妊娠

母乳ながらタトゥー

Pin
Send
Share
Send
Send


妊娠は多くの点で女性を制限し、この時期に以前に解決されたことはすべて不可能になります。 9ヶ月の間、人生の単調なリズムはかなり厄介です、それで、多くは何かを変えたいという願望を持っています、原則として、これは外観に関係します。これらの欲求の1つはタトゥーです、なぜなら手順の後に、あなたは劇的に変化することができるからです。しかし、母乳育児の際に恒久的な化粧(タトゥー)をすることは許可されています - それは赤ちゃんにとって有害で​​はないですか?制限は何ですか?またそれらはどのくらい持続しますか?

妊娠と出産は女性から多くの時間と努力を要します。空き時間がないため、若い母親は美しくとどまり、アクティブなライフスタイルをリードしたいと考えています。美容業界の新しい発展 - 恒久的な化粧は手入れが行き届いているように見えるのを助けます、しかし母乳育児のときに入れ墨をすることは可能です。

恒久的な化粧に関する神話は常識では確認されていませんが、用心を失うべきではありません。美容師は、授乳中の母親のために恒久的な化粧をすることで何か悪いことを見つけません。

しかし、客観的にはこの手続きから女性を阻止するリスクがあります。不安定な体調や感情的な背景のため、医師は妊娠中の女性にはタトゥーを勧めません。

サロンパーマネントメイクアップで授乳中の母親は、制限なしで適用されます。この手順を実行するかどうかにかかわらず、女性はすべての長所と短所を秤量した後、自分で決めます。

失敗の主な原因

泌乳中の女性のために恒久的な化粧手順を実行することは可能です - それは今まで知られていません、質問は最後まで研究されていません、したがって、信頼できる答えを得ることはうまくいきません。その間、小児科の分野の西部の専門家はそれがそれに影響を及ぼさないので母乳育児のときそのような構造が絶対に害でないことを信じる。

入れ墨に使用されるインクは化粧品です、しかしこれらのインクは皮の下の導入のための承認を受けていません。そしていくつかの米国の州では、そのような手順は禁止されてさえいます。

専門家自身が、女性を看護したり赤ちゃんを期待したりするための恒久的な手続きを行うことを拒否することがよくあります。失敗の主な原因は次のとおりです。

•色素組成物中の成分が血流と一緒に女性の乳汁を浸透することがありますが、乳児の体がそのような乳汁にどのように反応するかは不明です。

•手術中に鎮痛剤を使用している場合でも、各個人にはそれぞれ独自の疼痛閾値があり、さらに痛みを感じる危険があります。そしてこれは、将来的にはストレスを引き起こす可能性があります - 牛乳の損失。

•そのような時期にはホルモンが乱れ、メイクアップが以前に望まれていたものとは異なる場合があることを誰もが知っています。たとえば、色が異なる場合があります。

害について正確に信頼できる情報を持っていない、あるいは逆に、授乳期間中のメーキャップの無害についての専門家は、それを安全にプレイしようとします。結局のところ、恒久的な処置とは完全に無関係であっても、どんな影響でもタトゥーに関連付けることができます。当然、責任と責任はすべて主人にあります。したがって、そのような女性のために入れ墨をすることを決心した専門家、またはこの分野で豊富な経験を持っている彼の技術のマスター、または彼の顔を信頼するのは危険である絶対的なアマチュアとアマチュア。いずれにせよ、プロのマスターであっても、恒久的な化粧を行うか、または危険にさらさないために控えることは - 人次第です。最初に、そのような化粧を構成するもの、および看護女性のための手順を実行するときにどんなリスクが存在するかを理解する価値があります。

恒久的な化粧:どのようなタトゥーが望ましくないのですか?

最初のもののインク浸透の深さがはるかに少ないので、恒久的な化粧は通常の入れ墨とのいくつかの違いがあります。タトゥーのデザインでは一生のために残り、そしてタトゥーは一時的であり、4年後に平均的に消えます。

医師は母乳育児の際には刺青の唇を除外することをお勧めします。この主な理由は、この手順の前後に、赤ちゃんを傷つける可能性があるアレルギー反応に対する特別な準備をする必要があるということです。薬を拒絶することは不可能です - ヘルペスは入れ墨の後にしばしば唇に形成されるので、それらは必須の基礎として使われます。

