人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

吸入指導のためのヒドロコルチゾン

鼻炎、喉頭炎、気管支炎およびその他の呼吸器系疾患が吸入を処方される場合が多く、吸入薬はネブライザーを使用して気道に入ります。そのような吸入療法に使用される薬の一つはヒドロコルチゾンです。子供のために彼と一緒に手技を実行することが可能であるかどうかを誰もが知っているわけではありません。

構成とフォーム

懸濁液が付いているアンプルである薬剤の液体の形態を使用してプロシージャのため。この薬は関節や筋肉への注射を目的としていますが、吸入用に処方されることがよくあります。

溶液の主成分は酢酸ヒドロコルチゾンです。 1つのアンプルのその適量は25 mgおよび50 mg両方です。吸入の場合、特に小児が手を加えられる場合は、通常、低用量(25 mg / 1 ml)が使用されます。

薬の補助成分は、滅菌水、ベンジルアルコール、塩化ナトリウム、ポビドン、プロピレングリコールとソルビトールです。各アンプルは2mlの薬を含み、1箱に5または10個のアンプルがあります。

それはどのように機能しますか?

"ヒドロコルチゾン"はグルココルチコイドホルモンの一つですので、薬は顕著である 抗炎症作用

また、この薬 かゆみを軽減し、腫れを和らげます。 炎症の病巣に影響を与え、それはそれらの中の血球の蓄積を防ぎ、炎症反応を支える化合物の生産を減らし、そしてまた血管壁の透過性を減らす。これらの効果のおかげで、ヒドロコルチゾンの吸入は、のどのけいれん、吠える咳、喉頭の腫れ、およびness声を解消するのに役立ちます。

何歳までできますか。

吸入の形の「ヒドロコルチゾン」による治療は、2歳以上の子供に処方されます。しかし、医師がこのことについて深刻な兆候を見れば、その薬はより早い年齢(3ヶ月から)で使用することができます。小児科医なしで3歳未満の子供のための手順を行うことは許可されていません。

「ヒドロコルチゾン」の吸入が求められています。

  • 喉頭炎とは。
  • 喉頭気管炎を伴う。
  • 偽のクループと。
  • 急性気管支炎を伴う。
  • 気管支喘息の場合

このような治療法の最も頻繁な適応症は喉頭痙攣です。

禁忌

ネブライザーによるヒドロコルチゾンによる治療は、以下の場合には推奨されません。

  • 腎不全
  • 真性糖尿病
  • 体温が上がる。
  • 消化管の潰瘍
  • 結核
  • 肝不全
  • 動悸または血圧の上昇が増加する心血管系の疾患。

使用説明書

緊急治療のため、吸入は攻撃中にのみ行われることがよくあります。適量は医者によって個々に決定されます(病気の性質および子供の年齢に基づいて)。ほとんどの場合、1ミリリットルの懸濁液が1つの手順のために処方され、それは2〜3ミリリットルの食塩水で希釈されるべきです。より正確な比率は小児科医によって促されるべきです。

吸入のためには、バイアル「ヒドロコルチゾン」、生理食塩水、ネブライザー、シリンジを用意する必要があります。貯蔵中に薬物粒子は底に沈降するので、懸濁液を最初に振盪しなければならない。次に、アンプルの上部を折った後、1 mlの溶液を加えてネブライザーコンパートメントに注ぐために注射器を使うべきです。その後、生理学的溶液を注射器で取り上げ、そして医師によって処方された比率で、ネブライザーにも加える。

手術時間は通常5〜10分です。 強い息が痙攣を悪化させる可能性があるので、小さな患者は薬を静かに吸入するべきです。

吸入した後は、口をすすぎ、少なくとも30分間は食べないようにすることをお勧めします。 1日に2回を超える吸入は望ましくありません。

購入と保管の条件

アンプルで「ヒドロコルチゾン」を購入するには、まず医師に相談し、そのような薬の処方を受けなければなりません。薬の10アンプルの平均価格は150ルーブルです。自宅でサスペンションを保管する温度は、+ 15度以下でなければなりませんが、凍結させてはいけません。一番いいところは冷蔵庫の一番上の棚でしょう。そこでは薬は小さな子供にはなりません。薬の賞味期限 - 3年間。

