんに教える方法と時期
  • 赤ちゃんが這い始めたとき

子供が頭を抱えて寝返りをすることを学んだ後、彼は新しいスキルを学ぶことを試みます。誰かがクロールするために4つすべてに乗ろうとしています。誰かが最初に座ることを学びます。

座ることを学ぶ

毎月、背中、首、プレスの筋肉が強くなり、徐々に子供は体の水平方向の退屈な姿勢を変えたいと望んでいます。原則として、これは5-7ヶ月の年齢で起こります。 8ヶ月の歳までに、90%の子供たちが一人で自信を持って座ることができます。

赤ちゃんが座る準備ができていることをどうやって理解するのですか?彼にあなたの腕を伸ばしなさい。手のひらを持って腹筋を緊張させながら前方に引っ張ると、スタートしたことになります。プロセスを早くするために、子供を「座らせる」ようにしている両親もいます。彼を両手で抱きながら枕の中や柔らかい場所に置きます。これは、赤ちゃんが生後6ヶ月になって初めて可能になります。

初めて座ると、子供は転倒しますが、だんだんと腕にもたれかかるようになり、7ヵ月目になるまで - サポートなしで座って、自分の好きなおもちゃを買うために向きを変えることすらあります。ある日、赤ちゃんは両手を傾けながら、前傾してバランスを保とうとしますが、これはあなたの子供がもうすぐクロールするという合図になります。

クロールを学ぶ

子供は一人ひとりユニークなので、最初にクロールすることを学んだときに座っていない可能性があります。彼がクーデターを習得して、そしてあなたに会うために彼の腕の中で上がるであろう後に、その日は赤ん坊がひざまずいて押し出し始めるときに来るでしょう。

通常子供は6-7ヶ月の年齢で這い始めます。誰かが最初に後方にクロールし、誰かが彼の胃の上にいる。誰もが彼にとって最も便利な方法を選びます。最初の試みは常に遅くて不確実です。 9〜10ヵ月で、子供は左足と右手を交互にしながら、右足と左手を交差させながらクロスクロールすることを学びます。その年までに、彼はついに習得してまともなスピードを手に入れました。

赤ちゃんをどうやって手助けできますか。彼をいつもアリーナやベビーベッドに置いてはいけません、もう4ヵ月から子供を床の上やソファの上に置き、彼の前におもちゃを置きます。それから彼はそれらに着くための動機を持つでしょう。子供の進路に枕や毛布などの障害物を置いて、必要に応じて作業を複雑にします。

すべての子供はさまざまな方法で発達します、あなたの知人の子供が既にクロールしているのであれば心配しないでください、そしてあなたはまだ同じ年齢です。しかし、赤ちゃんが最初の誕生日の前夜に動き始めないのであれば、心配する価値があります。

女の子と座る能力

ファンシーな女の子がソファに座ってポーズ

平均的な体重と通常のペースで発達している女の子:

  • 6ヶ月で大人の支援を受けて座ることができます
  • 7に達したら、自分の背中をまっすぐにしてください。
  • 8ヶ月の歳までに、彼らは横臥位/四つんばいの立場で座っています。

これは平均的な数字であり、1ヶ月半の間の偏差も標準と見なされます。子供はそれぞれ個性的で、それぞれ独自の発達ペースを持っています。

その少女は早すぎたの?それで彼女はそれの準備ができていた。主なことは、あなたの娘が座った姿勢で過ごす時間を制限することです。 6ヶ月まで、それは一日一時間以下であるべきではありません。赤ちゃんは座っている間に周りを遊んだり見たりするのが好きですが、背骨はまだそのような負荷を受けるほど強くはありません。

あなたはいつ女の子に座ることができますか?

この点で、女の子は男の子よりも少し気まぐれです。早いうちに座っているため(子供が自分自身で座ったことを試みない場合)、女児は産道の変形のために妊娠に関する将来の問題を抱える可能性があります。子宮の曲がりが早い着席の結果であるかもしれないという広範囲にわたるokolomeditsinsky神話もあります。しかし、そうではありません;子宮の曲がりは、正常な生理学的発達の変種(ならびに性器の少し後ろへの移動)であり、幼児期の女の子の座り込みとはまったく関係がありません。

あなたの娘が自分で座った姿勢をとった途端に、あなたは時々彼女が座るのを手助けしようと試みることができますが、生後6か月前ではありません。

男の子はどのように座り始めるのですか

健康な子供は通常5ヶ月からすでに座っているように試みます、あなたはそれを妨げるべきではありません。しかし、4ヵ月目までに、少年の背骨はまだ長い負荷に備えていません。

7ヵ月で、男の子は通常助けを借りて座ることができ、それから彼らは座り始めることができます。 8ヵ月までに、その少年は自分で背中を握ることができるようになり、そして少し後に、彼は嘘をついてから、あるいは四つんばいの姿勢で座って姿勢をとることができるようになるでしょう。

より明確には、特定の運動能力が子供によって獲得される平均年齢は、以下の表に示されています。

子供が長時間座っていないとどうなりますか?

小児科医が発達障害を見つけられなかったが、子供が座位を取りたくない場合は、彼の体がこれに対する準備ができていないことは明らかです。この場合、あなたは彼を助けることができます。子供は筋肉を強化するためにマッサージや運動が必要です。水泳も素晴らしいです。また、衣服やおむつが赤ちゃんの動きを妨げないようにしてください。彼はこれのためのスペースがなければ単に彼は新しい運動技能を習得することができないでしょう、そして彼の手と足はきつい服やおむつの中にいるでしょう。

クロールする時間

あなたの赤ちゃんが前に何をする、クロールする、または座る - 彼自身のビジネス。このシーケンスの開発には影響しません。しかし、クロールスキルは筋骨格系にとって非常に重要です、それは赤ちゃんが自分でできることは素晴らしい運動です。さらに、クロスクロール(幼児が左腕と右足で同時に前進しているとき、およびその逆のとき)は、子供からの活発な脳活動を必要とし、その発達に寄与する。そのような這っている井戸は最初のステップのために赤ちゃんを準備して、歩くことを学ぶことを予想します。

幼児は、彼らが自分で座ることを学ぶ前に、5〜6ヶ月でクロールを試みることができるが、ほとんどの場合、座位を習得した後、背中の筋肉が完全に強いとき、約8〜9ヶ月である。

クロールスキルの開発には、いくつかの条件付きステージがあります。

  • 赤ちゃんは胃の上をクロールしようとする試みから始めることができますが、まったく前進する必要はありません - 子供が最初に横または後ろにクロールすることは可能です。
  • さらに、オマンコは単純に両足を前に伸びた腕に押すか、四つん這いの位置で揺れることができます。この行動は、赤ちゃんが這うことを学んでいることを示しています。
  • そして最後に、リズミカルで前向きなクロスクロール。

クロールは重要なステップなので、フィットボールの練習、腕や脚の体操、そしてマッサージなどで、子供がこのスキルを習得できるようにします。

子供はそれぞれ個性的であり、小児科のテーブルに収まるように強制する必要はありません。すべての数値は単なる平均値であり、推奨値です。あなたの子供が健康であれば、それは彼が彼が必要とする方法を発達させることを意味します。赤ちゃんが何らかの発達段階を経ることは不可能です。つまり、忍耐強く、子供の発達を手助けする必要があります。

Pin
Send
Share
Send
Send