最も人気があり一般的に使用されているタイプのタトゥーの1つは、眉毛のマイクロ色素沈着です。この処置は、ブラシと針だけを使って眉毛を上げることによって行われる。この化粧の後、顔はずっと若く見え、そしてその外観は特別な表現力を獲得する。化粧にはいくつかの種類があります - 最も使用されているもの:

•3Dメイクアップ(上記の両方のタイプの組み合わせ)。

これらの手順の特殊性は、顔への影響が知覚できないようになると、すべてが絶対に自然に見えるということです。

それ自体が治癒する過程は約3週間続きます - それはすべて生物の特性に依存します。この期間全体を通して、創傷治癒特性を有する特別な道具の助けを借りて怪我をした地域を世話しそして治療することが必要です。彼らは母親の牛乳に影響を与えないように、市場には多くの非全身化粧品の準備があります、彼らは赤ちゃんを傷つけることはできません。

どんなインクが使えますか?

タトゥーの前にプロのサロンがチェックするテストを行い、リスクを最小限に抑えます。染料へのアレルギー反応は、訪問者を喜ばせることはまずありません、さらに、それはタトゥーの期間を大幅に短縮します。

インク自体の組成にはさまざまな顔料が含まれています - ミネラル、合成、植物性の場合もあります。そして基礎は水 - アルコール溶液またはグリセリンとされています。血液凝固を増加させるために、しばしばグリコールまたは蒸留水が添加される。

植物性色素は、アレルギーがなければ安全であると考えられています。グリセリンも母乳育児に害を及ぼすことはできません。しかし、これらの種類の顔料は、合成ではなく、顔に付着することがはるかに少ないです。組成物中には毒性があり、母親の母乳に浸透して赤ちゃんを傷つける可能性のある成分があります。したがって、手順の前に、恒久的な化粧用のインクにどのような成分が含まれているかを正確に調べる必要があります。

手術中の痛みと母乳の損失の関係は何ですか?

体によって生成される牛乳の量は、子供がどれだけ食べるのか、そしてどのくらいの頻度で食べるのかによって異なります。摂食が間に合わず、子供の要求によって行われた場合、母親の胸部にある神経インパルスがホルモンプロラクチンを生成するように脳に信号を送ります。母乳の生成を適切な量で刺激するのはこのホルモンです。これだけが生産に影響を与え、他の要因は影響を及ぼしません。

それは他のホルモン - オキシトシンに注意を払う価値があります、それは乳頭小葉から直接乳首自体へのミルクの摂取量に影響を及ぼします。そして女性が痛みを経験するならば、それからこのホルモンの生産はそれぞれ著しく減少します、そして同様にミルクの流れ。したがって、手技の後、牛乳の放出が少なくなる危険性があります。

上記のすべてのことから、直接の痛みと牛乳の損失の間には全く関係がなく、そしてすべての恐れは容認できず無駄です。ストレスだけが生産に影響を与えます。

ホルモンレベルはパーマネントメーキャップの質に影響を与えますか?

女性の母乳育児中に、プロラクチンの増加が観察され、それが次に水塩代謝に影響を及ぼします。それは代謝をかなりスピードアップします、これらすべての要因のために、入れ墨は全く予想外の色合いを得ることができます、そしてまた、しばしば、そのような入れ墨の効果の持続時間は減少します。免疫細胞はこれらの色素を異物として認識し、できるだけ早くそれらを取り除こうとします。どれくらい早くこれが起こるかは、それぞれの生物に別々に依存します。したがって、通常の状況でマスターがタトゥーの最終的な色を知っている場合、授乳中は最終的な色を予測することは不可能です。

恒久的な化粧は、正確かつ定性的に行われても、摂食には全く無害です。しかし、色域の予測不可能性は自分自身には魅力的ではないかもしれません、なぜなら結果は望みどおりではないかもしれないからです。

タトゥーとその潜在的なリスク

この技術によると、タトゥーは、着色顔料を塗布するための表皮の上層への突き刺しです。入れ墨をするときはピアスし、表面から3 mmの深さまで脂質層にペンキを作ります。