吸入のための懸濁液「ヒドロコルチゾン」の使用に関して、多くの母親は前向きに反応します。彼らは、この薬が局所的に作用し、そして非常に迅速に浮腫を取り除き、その結果このツールが喉頭痙攣および吠える咳に役立つことを強調しています。多くの親はこれがホルモン剤であることを怖がっていますが、ほとんどのレビューでは、母親は副作用がないと言っています。

あなたは "ヒドロコルチゾン"を交換する必要がある場合、医師は同様の治療効果がある他の薬と一緒に吸入を処方することがあります。

  • "Pulmicort"ブデソニドに基づくこのような薬物は、クループ、喘息および他の気管支閉塞の症例に使用されている。それは吸入のための定量投与懸濁液によって表され、6ヶ月以上の子供たちのために承認されています。
  • "Budeen Steri-Neb"この薬はブデソニドも含み、吸入用バイアルで利用可能です。子供のために、薬は6ヶ月歳から気管支喘息や偽クループのために処方されています。
  • "ヒドロコルチゾン - リヒター"。この調剤では、リドカインがホルモンに加えられるので、薬はしばしば喉頭炎を表す重度ののどの痛みのために需要があります。
  • 「デキサメタゾン」。吸入には注射液を塗布する。このような喉頭治療薬はどの年齢でも使用できます。

吸入薬

すべての薬は医者を処方した後に使われるべきです。投与量を観察する必要があります、そうでなければ、アレルギー反応の危険性、ならびに副作用の発生または疾患の合併症があります。

  1. 抗生物質。細菌による呼吸器系の病変に使用されます。ストレプトマイシン、Fluimucil、Ceftriaxoneが吸入に使用されます。
  2. 粘液溶解薬。粘液溶解薬は痰を薄くするために使用されます。 Mukaltin、Perkusin、Gdeliksなどの薬が使われています。
  3. 免疫調節剤。免疫をサポートするために使用されます。予防のために使用されるデリナット、クロロフィルプト、ミラミスチン。
  4. 気管支拡張薬。気管支喘息の症状を緩和するために。中古Atrovent、ベロテック、ベロデュアル。
  5. ホルモン。このタイプの調剤は炎症を軽減します。 Cromohexal、Dexamethasone、Pulmicortなどの薬が使われています。

生理食塩水は吸入に使用されます。食塩水で、薬は主治医によって示されるような比率で希釈されます。

ヒドロコルチゾン使用の適応症

吸入は病気の部位に直接影響します。ヒドロコルチゾンの助けを借りて、気管支炎、気管支喘息、喉頭気管炎などの疾患が治療されます。ヒドロコルチゾンは、グルココルチコイドの群からの抗炎症薬を指す。

  • 開発を中止します 炎症過程、そしてまた病原性微生物の活動を減らす。
  • 毒素を取り除く 腫れを和らげます。
  • 削除します アレルギー反応

ヒドロコルチゾンの使用は呼吸を正常化し、また炎症を軽減します。薬は正常に痰を希釈し、それがその除去に寄与します。

ヒドロコルチゾンの使用説明書

吸入には懸濁液のみが使用されます。酢酸ヒドロコルチゾンは2 mlアンプルで入手可能です。 1つのアンプルは、0.05グラムのヒドロコルチゾンおよび賦形剤を含む。 Hydrocortisone-Richterは重症の浮腫や他の重症の場合に使用されます。 5mlのバイアルで利用可能で、酢酸ヒドロコルチゾン125mgを含みます。製剤は賦形剤と共に25mgのリドカインも含有する。薬物中のリドカインは麻酔効果をもたらします。