刺青の針が表皮の乳頭層に突き刺さったとき深さが0.3-0.8 mmより深くない。したがって、この美容処置は最小限の侵襲性または穏やかなものです。

これら2つの手順は似ていますが、非常に効果的です。入れ墨塗料が浅い層に適用されている場合は、手順から6ヵ月後に痕跡が残ることはありません。

適切な注意を払えば、永久化粧は最長3年間顔面に残ります。タトゥーは人生の間着用者の肌に残ります、それを削除または修正することは困難です。

恒久的な化粧は以下の理由で不当な母親に害を及ぼす可能性があります。

  • 感染 皮膚の穿刺はその完全性を侵害し、そしてそれを病原性細菌、真菌、ウイルスの侵入のための脆弱な場所にする。 HIV、梅毒、ヘルペスウイルス、パピローマ、肝炎 - 無菌の美容院機器と接触したときに身体に入り込むことができるすべての問題ではありません。
  • アレルギー性ショック 反応は入れ墨のための顔料と注射または適用される麻酔薬で起こるかもしれません。アレルギー反応は、女性と子供の両方に現れます。入れ墨に使用される物質のそれぞれは、血流を貫通し、乳房の障壁を迂回することができます。
  • 授乳の問題 看護婦はホルモンの活性を高め、それが感受性の閾値を低下させます。したがって、若い母親は痛みを強く感じていると感じることができます。ストレス下では、アドレナリンホルモンが放出され、それがミルクの放出の原因となるオキシトシンの働きを妨げます。したがって、入れ墨を適用するプロセスは、授乳に失敗する可能性があります。

恒久的な化粧の危険性を知っているので、授乳中の女性は意図的な決断を下すべきです。授乳中に入れ墨をするか、子供が成長するのを待つかです。

この手順の後のリハビリ期間はヘルペスに対する薬を服用することを含んでいるので、授乳中の母親は唇の入れ墨をすることを固く禁じられています。

薬は赤ちゃんに害を与えるので、このアイテムは授乳には適していません。したがって、女性が彼女の胸から赤ちゃんを連れて行った後に永久的な唇メイクをすることが勧められます。

看護女性が恒久的な化粧を拒否される可能性があるもう1つの側面は、結果の予測不可能性です。

言われたように、母親の体のホルモンの不均衡はペンキが不均一に落ちるという事実に導くことができます、顔料は保証された期間より速く落ちるでしょう。

恒久的なメイクアップウィザードは、授乳中の母親に100%の治療結果を提供することはできません。そのため、サービスを拒否することを好みます。例外は、授乳婦と仕事をしてきた豊富な経験を持っているマスターです。

安全上のご注意

看護女性が恒久的な化粧をしていると決心しているならば、専門家の選択は責任があるべきです。母親自身だけでなく、子供の幸福もそれにかかっています。

カラフルな広告を見たり、経験豊富な友人のアドバイスに従うだけでは不十分です。マスタータトゥーを選択するための4つの基準がありますが、それらを考慮に入れる必要があります。

ライセンスの提供

特別な訓練を受け、特別なサービスを提供するための免許を受けた美容師または皮膚科医は、恒久的なメイクを施す際にマスターの活動を実行する権利を有します。

この場合だけあなたは資格のあるサービスを受けるでしょう。

卒業証書の存在、証明書が望ましいですが、より重要なのは専門家からの医学教育の利用可能性です。

美容院キャビネット機器

美容室は適切に装備されている必要があります。ソファに加えて、部屋の中の機器やテーブルは消毒剤でなければなりません。

これは高圧蒸気器具または紫外線ランプを備えた設備である可能性があります。道具は羊皮紙、トレーシングペーパー、またはクラフトバッグに包まれ、滅菌された後に作業に使用されます。