ヒドロコルチゾンによる吸入が行われます。

  1. 即興手段の助けを借りて。あなたは自宅で吸入を使用することができます。このために、少量の薬がお湯に加えられます。患者は布で覆われ、その下に水蒸気がたまります。人は水の容器の上にいて、調合物を含む蒸気を吸い込みます。 10歳までの子供への吸入のための時間は5 - 8分です。大人は15分まで蒸気にさらされることができます。 1日に3〜5の手順で実施することが認められています。 1日のヒドロコルチゾンの量は30グラムを超えてはいけません。手続きは5〜10日です。
  2. ネブライザーの助けを借りて。以前のバージョンよりも優れた効果を提供します。利点は蒸気が炎症の病巣に直接作用することです。子供たちのために、1 mlの薬を2 mlの食塩水と混合し、溶液を入れるタンクに加えます。大人のための線量は生理食塩水の1mlあたり2mlに高められます。ネブライザーにはいくつかのノズルがあります。ノズルのおかげで、蒸気の雲が呼吸器系の届きにくい場所すべてに浸透します。蒸気浸透の質のために、処置時間は短縮される。 6歳未満の子供は1日1回ネブライザーを使用することが許可されています。 12歳未満の子供は1日2回、大人は最大3回ネブライザーを使用できます指示に従ってヒドロコルチゾンを使用した処置の総数は5回を超えてはいけません。

手続きのルール

ヒドロコルチゾンの吸入は、胸やのどを圧迫しないように、快適な衣服で行ってください。治療は以下の規則で効力を達成します:

  • 医師のすすめ 尊重する必要があります。また、薬の指示を考慮する必要があります。
  • 吸入は適用可能です 食後1〜2時間。
  • 吸入禁止 身体活動。
  • 病気の蒸気を吸い込む のどが口から、頭が鼻から冷えている時になければなりません。
  • 蒸気は超過してはいけません 子供のための30度70度までの大人のための蒸気の温度。
  • 手続き後 それは黙っていることをお勧めします、そしてそれはまた2時間食べ物を食べることは禁止されています。

薬の使用は穏やかな雰囲気の中で行われるべきです。人は快適な姿勢を取り、他のことに気を取られてはいけません。

副作用

吸入にヒドロコルチゾンを使用すると、副作用が生じる可能性があります。薬の制御されていない投与量は健康の悪化につながります。吸入を使用する前に医師に相談することをお勧めします。

薬ヒドロコルチゾンの副作用は次のとおりです。

  • 吐き気の出現。
  • しゃっくり
  • 過敏性。
  • アレルギー反応

薬を単独で使用した場合、および医師の処方箋に従わなかった場合、副作用が発生します。副作用は一般的な幸福の悪化に現れています。まれに、体重増加だけでなく、皮膚に発疹がある場合もあります。

薬の説明

この薬は副腎皮質によって合成され、ホルモン薬に属するヒドロコルチゾン - グルココルチコステロイドを含んでいるので、医師の厳密な監督の下でのみ使用されるべきです。しかし、薬がホルモンを含んでいるという事実を恐れてはいけません、どんな副作用の適切な使用でも起こるべきではありません。薬の主な有効成分は、ヒドロコルチゾンまたは酢酸ヒドロコルチゾンで、これらは単なるコルチゾンよりも活性の高い物質と考えられています。

吸入については、筋肉内投与を意図した懸濁液が使用されるが、使用説明書はそのような使用方法を意味しない。しかしながら、医師は吸入のためにヒドロコルチゾンを積極的に放出し、そして活性物質が直接患部に到達するという事実のために、結果はほとんどすぐに目立つだろう。 1日の服用量は1日25グラムを超えてはならないことを覚えておくことは重要ですが、この量は望みの効果を得るのにかなり十分です。

この薬は、抗ヒスタミン作用によるアレルギー発作を完全に和らげ、喉頭の腫れ、喉頭炎、炎症を緩和します。これは、喉頭炎、気管支炎、喘息の悪化の際に起こります。さらに、ヒドロコルチゾンは体内のインターフェロンを遅らせることができ、それは免疫システムの低下を防ぎ、回復を加速します。

この薬は禁忌です:

  • 妊娠中の女性は、結合組織の構造化能力を低下させるため、胎児の発達に異常を引き起こす可能性があります。
  • 結核に苦しんでいる、薬が再発を引き起こす可能性があるため、
  • 糖尿病患者
  • 骨粗鬆症の人、この薬は病気の進行とその​​増悪に寄与するため、
  • 消化性潰瘍の患者には - ヒドロコルチゾンは穿孔や内出血を引き起こす可能性があります。
  • この薬は血圧を著しく上昇させ、心拍数を上昇させるので、心血管障害のある人々、
  • 65歳以上の人。

身体の反応を監視し、薬物に対する個々の不耐性の兆候が見られた場合は直ちに使用を中止することも必要です。

薬の使い方

喉頭炎のためのヒドロコルチゾンの吸入は、必要な薬の量を計算する義務があり、薬局でグルココルチコステロイドを購入するのに必要な処方を書くことを義務付けられている担当医の同意を得て行われるべきです。

この薬は、喘息やアレルギーだけでなく、気管支炎によく悩む人に最適です。

成功した吸入のために必要となります:

  • 吸入用の水溶性ヒドロコルチゾンアンプル
  • ネブライザー - 吸入装置
  • 生理食塩水、
  • 注射器

必要なものをすべて用意したら、吸入混合液の希釈に進むことができます。この溶液は、3ミリリットルの生理食塩水に対して25ミリリットルのヒドロコルチゾンの比率で混合しなければなりません。子供が病気であるならば、あなたはあなたの医者に投薬について相談するべきです。 1日に2回以上の吸入処置、特に子供は行わないでください。溶液の調製を始める前に、皿をよく洗ってから、アンプルの先端を壊して懸濁液をシリンジに引き込み、それを食塩水と混ぜ合わせる必要があります。通常モードでは呼吸は必要で、深すぎず、そうでなければ呼吸活動の増加による咳の強いフィットが起こるかもしれません。

ヒドロコルチゾンによる吸入は、持続性の非咳嗽性咳嗽を治療することもできるジオキシジンベースの手技と組み合わせることができます。薬物としてのジオキシジンはヒドロコルチゾンより効力が劣るわけではないので、それらに基づくすべての吸入は担当医の監督の下で行われるべきです。ヒドロコルチゾンとジオキシジンに基づく治療に成功すると、気道を消毒し、のどの腫れやけいれんを和らげることができます。また、病原体に対して強力な殺菌効果もあります。

薬はどのように機能しますか?

ヒドロコルチゾンは純粋な形でもリドカインとの組み合わせでも入手可能です。これは心拍数を下げ、けいれんを解消する局所麻酔薬です。小児科医または耳鼻咽喉科医はまさにそのような組み合わせを処方するかもしれません。

例えば ​​- その組成にリドカインを持っている吸入のためのHydrocortisone Richter。このツールは、炎症を和らげ、プロスタグランジンの合成を抑えることを目的としています。これにより、痛みやけいれんを確実に解消できます。

グルココルチコイドの特徴:

  • ふくれを解消します。
  • アレルギー反応や炎症と戦ってください。
  • それらは痰を希釈し、それらの迅速な分離および除去に寄与する。
  • 免疫刺激機能を提供し、インターフェロンの産生を保護します。

このツールは急性攻撃に使用され、適用後10〜15分で高い効率が認められます。

この結果は、薬の焦点の影響によって引き起こされます。患者は、呼吸の鎮静、けいれんの解消、去痰効果の増加に気付いた。

これらのグルココルチコイドの使用はより少ない副作用を引き起こします。手順の主なものは、プロポーションを厳守することです。

正しい計算には専門家がいます。予約の前に、禁忌のリストに含まれている可能性のある病理について彼に知らせる必要があります。

小児吸入用ヒドロコルチゾン:使用の特徴

呼吸器理学療法技術の使用における主な役割はホルモン希釈です。気管支炎と気管炎の場合、成人はステロイドを生理食塩水で1:1または2:1の比率で希釈することをお勧めしますが、子供のための投与量は異なります。

  1. 1 mlの抗炎症薬を2 mlの生理食塩水に割り当てます。
  2. 小児科医が必要と考える場合、彼は2歳までの子供のための解決策を、食塩水5mlあたりエマルジョン1mlの割合で処方することができます。

これらの比率はアンプル中の物質に関連しています。量は注射器で測定することができます。

  1. 子供は1日に2回、朝と夕方に手術を行うことが示されています。また、急に急いで咳をするような発作の場合も許可されます。
  2. 治療の経過は3から7日間続きます。