滅菌器具には常に滅菌日が記されています。 「新鮮」それがより安全です。マスターが滅菌されていない器具で作業するのを絶対に許可しないでください。

包装を開けることは顧客の前で起こります。

これは手順の微生物学的な安全性を保証し、多くの深刻な病気からあなたを救います。

使い捨ての滅菌針のみを使用したパーマネントメイクアップの実施。

手順の直前に針が開梱されていることを慎重に確認してください。専門医は、作業時には滅菌マスクを着用して密閉する必要があります。

美容師が働く部屋に必須の要件は、UVランプの存在です。

オフィスの空気を消毒するために必要です。装置は滅菌されていてもかまいませんが、空気中に多数のバクテリア、ウイルス、真菌があると、高い確率で感染が起こります。

クォーターモードキャビネットは特別なスタンドに表示されなければなりません。紫外線による空気消毒のすぐ後に起こるプロシージャに着くことは賢明です。

消耗品の品質

タトゥーマスターの実装では染料の導入と麻酔薬を使用しています。これらの材料は両方とも、絶対に安全で低刺激性でなければなりません。

色素と麻酔薬に対する反応の存在を確認するために、美容師は手技の前にアレルギーテストを実施する義務があります。

薬物の微量投与は、適用の形で皮膚の小さな領域に注射または適用される。その後、あなたは15-20分間体の反応を監視する必要があります。

発赤、腫れ、かゆみ、その他の不快感がないことは、アレルギー反応がないことを示唆しています。

現代の美容師は注射なしで麻酔法を使用します。同時に最新の麻酔薬を使い、表面的な塗布方法でそれらを入れてください。

この麻酔法では、薬は母親の体に全身的な影響を与えることはなく、乳房フィルターを通過する薬の浸透の危険性を減らします。

医師は、酸化鉄を含む顔料でまぶたや眉毛の入れ墨を放棄することをお勧めします。

それらは、腫脹および発赤によって明示される即時型過敏反応を引き起こす。さらに、後で、あなたが磁気共鳴映像法をしなければならないならば、永久的な化粧品の顔料は多くの不快な感覚をもたらすでしょう。

鉄の粒子はMRI装置によって引き寄せられ、それは激しい刺激を引き起こすであろう。

恒久的な化粧用の顔料を製造する多くのブランドがありますが、Premierブランドは使用するのが非常に望ましくありません。この会社の製品は、米国保健省による使用が禁止されています。

その理由 - この化粧品ラインの色素を引き起こす多くの副反応。したがって、入れ墨のための手段を選ぶ際には細心の注意を払ってください。

麻酔薬や色素が牛乳に浸透し、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があることに留意することが重要です。

したがって、入れ墨のために残して、何人かの母親は、表現されたミルクの少量の供給を残して、数時間それらを赤ちゃんに与えます。これは、「有害な」物質の一部から赤ちゃんを救います。

数時間後、麻酔薬が女性の体から取り除かれると、母乳育児を再開することができます。

ポートフォリオの存在と前向きな回答

あなた自身の作品の写真のポートフォリオはあなたがマスターの経験、彼の芸術的な好みを判断することを可能にします。

さらに有益なのは、苦情の本からの顧客レビューとサロンの提案です。有用な情報を含んでいるかもしれないこの文書を求めることを躊躇しないでください。

良い推薦はあなたの親戚、知人やガールフレンドとの良い恒久的なメイクアップの一例です。あなたは同じマスターに連絡することができますが、空気消毒装置と道具をキャビネットに備えて、彼の免許証をチェックすることを忘れないでください。

母乳育児中にまぶたや眉毛を入れ墨するかどうかは、女性自身の決定です。

手技の危険性を知っているならば、授乳中の母親は外見を変えたいと思うなら、彼女はすべての予防措置に従う必要があります。それはサロンとタトゥーの達人の選択について批判的であることが必要です。

看護女性は、自分の健康だけでなく、子供の幸福にも責任があることを明確に認識しているべきです。

タトゥーは何ですか

通常のタトゥーは皮膚の下の深部に染料を注入することによって適用されるので、それはほぼ一生持続します。 При этом во время татуажа красители вводятся только в верхние слои эпидермиса, поэтому эффект от такого перманентного макияжа длится максимум 3 года, но чаще этот срок существенно меньше.

Перманентную татуировку запрещено делать при беременности, но прямого запрета на нее при грудном вскармливании не существует.

Однако, косметологи не советуют при ГВ делать татуаж губ.

事実はそのような入れ墨がしばしばヘルペスの出現を伴うということであり、そしてこれは母乳育児と両立しない特別な薬による治療を必要とします。

最も人気のある処置の1つ - 眉の永久的な入れ墨 - はそのような否定的な反応を引き起こさない。手術後の治癒には様々な防腐剤が使用されていますが、これらは身体の機能に大きな影響を与えることはなく、したがってHBにも使用できます。

体内で発生したホルモンの変化が、女性の痛みの閾値を著しく低下させることを忘れないでください。そして恒久的な入れ墨の前にそれほど不快感をもたらさなかったならば、それから授乳中の痛みは耐えられないことができます。また、顔は人体の最も敏感な部分の1つです。

潜在的な危険

一見眉の入れ墨が一見してどれだけ安全であるかに関わらず、母乳育児時にはそうであるように思われますが、それはまた特定の条件下で身体の機能に悪影響を及ぼす可能性があります。したがって、そのような入れ墨をすることにしたそれらの女性は起こり得る結果を知っているべきです。

  1. あなたが証明されたマスターから入れ墨をしたとしても、それでも体内に感染する可能性があります。結局のところ、皮膚の整合性に違反すると、病原体内部へのアクセスが許可されます。
  2. あなたは、妊娠前ではなかった染料に対する予期せぬアレルギー反応を受けるかもしれません。そして、それはあなたが同じ手段を使って入れ墨をするか、または目新しさを試すかどうかは関係ありません - アレルギーの可能性はほぼ同じです。結局のところ、それは女性のホルモンの背景の変化に依存します。
  3. 永久的な入れ墨用具に使用される物質の中には、母乳に入ることがあります。そしてHBの場合入れ墨が禁止されていないという事実は何も意味しません、なぜならこれが子供にどのように影響を与えるかもしれないかについての真剣な研究が全くなかったからです。
  4. 母乳育児中に入れ墨をすると、結果は完全に予測不可能になる可能性があります。大量のプロラクチンが産生された女性のホルモン的背景の変化は、体内の多くの過程に影響を及ぼします。特に、プロラクチンは代謝過程を大いに促進し、それは皮膚からの塗料の洗い流しの促進をもたらす。そして、それは恒久的な化粧がまったく落ちない、または許容できる結果が特定の領域でのみ達成されることが起こります。
  5. 手術後に現れた外皮については、特別な注意が必要です。そして、いつも腕を組んで子供を持つ女性が特別なクリームを塗るのに十分な時間を見つけるとは限りません。そして、子供の手が彼の顔に引き寄せられているならば、どうして彼はこれができないと言われることができますか?したがって、外部からの実質的な支援がない場合、この間のセルフケアはかなり問題になります。そして、ママがすべて癒されている間に、誰が子供と一緒に歩きますか?

永久的な入れ墨の間に女性が経験する痛みは母乳の生産の妨害につながる可能性があると考えられています。しかし、ほとんどすべての専門家がこれは不可能であると言います。起こりうる唯一のことは、乳首へのミルクの流れが悪くなり、赤ちゃんが食べるのが難しくなることです。

医師は、この泌乳の悪化をホルモンオキシトシンの産生の減少と関連付けます。これは、母乳が涙小葉から乳管に押し出されることに直接影響します。ストレスの発生の減少は、女性が永久的なメイクアップの間に経験するかもしれないストレスに影響します。

どうすれば結果を最小限に抑えることができます

すべての女性は母乳で入れ墨をするかどうかを自分で決めます。しかし、望ましい結果を保証することが不可能であるために、すべての専門家がこの期間中に永久的な入れ墨をすることに同意するわけではないので、それはまたあなたの美容師のHBについて警告する価値があります。

そして、あなたが入れ墨をすることに決めたならば、以下の助言は不快な結果を最小にするのを助けるでしょう。

  • あなたがタトゥーをやろうとしているサロンはすべての必要な証明書と免許証を持っているべきです、そしてマスターは医学教育を持つべきです。マスターについてのレビューや彼の作品の写真も役に立つでしょう。
  • キャビンが衛生基準でどのように機能しているかを調べます。想定されている場所に使い捨ての道具が使用されているかどうか、消毒などのニュアンスがどのように発生するかを調べます。
  • 使用されている染料とその身体への影響についての情報を調べます。手技の直前に、皮膚の目立たない部分に染料を塗ってアレルギー反応をテストしてください。
  • あなたの疼痛閾値が許すならば、それから手順の間に鎮痛剤をあきらめてください。これにより、乳児の体内に有害物質が含まれる可能性が大幅に減少します。麻酔薬なしで入れ墨ができない場合は、手術後の次の2回の給餌を省略し、牛乳をデカントして注ぎます。

適切に作られた入れ墨は子供に健康上の問題を引き起こすべきではありません。母親の状態について言うことができること。以前は安全だった治療法に対するアレルギー反応が始まるだけでなく、染料がホルモン障害に反応したという事実により、まだ青い眉毛でサロンから出ることができます。

彼らはお母さんと言います

はじめに、子供に栄養を与えている間に恒久的な化粧や入れ墨をした母親の意見を聞かせてください。彼らはそれから何を得ましたか?