最初の3日間は、その後1日に2回吸入を使用します - 突然の薬物離脱の選択肢を排除するために、1日1手順に切り替えます。

小児科医は吸入のためのヒドロコルチゾンをアンブロキソールを含む薬と交互にするべきである処方を処方するかもしれません。

喉頭炎に対するヒドロコルチゾンの吸入

Средство разводится с физраствором в тех же пропорциях, что и при бронхите или бронхиальной астме. 喉頭炎のためにヒドロコルチゾンを使用すること、1つの特徴を考慮に入れてください:喉頭が炎症を起こしているので、蒸気の吸入は鼻と口を通して起こらなければなりません。

併用療法は回復を早め、腫れを止めます。成分に対する感受性がない場合は、吸入用混合物を調製する:1 mlのKalanchoeジュース、1%のチノソル溶液(抗菌薬)、2%のヒドロコルチゾン懸濁液、および2%のエトニウム溶液(消毒物質)を混合する。
[ads-pc-1] [ads-mob-1]ホルモン薬に基づいて適切に吸入する方法を医者に尋ねるとき、あなたは知っておくべきです:この種の手順はそれ自体回復の鍵ではありません。有資格の専門家によって処方された治療への統合的アプローチの場合にのみ有効です。

薬の価格は2mlの10アンプルのパックごとに140ルーブルから始まります。

彼らが言うように、家族の壁は扱われます。薬局で、私は吸入薬 - ヒドロコルチゾンを服用するように忠告されました。私は指示を研究しました、それについて私を恐れなかったので、私は自信を持ってそれを入手しました。それは数日で私たちを助けました。 Evgenia、32歳

アドバイスはよかった。私の娘は3日間の処置の後に咳をやめました。その薬が奇跡的な効果をもたらしたのか、それとも子供が初期段階にあったという事実によって影響を受けたのかはわかりません。 Tatyana、47歳

他の薬の結果として買った。利点のうち、私はこれまでのところ他の薬と比較してその低コストだけでなく、その関連性を言うことができます。結局のところ、この薬は多くの人に勧められています。私はちょうど用心していました。 Andrey、34歳

しかし、薬はこれらの症状に対処します。退院後、私は薬局に行き、念のため自分でそれを買いました。突然私たちがそのような病気に追いつかれたら、私たちは自宅で治療を受けようとします。結局のところ、病院は病院です。その巣の中はまだ居心地が良いです。 Alexandra、39歳

吸入とは

これは鼻腔からの吸入による薬の使用です。扁桃炎、気管支炎、喉頭および靭帯の炎症、気管支喘息、鼻炎、喉頭咽頭炎、病状の予防、のどの痛みや咳による急性呼吸器感染症などの予防や治療に使用できます。

蒸気は炎症、けいれん、および腫れのプロセスを減らすのに役立ちます。水分補給と気管支粘液の除去を促進します。結果として、この疾患は、蓄積した痰の頻繁な去痰によって人体から「排泄」される。

薬の特徴

薬 "ヒドロコルチゾン"は、グルココルチコイドの一つである強力なホルモン剤です。副腎皮質に位置するホルモンコルチゾールの天然類似体。各パッケージには吸入の指示が含まれています。薬局で薬を買うことができます。

それは薬が専門家による処方箋によってのみ使用が推奨されていることを忘れないでください。

ヒドロコルチゾンの吸入は、ショック、かゆみ、炎症、毒素、アレルギーなど、さまざまな方向に同時に作用します。次の放出形態がある:錠剤、凍結乾燥粉末、ヒドロコルチゾンの懸濁液。

最も人気のある薬

最も人気のある吸入薬は、ヒドロコルチゾン・リヒターです。薬はハンガリーで生産され、アンプルの形で生産され、ある場所に長期間滞在すると、底に沈殿物が形成されます。容積 - 5ミリリットルは、それが多くの補助物質を含んでいるので、重い病気の治療に使われます。軽量の病気には "酢酸ヒドロコルチゾン"(2ミリリットルのアンプルの形で)の薬が必要です。使用前に振ってください。多くの場合、リドカインと同時に使用されます(筋肉内注射)。

吸入剤「ヒドロコルチゾン」はアンプルだけで作られています。他の形の薬は適していません。

行動手段の特徴

薬は純粋な形で製造され、リドカインと混合されます。心臓収縮の頻度を減らし、けいれんを解消するのは局所麻酔薬です。耳鼻咽喉科医や小児科医はまさにそのような組み合わせを処方することができます。

例えば、「Hydrocortisone Richter」は吸入用のリドカインを持っています。この薬は炎症を抑え、プロスタグランジンの合成を減らし、それによってけいれんや痛みの解消を確実にすることを目的としています。

  • 膨らみを解消
  • アレルギー性の炎症や反応を取り除きます。
  • 痰を希釈し、素早く分離して回収するのに役立ちます。
  • インターフェロンの産生を維持しながら免疫刺激機能を提供する。

メリット

アンプル中の「ヒドロコルチゾン」は急性発作に使用され、目に見える効果は10-15分後に観察されます。この結果は、薬の焦点効果によって説明されています。患者は、けいれんの排除、より容易な呼吸、改善された去痰効果に気付いています。

  • これらのグルココルチコイドの使用は副作用の数が少ない、手順の中で最も重要なことは正確に割合に従うことです、
  • スペシャリストは正しい計算をします、申し込む前に、あなたは禁忌の中にあるすべての病理について彼に知らせる必要があります(もしあれば)。

取扱説明書は他に吸入のためにヒドロコルチゾンに何を与えますか?

子供の治療のための吸入の使用の特徴

子供は大人よりも少ない頻度で吸入されます。この治療法はホルモンです、そしてそれは減少した免疫で成長している体を治療するために慎重に使用されます。吸入のための投与量「ヒドロコルチゾン」は成人の投与量とは非常に異なります。 2年間まで、医者だけが赤ちゃんに薬を処方することができます。

1ミリリットルの物質は最大5ミリリットルの食塩水を持つことができます。投与量は子供の体の状態と病気の重症度によって異なります。 2歳未満の患者に吸入するための「ヒドロコルチゾン」は極端な場合に処方されます - 喉頭浮腫または肺の病理学のために。吸入回数は5日間1日2回以下です。病気が続く場合、医者は別の薬を処方します。 「ヒドロコルチゾン」エマルジョンは、6ヶ月に1回以下の治療用に処方されています。

1日2回使用する場合、薬は3日間適用することができます。 4回目からは1回の吸入に切り替えて徐々にそれを放棄する必要があります(ホルモン剤の使用を中止するための規則)。

子供の吸入のための手段を適切に希釈する方法は、特定の子供の個々の特性に基づいて、正確に医者に言います。強い咳や急性の痛みを伴う吸入を使用すると、患者は10分後にその効果を感じるでしょう。夜は目が覚める頻度が少なくなるので、夜間に睡眠をとることをお勧めします。

ヒドロコルチゾンによる喉頭炎の吸入

薬は、気管支喘息または気管支炎の場合と同じ割合で食塩水で希釈されます。喉頭炎でそれを使うとき、あなたはこの特徴を考慮に入れるべきです:喉頭が炎症を起こすように、蒸気は口と鼻を通して吸われなければなりません。

組み合わせた準備は腫れを排除し、治癒過程をスピードアップするのに役立ちます。身体が組成物に敏感でない場合は、吸入混合物を調製する:1ミリリットルのカランコエジュース、吸入用のヒドロコルチゾンエマルジョン、キノソール溶液(1%)、エトニウム溶液(2%)。

ホルモン剤による吸入を適切に行う方法を専門家に指定して、この種の治療はそれ自体では回復の保証ではないことを知っておく必要があります。それは医者によって規定されている統合されたアプローチとだけ有効です。

妊娠中の使用

妊娠中はいつでも「ヒドロコルチゾン」を使用することは禁止されています。これは胎児の発育を止めるか、または自然流産を引き起こします。現在の製薬業界は、泌乳期および妊娠期に承認されている多くの医薬品を製造しています。しかし、この薬はその類似体を含めてそれらには適用されません。

ヒドロコルチゾンの吸入は大人と子供にとって常に安全ですか?