Svetlana:私の息子は5ヶ月です。数ヶ月前、私は眉毛の入れ墨を作りました。私はショックを受けました。私は今二重眉があります。彼らは線を修正したかったが、細い糸だけが出てきた。ガールズ!危険を冒さないでください。」

マリーナ:「入れ墨は子供が生後6ヶ月の時に行われました。すべてが素晴らしいです!速いです。それはまったく傷つかない。そして顔料はどこにも行っていません。私はその結果にとても満足しています!」

Victoria:お金を無駄にしないでください。私は眉毛の入れ墨を作りました、しかしペンキはから来ませんでした。眉毛は変わりません。

ジュリア:私は学校からタトゥーを取りたかったのです。私は抵抗することができませんでした、私の娘がわずか6ヶ月の頃に私はサロンに走りました。塗料はうまく敷設されています。しかし、それは痛みを伴いました…ホラー!出産する方が簡単です。」

ニーナ:私は彼らがGWの入れ墨をすることを勧めないことを知っています。私は自分の責任で永久的な眉毛メイクをしました。すべてうまくいった。しかし、急がないのであれば、待つのがいいのです。」

考えられる問題

HBは、妊娠と同様に、あらゆる種類の入れ墨に対する禁忌です。訪問者が授乳中の母親であることを学んだ多くのサロンでは、彼らは手順を行うことを拒否します。いくつかの理由があります。発生する問題はすべてではないので、さまざまなレビューがあります。しかし、今タトゥーをするのか、恒久的なメイクをするのかを決めるには、それらについて知る必要があります。

痛みの感覚

授乳を担当するホルモンの効果は、女性の痛みのしきい値が減少するようなものです。以前はかなり寛容だったものは耐え難いものになります。顔は特に敏感です、そのため恒久的な化粧は通常のタトゥーよりもはるかに痛みがあります。この場合、眉毛の入れ墨は唇やまぶたよりも簡単です。

痛みの軽減

麻酔のために、入れ墨は最も一般的に使用されているリドカイン(ローカル)です。この薬は使用することができます。しかし、「母親への期待される利益が、子供への潜在的なリスクを上回るならば、使用は可能です」という文言は標準です。母親が歯痛を患っている場合、行き場がない場合は、麻酔をかけて治療する必要があることは明らかです。しかし入れ墨の利点が赤ん坊のための可能な危険を超過するかどうか、母だけが決定する。

痛みを伴うストレス

ママと授乳中の赤ちゃんは見えない糸でつながっています。母親の気分に変化があると、必然的に乳児に影響を与えます。彼女が痛みを感じていると、子供は落ち着かず緊張します。強いストレスはまた、牛乳の損失を引き起こす可能性があります。はい、それは入れ墨から起こることはめったにありません、しかし、それが危険に値するかどうかにかかわらず、誰もが自分自身のために決めます。それはママのための恒久的な化粧を取得することは不可能であるという事実が深刻なストレスの原因である場合、それをしてそれを忘れることは価値があるかもしれません。

手術後の注意点

それはタトゥーを適用した後に形成される地殻を注意深く気にする必要があります:特別なクリームで滑らかにし、はがしたり濡らしたりしないでください。ママはスキンケアのための時間を見つける必要がありますが、それも時には困難です。そして、どのようにして乳児に顔を触れてはいけないことを説明しますか?それでも顔がまともな外観を見つける一方で、赤ちゃんと一緒に歩くのは誰なのかを考える必要があります。

感染の危険

それにもかかわらず、それはタトゥーを作ることにした場合、サロンは非常に慎重に選択されるべきです。すべての衛生基準への準拠を監視することが必要です。感染は母親だけでなく子供にとっても危険です。サロンの従業員が責任を負わないことが多いことを知っておくことは重要です;感染症は手技の後でさえも得ることができます。開放創傷は、あらゆる種類の細菌およびウイルスのための広く開いた門です。感染は、彼の顔に小さな手をかざして、お気に入りの赤ちゃんを連れてくることさえできます。感染源は、虫歯またはヘルペスの悪化です。そして、看護女性を治療することは困難です。ほとんどの薬は禁止されています。感染している場合は、治療中にHBを断念しなければならない可能性が高くなります。

タトゥーを作る着色顔料は、母親にアレルギーを引き起こす可能性があります。授乳中の母親を治療するのは、感染症の場合と同じくらい困難です。授乳中は、すべての薬を使用できるわけではありません。恒久的な化粧は天然色素で行われるため、体内の入れ墨よりもアレルギーが少ないため、ミネラル成分を含む塗料をより耐性にします。

母乳育児中にママに恒久的なメイクアップや入れ墨をすることができます。大きなインク分子は母乳に浸透しません、そして、プロシージャは直接赤ちゃんを傷つけません。しかし、さまざまな副作用があるので、すべての母親は自分が入れ墨をする必要があるかどうかを自分で決めるべきです。

Pin
Send
Share
Send
Send