他の薬との併用

アンプル中の「ヒドロコルチゾン」は他の薬とうまく合いません。それはほとんどの解熱剤に含まれているパラセタモールの負の特性を高めることができます。体からの抗生物質の除去を促進し、心臓薬の効果をブロックします。同時に使用すると、他のホルモン物質と「ヒドロコルチゾン」を併用するとニキビが発生します。

解決策が適用されたとき

そのような場合には吸入用のヒドロコルチゾンを指定します。

  • 気管支炎
  • 喉頭炎
  • 喉頭気管炎
  • 気管支喘息

これらの各疾患は、炎症、組織の腫れを特徴としています。喉頭炎や他の呼吸器疾患のためのヒドロコルチゾンの吸入は炎症と痛みを伴う感覚を取り除くのを助けます。そして、それは治癒過程をスピードアップするでしょう。

使い方

ネブライザー(超音波、コンプレッサーおよびメッシュネブライザー)は、これらの装置が使用するのに便利であるだけでなく、組織への薬物の迅速な侵入、したがって治療効果の可能な限り早い発現を容易にするので、吸入に好ましい。

手順の準備

治療が望ましい結果をもたらすために、それはいくつかの簡単な規則に従う価値があります:

  • 吸入の1時間前から、身体活動は除外されるべきです。
  • 処置の約2時間前と30分後。それは液体を食べたり飲んだりすることはお勧めできません後
  • 患者が発熱している場合は、吸入処置を延期する必要があります。

有害反応および禁忌

そのような病気のための吸入を行うためにグルココルチコステロイドを使用しないでください:

  • 消化管の潰瘍性病変
  • 結核
  • 糖尿病の診断
  • 骨粗鬆症の発生

薬物の無秩序な使用により、有害反応および様々な慢性疾患の悪化の危険性が高まります。

グルココルチコステロイドは体重の増加、にきび病変の発生を引き起こす可能性があることに留意する必要があります。さらに、ヒドロコルチゾンは患者の心理的感情的気分を変えることができます。

妊娠中や授乳中、および60歳以上の人にはこの薬を使用しないでください。

薬は非常に効果的ですが、それはホルモン薬の中であることを忘れないでください、それでその使用は例外的なケースでそして医者の助言だけで示されます。

吸入におけるヒドロコルチゾンの使用

吸入用ヒドロコルチゾンは副腎ホルモンに似た合成物質です。炭水化物とタンパク質の代謝を調節することで炎症を解消します。物質はさまざまな形で発行されます。吸入処置のためには、通常のものと装置(ネブライザー)エマルジョンを使用して実施されるものの両方がアンプルに使用される。

ヒドロコルチゾンは以下の病気に癒しの効果をもたらします。

  • 気管支炎
  • 喉頭炎を伴う吸入。
  • 喉頭気管炎。
  • 気管支喘息
  • けいれん性咳。

重要です!吸入にヒドロコルチゾンを使用する前に、あなたはすべてのあり得る禁忌に精通しているべきです。

ホルモン薬ヒドロコルチゾンは、抗炎症効果を持ち、ハースが広がるのを防ぎ、毒素を取り除きます。その結果、ふくれが緩和されます。リドカインを使用して製造された薬には、鎮痛作用があり、けいれんを取り除き、脈拍数を減らします。医者はまさにそのような組み合わせを処方することができます。ヒドロコルチゾンリヒターは痛みを解消するリドカイン薬です。

ヒドロコルチゾンの子供

小さな患者は筋肉内で使用されているのと同じヒドロコルチゾンを吸入します。それは - 液体の純粋な薬と一緒にアンプルを使うことです。小児科医は気管支やのどの腫れを和らげるために子供にこの手順を処方することができます。

子供用アンプルに純粋な薬を使用することの特徴は以下の通りです。

  • 希釈した形で使用するためにホルモンを希釈するにはどうすればいいですか?生理食塩水とヒドロコルチゾンは1:2の割合で摂取され、2歳までの乳児は1:5の割合で服用され、吸入用に注射器で希釈することが可能です。
  • 吸入は午前中、夕方、または攻撃中に緊急に行うべきです。コース終了時には1日1回に切り替えます。
  • コースは3日から1週間行われます。
  • 処方時に、ヒドロコルチゾンはアンブロキソールと代替します。

小児におけるヒドロコルチゾンの吸入は、状態が緊張している場合は実施しないでください。最初にあなたは子供を落ち着かせ、好ましい環境を作り出す必要があります。医療用スチームタンクに費やす分数は年齢によって決まります。 4時、4分後、7 - 7分前に座る必要があります。蒸気の温度は30度を超えてはいけません。

ヒドロコルチゾン - 吸入用使用説明書

以下の規則を厳守しながら、ヒドロコルチゾンを吸入して吸入する。

  • 一日の投与量は30ミリリットルを超えることはできません。
  • 他の薬と薬を混ぜる必要はありません。
  • 使用前後に運動しないでください。
  • この手順は、10分間、1日に3回以下実行されます。

吸入効果は、吸入器、ネブライザー(そのうちの2つ目は非常に機能的です)の使用により良くなります。流れを調整することができます。手順はヒドロコルチゾンの懸濁液を用いてのみ行われる。これらは、2mlのアンプル中の酢酸ヒドロコルチゾンおよび5mlのバイアル中のヒドロコルチゾン - リヒターである。組成物は他の抗炎症鎮痛剤を含む。

吸入は以下の手順で行われる。

  • 処方された投与量でお湯にヒドロコルチゾンを追加します(混合物がネブライザーにロードされている場合はより良いです)。
  • 患者は、タオルで覆われた鍋にもたれかかり、ペアで呼吸します。成人の吸入時間は15分です。日中は、3つの手順が推奨されています。コース - 最大10日間吸入は、吸入器または装置、つまり蒸気を炎症の中心に向けるネブライザーを使用するとより効果的になります。
  • 成人用量 - ヒドロコルチゾンおよび生理食塩水2 ml、1 ml。吸入容量に加算されます。
  • この手順は、食べてから1時間後に行われます。それの後で、あなたはまた家を出る、喫煙する、食べる必要はありません。
  • 吸入の30分前には、落ち着いて運動をしないでください。
  • 風邪を引くと、カップルは鼻を使い、咳や咽頭痛をし、口を使って吸い込みます。
  • 蒸気の温度 - 大人のための70度まで。
  • ポーズは心地よく、服もなく、気を散らすべきではありません。

ネブライザーでのヒドロコルチゾンの吸入

装置の助けを借りた装置の吸入 - ネブライザーはより効果的で便利です。ヒドロコルチゾンエマルジョンをこの装置で噴霧しそして吸入する。さまざまな病気に対応する機器アタッチメントに取り付けます。溶液はエアロゾル雲に変わり、気道の正しい場所に浸透します。治療期間は鍋の上の蒸気の吸入と比較して2倍短縮されます。また、日中に実行される手順の数を減らすことも可能です。

注意してください。このホルモン薬をネブライザーを使わずに通常の手順で行うと、合併症を引き起こす可能性があります。したがって、この装置はヒドロコルチゾンを使用するすべての場合に必要です。

アンプル中のヒドロコルチゾン

吸入用バイアル(すなわち、液体)中のヒドロコルチゾンは、適用時に規則の順守を必要とします。すなわち、禁忌は以下の場合に利用可能です。

  • 37.5を超える体温
  • 頻繁な鼻血、
  • 心血管障害
  • 2歳未満の子供と。

また純粋なヒドロコルチゾンは次のもののために規定されていません:

  • 糖尿病
  • 皮膚炎、発疹、潰瘍、ヘルペス、はしか、
  • 妊娠中、
  • 骨粗鬆症
  • 胃潰瘍や腸、
  • 血栓症の増加
  • 性病、
  • 結核。

2mlのアンプルに入った酢酸ヒドロコルチゾンは他の薬と相互作用する可能性があります。だから彼は:

  • パラセタモールを服用すると毒素の効果が高まります。
  • アスコルビン酸、抗生物質を素早く取り除きます。
  • 心臓血管薬の効果を減らす
  • ナトリウムで体内の薬物の存在下で圧力を高めると、腫れを引き起こす可能性があります、
  • 他のホルモン剤、ニキビの発生と組み合わせると、発疹が起こる可能性があります。

注意!アンプル中のヒドロコルチゾンはもともと吸入用ではありませんでした。したがって、正しい用量に希釈して使用説明書を医師に提示してください。

ヒドロコルチゾンの吸入などの治療は、それ自体では完全な回復を確実にすることはできず、医師によって処方された主な治療との併用でのみ使用されます。

Loading...